リアル婚活女子必見!本妻候補になれるかも?必勝ヘアスタイルとは

日本合コン協会会長が教える“合コン必勝ヘアスタイリング”
リアル婚活女子必見!確実に出会えるヘアスタイル!


writer kaho | 2016年8月17日更新

累計2,000回以上の合コンに参加!2012年5月8日、“コンパの日”に日本合コン協会を設立し、合コンイベントや商品のプロデュースなどでご活躍されている合コン界のカリスマ絵音さんが、bangsに登場!

さらに、東京駅直結のサロンM KOZOの副店長であり、丸の内OLに絶大な支持を得ているスタイリストの川上さんにもご登場いただき、リアル婚活中だという山口智子さんの『素敵な男性と出会えるヘアメイクポイントを教えて欲しい』という相談に答えてくれました!
出会いを求めている女性にとって、役に立つお話がてんこ盛りの対談となりました!

~完璧なヘアメイクではなく、大事なのは”艶とナチュラルさ“~

山口さん
「素敵な人との出会い求めて、出会いの場には積極的に参加しているんですが、なかなか「この人!」と思える方とのご縁がなくて。今、リアルに婚活をしているんですけど、結婚相手を見つけるためにオススメのヘアメイクを教えてほしいです」

 

絵音さん
「いつもは、どんなスタイリングで飲み会や合コンに参加することが多いんですか?」

 

山口さん
「会社帰りに飲み会に参加することが多いので、凝った髪型はできないんです。ワンカールを作ってもすぐにスタイリングが崩れてしまうので、梅雨の時期で髪がボサボサになりがちで。」

 

川上さん
「山口さんの髪質は、ペタッとしやすい感じですよね。ワンカールは内巻きが多いですか?」

 

山口さん
「そうですね。巻かないとどうしてもバサバサ感が出てしまうんですが、髪質的にカールの持続力がなくて…」

 

川上さん
「僕は、美容師という職業柄いろいろ見てしまうんですけど、一般的な男性からすると、やっぱりナチュラルな女性のウケが良いと思います。

メイクもアイラインやチークが濃すぎる子よりも、ナチュラルメイクな子が良い印象をウケる気がします。

ヘアスタイルも、編み込みをして「編み込んできました!」という感じよりは、逆に、バサッとしていても、「仕事帰りです!」という感じの方が良い気がします」

 

絵音さん
「合コンを2,000回以上やってきた中で言えるのは、やはり男性は“ナチュラル”を求めていますよね。すごく張り切って、つけまつ毛がバサバサついてたり、ウィッグつけてきたりする子は、やはりウケが悪いんです。

 

逆に、「今日、時間がなくてメイク薄くなっちゃった」と参加してきた子のほうがモテたりするんです。
男性が求めているのは、“自然さとすっぴんメイク”に近いような、ナチュラルな子。

 

「この子って、素材が良いんだ」と思わせる演出と、実は1番大事なのは“艶”なんです。リップもそうなんですけど、髪の艶とか。艶って若々しさにもつながるんです」

川上さん
「わかります。艶は大事ですよね。艶がある女の子って、気取っていない感じが出て、すごく良いんですよ。あと、男性目線で言うと、香りも大事ですよね」

 

絵音さん
「男性は、髪からの香りに弱いですよね!」

 

川上さん
「そうなんです。男性は、シャンプーの香りは敏感だし、弱いと思います。匂いって記憶に残るじゃないですか。女性の香りってすごく印象に残るので、好みの匂いとかだと、その子を意識しちゃったりしますね」

 

山口さん
「男性にウケが良い香りってあるんですか?」

 

絵音さん
「人によって好みはあると思うんですけど、柑橘系はウケが良いですよ!」

 

川上さん
「そうですね。女性は、ローズやラベンダー系を好むんですけど、男性はアロマ系に疎いので、柑橘系のほうが良いと思います。

匂いを武器にする場合のポイントは、香水ではなく髪から香るということです」

 

絵音さん
「そうそう。飲みの場では食事もするので、香水が強い女性は嫌がられますね」

 

山口さん
「髪の香りが大事ということは、髪はおろしておいた方がいいということですよね?」

川上さん
「男性は、髪がさらっと流れたりするのにも弱かったりするですよ」

 

絵音さん
「そう!動くものが良いんです。私もピアスは揺れる系のものをつけるようにしています。

合コンでのオススメは、最初は髪をおろしていて、後半にシュシュやヘアクリップで髪を束ねる作戦。
後半で髪をアップにすると、男性は勝手に「この子、楽しんでる!」「気合入ってきた!」と思ってくれるんです。うなじ見せもできますしね。後半のアップスタイルは、参加者みんなのテンションを上げてくれて、さらに、アップの高さはテンションに比例します!」

 

山口さん
「揺れるピアスは、確かによく聞くので意識してつけています。あと、髪をおろしている時は、左右どちらかに髪をまとめて流すというのをよくやるんですけど…」

 

絵音さん
「その行動はとっても効果的です。髪は、良いなと思っている人と逆方向に流すと良いですよ。そうすると、他の人との間に壁ができて、2人きりで話す空間ができあがるんです」

 

川上さん
「髪を武器に使うと言う話で言うと、プリンは軽く見えるので、気をつけたほうが良いです」

 

絵音さん
「そうですね。軽く思われてしまうと婚活への道が閉ざされてしまうので、その為に注意するべきことがあります。それは、「胸元と足を両方出さない」ということ。露出が多い女性は、男性の中で「結婚相手」の対象から外れてしまいます。
あと、お持ち帰りしやすいと思われる女性の3つの特徴があるんです。
それが、①鞄が大きい、中が汚い。 ②口が開いている。 ③スマホの画面が割れている。なんです。」

 

山口さん
「口が開いてる!気をつけないと(笑) こんなメイクをすると、男性が意識してくれやすいというのはありますか?」

 

絵音さん
「男性は、本能的に、“キスしたい”と思わない限り恋愛に発展しないので、リップ、グロスは大事ですね。唇に艶を出させる。あとは、近づいてみたらキラキラしていたというのも効果的なんです。目元のハイライトとかが、近づいた時にわかるキラキラがウケます」

 

山口さん
「私、以前のようにネイルをしっかりやらなくなったんです。男性って意外とネイルに注目していないと言うか、だったらナチュラルに見えるつけまつ毛とかのほうが大事なのかな?と思って」

 

川上さん
「実際、ネイルで女性に惹かれるということは少ないかもしれないですね。逆に、ネイルが派手すぎて引いちゃうということはありますけど。ネイルが長すぎたり、立体的だったり、緑やブルーといった怖そうな色だったりするとNGですね(笑)」

 

絵音さん
「ネイルをしないほうが家庭的に見られるので、婚活を意識している場合はネイルをしないでケア重視にするか、シンプルなネイルにしたほうが吉と出ることもあるかもしれないですね。
ネイルをする場合、根本が透明なデザインで伸びてるのがばれないような気がするのでオススメ。ネイルをしていても汚らしく見えたりするとマイナスになっちゃうので。
ネイルは、意外と重要ではなくて、逆に、していないほうがナチュラルで男性ウケがよかったりするんです」

山口さん
「今、髪の長さをどうしようかなと悩んでいるんですが、婚活向きの長さってありますか?」

 

絵音さん
「男性に、好きな髪の長さのアンケートを取ると、セミロングが1番、票を集めるんです。

多くの男性に支持されるのは、セミロング!そして、絶対にオススメしないのが、ぱっつん前髪。
これは、実際に男ウケも最悪で、婚期を逃します(笑)
前髪は、ある程度の長さを持ってサイドに流すのがオススメです!

私が推奨している、モテる女の3Sというのがあるんですけど、それが、「スマイル」「サービス」「セクシー」
この3つができる人がモテるんです。

 

常に笑顔でいる人がモテる。サービス精神がある人がモテる。ただ、この2つだけだと、ただ良い人で終わってしまう可能性もあるので、必ず色気も必要なんです。
ぱっつん前髪では色気を出すことはできないんです。だから、絶対にNGなんです!」

 

川上さん
「カラーで言うと、春夏は寒色系が流行っていたんですが、秋冬に向けて暖色系が流行り始めるんです。今年は、ピンクベースのカラーが流行るので、これからカラーを変えるなら、秋冬のトレンドを入れてみてください。男性も、真っ黒の髪色よりは、ナチュラルなカラーをしているほうが好きだと思います」

 

山口さん
「今日は、すごく良いお話をたくさん聞けました!ありがとうございます!」

 

 

 

絵音さんと、川上さんのアドバイスを基に、次回は山口さんのヘアチェンジをご紹介します。
ちょっとしたことで、劇的にスタイリングの技がアップする方法を、川上さんが教えてくれますよ!

 

日本合コン協会 会長(代表理事)
絵音(えのん)

http://gokon-jpn.org/

 

M KOZO hair チーフスタイリスト
川上 佳祐

http://bngs.jp/salon/164199/staff/1256

kaho

written by kaho

コスメ、健康食品のMDを経て、女性向けコスメ、健康食品の企画・開発を担当。過去に開発したバストアップアイテムは800万個の大ヒット!常に”女子が求める物”に対してのアンテナを張りながら、現在はフリーライターとして活動中。 クセ毛に悩んで生きてきたが、クセを生かしたカットをしてくれる美容師さんとの運命の出会いにより髪への悩みがかなり改善された。

注目のテーマ