12/16(土)より公開中!映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』を観たスタイリストに感想を聞いてきました!

佐藤健&土屋太鳳のW主演が話題の映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』。12/16(土)より全国ロードショーされたこの冬の注目映画です! 今回、bangsでは4人の美容師さんに映画を試写してもらい、その感想を聞いてきました。感性豊かな美容師さんから観た映画の見所や、繊細な視点から『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の魅力をお届けます!


writer bangs編集部 | 2017年12月18日更新

【スタイリストコメント】映画を観た感想

①狩野 典子(LAULEA)

“泣ける映画でした。たおちゃんの演技がすごいリアルで病院でのシーンもヘアメイクも含めリアリティーあったので、自分だったら8年間待ってられるかとか、男性目線も、病気の女性目線もいろいろと考えてしまいました。 実話だったのもあり、実在する二人の誠実さに圧巻でした。誠実な深い愛情を感じました。”

Styling:狩野 典子

Salom:LAULEA

杉本 恭子(Noz Harajuku)

“「無償の愛」って言葉をこれまで幾度となく耳にしてきた。今まではピンとこなかったけれど、この映画を見て少し解ったような気がする。いや、到底解りっこないのかも。自己犠牲とは全く別物の真実の愛。実話って、フィクションでは到底太刀打ち出来ないことが起こるから、だから人生って素晴らしいんだと思う。恋愛映画をなるべく避けてきた私が、ただの恋愛映画とは呼べない代物に出会ってしまった。愛しい人にすぐ会いに行けるこの体とこの日常に感謝して歳をとっていこう。”

Styling:杉本 恭子

Salon:Noz Harajuku

森川 のぞみ(TeaTime)

“私の今まで見た映画の中で上位に入るほどの涙腺崩壊賞 でした(*´︶`*) ひさしさんのまいさんに対する愛の大きさと、家族の愛、会社の仲間達温かく見守る愛、とにかく愛に溢れた作品でした。 キャストさん皆さんが演技が素晴らしかったです!^^ とても素敵時間ありがとうございました。”

Styling:森川 のぞみ

Salon:TeaTime

谷垣 良和(U-REALM)

“人が溢れる東京で人との関わり合いが多いこの仕事をしていて、一人一人に対して思いを巡らせる機会が少なくなり、一人の人に対して深く接する事が薄れがちですが、この映画は忘れかけていた心の奥底にある、大切なモノを掘り起こされた気分です。麻衣を思う尚志の気持ち、尚志を思う家族の気持ち、それぞれの思いやりが8年という長い年月を乗り越えて、一つの目標に到達出来たんだと思います。ひたむきな愛情、諦めない信じる心、相手を思いやる気持ち、大切な心を思い出させてくれたストーリーでした。もう一度みたい!”

Styling:谷垣 良和

Salon:U-REALM

【ストーリー】8年越しの花嫁 奇跡の実話

病の花嫁を待ち続けた純愛ストーリー。実話から生まれた奇跡の物語を、佐藤健&土屋太鳳の主演で映画化。結婚式を控えていた尚志と麻衣であったが、結婚式の3カ月前に麻衣が原因不明の病に倒れ昏睡状態になってしまう。やがて麻衣は目を覚ますが、更なる試練が二人を待ち受けていた。そして8年の年月が経った頃、ついに2人に奇跡が訪れる。

新郎の尚志役には、『バクマン。』『世界から猫が消えたなら』などにも出演する佐藤健。麻衣役を演じる土屋太鳳は『青空エール』や『トリガール!』でも知られる人気女優。監督は『アントキノイノチ』や、『64(ロクヨン)』の瀬々敬久でお届け

 

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』
公開日:2017年12月16日(土)全国ロードショー
脚本:岡田惠和
キャスト:佐藤健、土屋太鳳、北村一輝、浜野謙太、中村ゆり、堀部圭亮、古舘寛治、杉本哲太、薬師丸ひろ子
監督:瀬々敬久原作:「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社刊)

 

公式サイト『8年越しの花嫁 奇跡の実話』

【最後に】今週末はぜひ劇場へ

スタイリストさんのコメントは参考になりましたか? 自分と違った視点でのコメントがおもしろいですね。もう観た方も、もう一度観たくなったのでは?まだ観てない方や泣きたい映画を観たい方はぜひ今週末、ぜひ劇場へ!

bangs編集部

written by bangs編集部

「bangs」は、都内人気エリアのトップスタイリスト1000人の技術からパーソナリティまで深い情報を掲載しているスタイリスト検索サイトです。 あなたに合ったスタイリストが見つかります。