ソックスカールとは!?お金をかけずにパーマスタイル♪ぶきっちょでも簡単にできるアレンジカール

「パーマで雰囲気を変えてみようかな」「パーマをしたらスタイリングがラクかな」と色々考えていると、「でもパーマって髪が傷む」「パーマかけてもうまくスタイリングできるかな」と、なかなかパーマに踏み出せない方いませんか?そんな方にはソックスカールがおすすめです!少しコツが必要ですが、コツさえ覚えてしまえば髪を傷めずに気分に合わせてカールを作ることができてしまいます。外国人の髪のようなソックスカールのやり方を伝授します。


writer satomaoko | 2018年4月17日更新

ソックスカールとは...!?

「ソックスカール」、その名の通り靴下で作るカールのこと。夜、寝る前に仕込んでおけば、一晩でカールを作ることができるのです。忙しい朝の時間短縮にもなる便利な方法です。

このスタイルをもっとみる

サロン: LOUIE

アクセス:神奈川県横浜市神奈川区栄町10-35

ポートサイドダイヤビル 104

ご予約:050-5269-3825

”ソックスカール”がおすすめな4つのイイこと♡

①.時間短縮になる!
髪をばっちりにして出掛けたい!それなのに、出かける前になってばたばたすることはありませんか。ソックスカールなら朝起きたらカールができていて、朝はスタイリングだけ。アイロンやカーラーよりも時短になる最強な方法です。

②.ダメージの心配なし!
アイロンのように熱を加えることがないので髪を傷める心配がありません。さらにアイロンを焦って使っていると、思わず顔に当たってやけどをしてしまったなんてことはありませんか?子どもにも安全にできる便利な方法なのです。

③.コスパが良い!
準備するものは靴下のみ。最初に必要な靴下を揃えておくだけで簡単に始めることができます。家にあればそのまま始めることができます。靴下は100円ショップにも売っているので、手軽に始めることができます。

④.靴下に髪を巻き付けるだけ!
コツはありますが、そのコツさえ覚えてしまえばアイロンやコテよりも簡単に思うかもしれません。不器用な方でも、覚えてしまえば簡単な方法なのです。思い通りにカールが作れずにイライラすることもなくなります。

準備するものは本当に”靴下”だけ...?

■靴下
靴下は、つま先部分を切って内側から外側に向かってくるくると巻き、ドーナツのような形にします。このドーナツの形をしたものを、ソックバンと呼びます。

■霧吹き
ソックバンに髪を巻き付ける前に、カールの癖を付けやすくするために髪を少し湿らせます。お風呂上りにドライヤーで半乾きの状態にしても良いです。

■ブラシ
髪がぼさぼさのままでは、カールとは別の癖が付いてしまうことも。髪をきれいに整えてから、ソックバンを巻き付けていきます。

 

ソックスカールの基本のやり方!

髪の長さによってやり方が異なります。自分の髪に合うやり方でやってみましょう。

【ミディアムヘア】【ロングヘア】
① カールをつけたい部分をポニーテールのようにひとつにまとめ、毛先を軽く濡らします。
② ソックバンの輪の中に髪を通して巻き付けていきます。
③ ソックバンを内側から外側に向かって返し、毛束を根元まで巻き付けていきます。
④ きれいなお団子の状態になったら完成です。
⑤ カールの調整は、靴下の厚さや毛束の量を変えることでできます。

【ショートヘア】【ボブヘア】
① 毛先を濡らします。
② ソックバンではなく、そのままの靴下を横に寝かせ、髪を巻き付けていきます。
③ カールさせたい部分まで巻いたら、そのまま靴下で髪をきつく結びます。
④ サイドやバック、カールが必要な部分に同じように靴下でくくります。
⑤カールの調整は、靴下の厚さや毛束の量を変えることでできます 。

 

基本を覚えたら応用にも挑戦!

〇ゆる巻きカールでこなれた雰囲気を

① 前髪とサイドの髪を束ねて、毛流れが後ろに向かうように靴下を巻いていきます。
② バックの髪を2~3の束に分けこれも毛流れを後ろに向けるように巻いていきます。

全体に緩いカールができ、前髪にも無造作なカールをつけることで、西海岸風のようなラフ感のあるスタイルになります。


〇細かなカールでアンニュイさを

細かなカールを作るときには、ボブやショートのやり方と同様です。
① カールが必要な部分を毛束にして分けます。
② 靴下を横にして髪を巻き付けていきます。

細かいカールで、外国の少年風のようなアンニュイなスタイル。なりたいイメージに合わせて、スタイリング剤や髪の分け目を変えたりすると、モードな印象にもできます。

 

カールを作りながら、アレンジも。

ソックバンで、おだんごヘアに

ロングやミディアムの方は、カールを作る過程でソックバンを使っておだんごヘアになりますが、そのおだんごヘアを活用します。毛束を引き出してほぐせば、ラフなスタイルに。ポニーテールの位置を変えてお団子の位置をアレンジしたり、ヘアアクセサリーや三つ編みと組み合わせ雰囲気を変えることもできます。靴下の厚さや大きさを変えれば、髪の短めの方でもおだんごヘアのアレンジを楽しめます。

このスタイルをもっとみる

サロン:Noz Harajuku

アクセス:東京都渋谷区神宮前 6-31-11

iori表参道 2F

ご予約:050-5871-6576

ソックスカール、きれいなカールを作るコツ

〇靴下は薄手のものを使う
きれいなカールを作るのに厚さや長さが合っているとされる紳士用の靴下がおすすめです。しかし髪質などが異なるため、試しながら自分に合うものを使うことをおすすめします。

 

〇ポニーテールはきつくしない
ミディアムやロングの方はポニーテールにする過程があります。この時きつく結んでしまうと、その跡が残りカールがきれいに見えません。きつく結び過ぎないよう注意しましょう。

 

〇髪は根元までしっかり巻く
ソックバンに巻き込む時、根元までしっかりと丁寧に巻き込むことできれいなカールになります。整えずに巻き込んだり髪の中間部分で巻き終えたりしないようにしましょう。

 

〇髪の濡らし過ぎには注意
髪を濡らすことでカールの癖がつきやすくなりますが、濡らし過ぎてしまうと睡眠中に乾かず崩れやすいカールになってしまいます。湿らす程度でカールは十分にできます。

お金をかけずに、パーマスタイル♪

お金をかけずに、パーマスタイルを自分で再現できてしまうソックスカール。コツさえ覚えてしまえば、カールの強弱やカールをつけたい場所など自分で調整しながら作ることができます。カールがあると、アレンジもより楽しくなります。さらに髪を傷める心配もないので、パーマに興味を持っている方は、まずこのソックスカールに挑戦してみてはいかがでしょうか。

written by satomaoko

役に立つ、わかりやすい、そんな情報をお届けしたいと思います。

注目のテーマ