細い髪の毛にはパーマがおすすめ!?髪の毛が細くなる原因&注意点|タンパク質・ビタミン・ミネラルを摂取することがpoint!

今回は、最近薄毛が気になる!抜け毛が増えた!という人に気をつけてほしいことを特集します。後天的に髪の毛が細くなった、薄毛になったというのは何か特別な理由があるから。大きな病気というワケではありませんが、理由がわかって対策できると、太くて健康的な髪の毛は案外戻ってくるものかもしれせん。年齢のせいかも、と思っている人も、その原因を辿れば違った理由が見えてくることも!?


writer kiku | 2018年2月25日更新

髪の毛が細くなってしまう原因とは?

遺伝だけじゃない!

女性も男性も、最近やたらと髪の毛が抜ける、という人や、ブラッシングなどの最中に鏡を見たら地肌が見えやすくなった気がする、という人はいませんか?地肌が見えて髪の毛が薄く見えてしまうのは、髪の毛が細くなってしまっているから。

もともと髪の毛が細いから、ということを理由に挙げる方もいますが、髪の毛の細さと髪の毛の量との関係はないんです。それでは、髪の毛が細くなってしまう理由とは一体何なんでしょうか?

 

① ホルモンバランスの乱れ

男性の場合

男性、女性共に髪の毛が細くなってしまう原因の一つにはホルモンバランスの乱れが関係していると言われています。

男性の場合は、テストステロンと言われる男性ホルモンの一種が酵素【5αリダクターゼ】と結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化することで、髪の毛の元となる毛頭細胞の成長を止め、ヘアサイクル(髪の毛の生え変わりのサイクル)を狂わせる動きが髪の毛を細くする原因と言われています。

女性の場合

女性の場合も、微量ですが男性ホルモンを分泌しています。その女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れると、女性ホルモンの分泌が減少、男性ホルモンが増えることで髪の毛が細くなる現象を起こすことがあります。

② 頭皮やヘアへのダメージ

環境やヘアケアのやり方が頭皮と髪のストレスに!

髪の毛のカラーリング剤やパーマ液、ドライヤーやストレートアイロン、もっと言えば紫外線や大気のほこりなど、日常生活を送る中で受ける頭皮や髪の毛への直接的なダメージも髪の毛を細らせる原因の一つ!

普段から使っているシャンプーやトリートメント、ワックス、ブラッシングの仕方なども頭皮や髪の毛のストレスの原因となり、髪の毛の健康を阻害することもあります。

③ 頭皮と髪の毛の栄養不足

血行不良に注意!

髪の毛や頭皮に栄養がないと、コシやハリのある髪の毛、健康な髪の毛を支える頭皮を作ることができなくなってしまいます。これが原因で、細い髪の毛が生えたり薄毛になることも。

髪の毛への栄養は、血流に乗って運ばれるので、頭皮の血行が悪いと届くことはありません。

普段からブラッシングやマッサージなどで、頭皮の血流を良くする意識を持つことが手軽にできる対策です。

髪の毛を太くする食べ物とは?

タンパク質・ビタミン・ミネラル!

健康な髪の毛を構成する主な栄養素は、

・動物性と植物性の【タンパク質】
・果物や緑黄色野菜などの【ビタミン】
・海草や魚介の【ミネラル】

の3つと言われています。特にタンパク質は、髪の毛の約8割を担う重要な要素。
お肉や乳製品といった動物性のものや、大豆製品やナッツ類など植物性タンパク質のどちらもバランスよく食べれるとGOOD! 
食材で摂れない栄養素は、サプリメントなどで摂取することもオススメです。

髪の毛を太くするシャンプーとは?

頭皮の状態を整えてくれるシャンプーを選ぼう!

使うだけで髪の毛を太く、健康にしてくれるシャンプーはなかなかありません。

大切なのは頭皮を健康に、状態を整える働きを持つシャンプーであること。髪の毛にシャンプーの栄養が染み込むようなシャンプーのことではありません。

避けた方がいいのは【石油系】【シリコン系】のシャンプー。どちらも強い洗浄力で、必要な皮脂も一緒に洗い流し、頭皮を傷つけることも。それが原因で頭皮の乾燥が起こることもあるので、汚れを洗い流しすぎてしまうのもご法度。

アミノ酸系シャンプーやノンシリコンを選ぼう!

強すぎず、程よく汚れを落としてくれるシャンプーとは【アミノ酸系】や【ノンシリコン】などの低刺激のシャンプーをオススメします。

トリートメントなども、【石油由来】や【シリコン配合】のものは頭皮の毛穴が詰まる原因にもなるので、細い髪の毛に悩む人は避けてみるといいかかも!

細い髪の毛にはパーマがおすすめ?

ボリュームを出せるスタイルがを追求しよう!

パーマをかけることで髪の毛のボリュームを調節するのは、細い髪の毛や薄毛で悩む人にとってとても有効な方法。

特に男性のような短めのヘアスタイルや、女性の場合は思い切ってショートヘアにしてみることもオススメ!

トップにボリュームを持ってくることで、髪の毛の薄い人に起こりがちな髪の毛がペタッとしてしまう印象を改善。

あとはふわっとした印象を出すために、デジタルパーマなどをかけるのも髪のボリュームを演出するのに効果あり。

【男女別】髪の毛の細い人におすすめのヘアスタイル

パーマをかけた質感、ボリューム感UPのスタイル

今までのロングヘアでは目立ってしまっていた薄毛や髪の毛の細さ。トップにボリュームを出してコシとハリのあるスタイルを演出してみましょう!

パーマをかけることで毎朝のスタイリングも楽チンになるので、朝の時短にも一役買うスタイル。

Styling:池田 涼平

サロン: RENJISHI AOYAMA

アクセス:東京都港区南青山3-5-6

アール南青山 B1F

ご予約:050-5269-3736

細い毛はふんわりスタイルをつくりやすい!

メンズの場合も、パーマをかけることで髪全体にボリュームを出すようにすると髪の毛の細さや薄さが目立たないスタイルに。

パーマをかけられない、という人はアイロンやコテ、ワックスなどを使って再現してみましょう!

Styling:中井 美樹

サロン:hair+resort bouquet

アクセス:東京都豊島区西池袋 3-5-9

THSYビル 1F

ご予約:050-5272-4923

髪の毛の細い人のワックス選び

ドライタイプでふんわりスタイリングがおすすめ!

髪の毛の細い人は、パーマやワックスでのクセづけがつきにくく、落ちにくいと言われています。

そんな髪の毛には【ドライワックス】との相性が良いので、今までスタイリングに満足していない、相性のいいスタイリング剤が見つからなかったという細い髪の毛持ちの方は一度試してみるといいかも。

スタイリングの時には、立ち上げるようにふんわりスタイリングしてみましょう♪

まずは規則正しい生活と頭皮の健康を取り戻そう!

体の健康は頭皮や髪の毛の健康にも影響を与えます。しっかりと栄養のあるものを食べ、頭皮や髪の毛にその栄養が行くように環境を整えることが先決です。

そのためには食事だけではなく、睡眠や運度なども十分に摂り、備えることも大事ですよ☆

written by kiku

豪州での農業研修、ナチュラル素材を使った焼き菓子店の製造担当を経て、健康と美容についてやその関係についての記事を執筆しています。趣味は旅行!近々、大好きな台湾かヨーロッパへの「ちょい住み」を計画中。

注目のテーマ