うねった髪の毛が気になる…くせ毛をカバーしてモテ髪に♪ポイントは”水分”|原因~対策まで

朝起きたら髪の毛がクルクル・・・、デートの前なのに髪がうねってる!アイロンをしてみるものの時間だけが経って何にも変わっていない!雨などの湿気で髪が広がり大爆発!チリチリの癖っ毛でヘアアレンジがしにくいなど、忙しい現代人を悩ませるくせ毛。改善はしたいけどお金が高かったり時間がかかりすぎると億劫になってしまいますよね。ちょっときになる髪のダメージを考えつつ快適に過ごせる方法をご紹介します!


writer YUU | 2018年2月27日更新

そもそも何でくせ毛になるのか?理由が気になる!

【クセ毛の原因】くせ毛の原因は毛穴の形にあった!?

毛穴の形が丸いと直毛の髪の毛になります。
楕円形や変形している場合、髪が成長する過程で形(断面)が歪になる事によってタンパク質のバランスが偏ってしまうのです。遺伝性ということもありますが、毛穴の詰まりやストレスなどの原因が挙げられます。

くせ毛を解決するには何が必要なの?

【ポイントは水分】キューティクルを整えて内部に栄養を!

対策としては髪の毛の中間部分に栄養をつなぎとめ、水分バランスを整える必要があります。そこまで強い癖でないのであれば、髪の乾かし方を変えてカバー。くしで解いてから乾かしましょう。

根元から毛先に乾かしてキューティクルを整える事によって髪の内部の栄養分の流出を抑えるということが大切。

ツヤも出るのでぜひやって見てください!髪を乾かす前後には、洗い流さないトリートメントがおすすめ。乾かす前は水分の多いミストタイプ、乾いた後はオイルタイプなど油分あるものが良いでしょう。

シャンプーでくせ毛を改善♪ゴワゴワ剛毛や広がりを抑える

タンパク質系のシャンプーがおすすめ

日々のシャンプーを変えてみるのは手軽ではないでしょうか?先ほどご紹介したように、水分バランスが悪いのがうねりの原因。
しっかり保湿してくれるものを選びましょう。 とはいえシャンプーの金額はピンキリ。有効成分が入って入れば入っているほど値段はうなぎのぼりに。

おすすめしたいのはタンパク質系のシャンプー。髪の補修に有効でトリートメントに近い成分が配合されています。

▼代表的なものは、

・ラウロイルシルクアミノ酸K

・ラウロイルシルクアミノ酸Na

・ココイル加水分解コラーゲンNa

ボサボサ頭を整えたい!まずは乾かし方を変えてみる

膨張する髪の毛のボリュームを抑えよう

普段のやり方を少し変えるだけなので最も安くて手軽です。

自分で見ることはないと思いますが、毛穴の向きによる生えグセがあります。つむじを見ると、渦が右回りか左回りになっています。

右回りであれば、右がおさまりやすく左は癖が出やすい。左回りであればその逆です。

癖が出やすい方は少しテンションをかけて乾かす事によって癖を抑えてあげましょう。

ヘアアイロンでまっすぐ艶やかな髪に

伸ばしかけの外はね対策や気になる前髪にもおすすめ

家でできるのでお手軽です。
毎日やらなくても、たまにあるお出かけや旅行など、気合いを入れたい日だけストレートにしたかったり、日によってカールやクセ感を出したい人にオススメ。
温度は180度にすると強いくせ毛を伸ばしやすいです。

しかし温度が高ければ高いほどダメージに。150度を超えると熱劣化の原因に。タンパク質の代表のお肉は焼いているとどんどん固くなってきますよね。同じくタンパク質の髪でも同じことが起きてしまうので注意です。すでにダメージ毛の方はオイルなどをつけて髪を保護してあげましょう。

くるくるくせ毛を抑えたい。美容室でストレートに

うねりを緩やかにしていろんなヘアアレンジを楽しむ

ストレートって髪がまっすぐにならないんですよね?と思われる方
ご明察!その通りです。
ただ、メリットもあります。癖を取りたいけどまっすぐしたいわけじゃない、トップにボリュームがなくなるのは嫌だし・・・そんな方にオススメしたいのです。縮毛矯正との違いは、ズバリアイロンをするかしないか。これによって髪をまっすぐにした後に薬剤をつけて形を記憶させます。ここをハンドドライのみ、もしくはブローに変えることによって自然なニュアンスを残します。アイロンに比べると温度も低いので髪に優しいのも嬉しいですね。

ひどいくせ毛をまっすぐさせたい!縮毛矯正をする

美容室でさらさらストレートに

面をしっかり整えることによって、ツヤも出てきます。
毎日コテを使う方は、縮毛矯正をオススメします。

連球毛という数珠繋ぎになっているような髪質の方はとてもデリケートなのでダメージしやすいので注意です。日々の準備時間短縮になるほか、毎日やるのを1回で行う分髪のダメージを抑えることができます。ただし、ツヤが出たから髪質が良くなったというわけではありません。艶やかに見えるのはキューティクルが整うから。実際は熱劣化によりハイダメージを受けています。縮毛矯正用や内部補修系の成分が入ったトリートメントでケアしてあげましょう。

さいごに

お金を出せ、なりたいスタイルに合致するのであれば、縮毛強制やストレートはおすすめです。
日々の手入れの時間短縮になるのはもちろん、ストレスが一つ減るのではないでしょうか?
基本は髪の乾かし方。
まずは、完全に乾かして寝ることはもちろん、キューティクルの向きが整うように、上からドライヤーの風を当てて乾かして見るだけでも違いを実感できるはずです。
乾かす前にコーミングするとやりやすいです。

ぜひできるところから変えて見てはいかがでしょうか?

YUU

written by YUU

岡山出身で社会人から上京。結婚してふたり暮らしの元美容師。 休日はカフェや雑貨屋さん巡り。ホットヨガをこよなく愛する。 美容の楽しさをみなさんに配信。

注目のテーマ