【ミランダが火付け役】大人気”バレイヤージュカラー”とは?|カラーsample&外国人風ヘアスタイル集

カラーをもっと楽しみたい!もっと外国人風スタイルになりたい!一味違ったおしゃれなヘアスタイルに憧れる!アレンジをもっと楽しくしたい!そんな方には、「バレイヤージュ」というカラーはどうでしょうか。ヨーロッパで生まれ、ミランダ・カーが火付け役となり日本にもやってきたと言われるバレイヤージュ。バレイヤージュでこなれた雰囲気のある女性になってみませんか?


writer satomaoko | 2018年4月5日更新

バレイヤージュって、どんなのヘアカラー?

フランス語が語源で「ほうきで掃く」という意味のバレイヤージュは、ヘアカラーデザインのことです。ほうきで掃いたかのような細い線で、根元から毛先にかけてカラーの濃淡をつけて、立体感のあるデザイン性抜群のスタイルになります。髪に立体感を出すことで、顔に奥行きを作ることができるので小顔効果があります。また主に髪の中間から毛先をカラーするので、頭皮や髪のダメージもほとんどありません。さらにカラーの濃淡を付けることで、根元が伸びても馴染みやすくプリンが目立ちません。

スタイルをもっとみる

サロン: Regilo

アクセス:東京都港区南青山3-10-7

青山ホワイトテラス 2F-B

ご予約:050-5272-4904

他のデザインカラーと何が違う?

1.ホイルカラーの代表、メッシュカラー

ホイルカラーとは、アルミホイルで2色以上の色を使い分けて染めていきます。中でもメッシュと呼ばれるデザインが代表的です。メッシュは、ハイライトとローライトといった明暗のカラーを使って太い線を入れます。そのため色味そのものが目立ちやすくなるのが特徴です。しかし、陰影が作られスタイルに立体感のあるスタイルになります。またポイントカラーとして取り入れやすく、アレンジもおしゃれに仕上がります。

2.外国人風カラーで人気になった、グラデーションカラー

デザイン性が抜群のデザインで、根元と毛先の明暗や色味の違いがはっきりしているのが特徴です。根元から毛先に向かって色味が変わっていくもので、髪全体がグラデーションに見えるのです。色味によっては会社勤めの方でもできるデザインです。ハイトーンカラーなどどんなカラーでも挑戦しやすく、ポイントに派手めなカラーを入れてもこなれたおしゃれな雰囲気になります。色味を楽しみやすいデザインでもあります。

3.すべてのデザインカラーをたしたような、バレイヤージュ

グラデーションと同じように濃淡を付けますが、細い線で部分的に入れていきます。全体のカラーに馴染むようにカラーするので、どんなヘアスタイルにも対応できて自然な仕上がりにできます。ブリーチを使う場合でも頭皮にダメージを与えず、プリンも目立ちにくいデザインです。陰影をつけることで立体的にでき、小顔効果が期待できます。また柔らかな髪に見せてくれるので、髪のボリュームや重く硬い髪質の方には最適なデザインです。

どんなデザインがいいの?色で遊んでみよう!

①.ダークトーン×バレイヤージュ
黒やこい茶色をベースにしたもので、マンネリヘアも動きをつけやすくなり上品なスタイルになります。またダークトーンであれば会社勤めの方でも挑戦しやすいです。

②.ブラウンベース×バレイヤージュ
ブラウンベースやハイトーンカラーは、馴染みが良く立体感がより出すことができます。また全体的に茶色になるため、柔らかな雰囲気になります。

③.アッシュベース×バレイヤージュ
明るめのアッシュカラーがベースだとメリハリが出てストレートもカールも似合います。落ち着いたアッシュカラーであれば、透明感が出やすくこなれ感が表現できます。

④.個性的な派手カラー×バレイヤージュ
ピンクやブルー、ブロンドなど、個性的なカラーもポイントとして取り入れやすくなります。また、ベースを暗めのトーンにすると、より自然な仕上がりになります。

どのカラーも、アレンジをするとまた印象が変わり、こなれた印象を与えてくれます。

どんなヘアスタイルにも似合う?

バレイヤージュはヘアスタイルを選びませんが、ここでは、ヘアスタイルに合わせたおすすめのヘアスタイルを紹介したいと思います。

■ショートヘア
ショートはすぐ伸びて、プリンが気になりやすいスタイルです。またデザインカラーをすると崩れやすくもあります。そのため、ショートの方におすすめのデザインカラーは、このバレイヤージュなのです。毛量が増え野暮ったさが出やすいショートですが、陰影によって軽減でき、スタイルの持ちを良くしてくれます。またメリハリの強いカラーにすると、デザインが協調され、こなれ感が増してあか抜けた印象にできます。

■ボブヘア
ボブは重く見えやすく、伸びてくるとさらに重く見えてしまいます。バレイヤージュによって、陰影をつけると柔らかな質感に見せてくれます。また髪に動きが出ることでさらに軽さが出すことができます。さらに、スタイリングで動きをプラスすると動きが出て重さを軽減することができます。特にパーマとバレイヤージュは相性が抜群で、より柔らかな質感に見せることができ、スタイリングによってこなれ感も演出できます。

■ロングヘア
ロングヘアはバレイヤージュのデザインがより際立って、ナチュラルに立体感を出すことができます。髪が長いことで、バレイヤージュによる線やカラーをより楽しめます。また、アレンジでも楽しめ、ひとつ結びでも、バレイヤージュのムラ感によってこなれた印象にしてくれるのです。無造作なスタイルにぴったりです。

バレイヤージュは、ブリーチするの?

ベースの色味に合わせてカラーをしていくので、色味によってはブリーチをすることもあります。ブリーチをすることで、より透明感が出て外国人風のスタイルに近づきます。また色味がしっかりと再現され、グラデーションもきれいに再現されやすくなります。

透明感が出ることで優しい印象になります。黒髪やダークトーンでカラーリングしていた方が明るいカラーにする場合は、色味が入りにくいのでブリーチをした方がきれいに色を入れることができます。

スタイルをもっとみる

サロン:Hammock Hair Salon COCONA

アクセス:東京都杉並区高円寺北 3-16-1

田中ビル 2~3F

ご予約:050-5272-4949

バレイヤージュは、セルフでもできる?

バレイヤージュはムラ感のあるデザインに見えますが、もちろん計算されてのムラです。ハケを用意できれば、できないことはありません。

しかし、バックは見えにくいこともありイメージしたデザインになることは難しいと思います。デザインカラーは、美容師さんと相談した方が安全に、きれいに仕上がります。

スタイルをもっとみる

サロン:OORDER

アクセス:神奈川県横浜市西区北幸2-12-26

フェリーチェ横浜 S5

ご予約:050-5269-3823

海外でも人気抜群「バレイヤージュカラー」

海外で人気となったバレイヤージュですが、日本人でも楽しめるデザインです。グラデーションとはまた違うデザインで、こなれた印象を与えます。簡単なアレンジでも、おしゃれに見える万能なデザインカラーです。単色カラーに飽きたという方や、グラデーションだと派手過ぎるけど、人と違ったデザインにしてみたいという方には挑戦してみてはいかがでしょうか。

written by satomaoko

役に立つ、わかりやすい、そんな情報をお届けしたいと思います。

注目のテーマ