今、体験してみたい魔法のハサミ!ヘアリセッターって知ってる?

今、巷で話題の「ヘアリセッター」。どうやらそのハサミが魔法のようなカットが可能になるとのことで・・・

bangs編集部でもその実態を調査してきました!


writer 松下ミナ | 2016年12月9日更新

そもそもヘアリセッターってなに?

ヘアリセッターとはリセッターカットという長さを変えずに毛の絡みをほどき、とかし、毛量を調整カットして前髪やつむじ周りの割れ癖を直したり、ネープの跳ねやうねりを修正する新技法カットで使うハサミ。

ちなみにこちら20万円以上するんです(驚)

こちらのハサミを実際に、扱う都内のサロン

millci(ミルシー)代表の西尾さんに詳しくヒアリングしてみました。

西尾さん
「ノンケミカルでできる範囲がこのリセッターで広がることで
お客様の悩みに細かに対応できる幅も増えました。
これからの時代は2極化が進み希望をかなえるサロンと悩みを解決するサロンです。 
似たようなことでも内容は大きく違うので悩みを少しでも減らせるために
リセッターカットはこれからの時代には必須だと思います。」

Q1ヘアーリセッターの必要性とは?

まずはリセッターは単に髪の毛量を少なくしたり逆にボリュームを出したりでごまかす技法ではありません。

昨今、薬剤の飛躍的な進化でパーマやストレートパーマに頼り少しの癖やボリュームのUP DOWNも、カットでどうにかするという概念が少なくなってきています。

結果、根本的に解決はしていないので逆にダメージが蓄積したり、本来の生かせるような癖も抑えてしまいます。

カット、パーマ類とは全く違う第三の技術によって、悩みや再現性を解決できるところがヘアーリセッターの大きなポイントです。

Q2どんな悩みを持ってる方におススメですか?

お客様によく言われるカットの相談で多いのが、

・前髪の割れや浮き
・右側が跳ねるまとまらない右側問題
・襟足の浮き
・つむじの割れ
・トップのボリューム
・癖によるパサツキ
・広がりです。

それらはすべてでは在りませんが毛穴から生えている、髪の毛の数本の絡まりが原因からなる(毛髪交差)による症状によるものが多いです。

その毛髪交差をほぐして絡まりをリセットすることで、浮きや・割れ・均一で面が整うため艶やまとまりまでも解決できます。

実際にリセッターカットを施した作品

トップのボリューム 前髪の割れ 修正のリセッターStyle

つむじからのパートの割れ修正でボリュームを出した Style

潰れがちな パートのボリュームと前髪の立ち上げをメインとしたリセッターStyle

西尾さん在籍のmillci情報

millci(ミルシー)
東京都渋谷区神宮前1-16-7 林ビル3階

050-5272-3778 (ご新規様 専用番号)

↓西尾さんへのご予約ページはこちら↓

http://bngs.jp/salon/164240/staff/1406

わたしもクセ毛と広がりに長年悩まされていたので、とても気になるヘアリセッター。同じような悩みをお持ちのそこの貴女も、一度騙されたとおもってやって体験してみるのもありかもしれませんね。

松下ミナ

written by 松下ミナ

都内美容師300人以上取材経験のある都内在住のアラサー美容ライター。学生時代はエクステからハイトーンカラーまでやっていたが、最近はもっぱら大人カラーに上品レングスの大人OLスタイルのヘアを研究中。

注目のテーマ