【海外セレブの間で流行の兆し☆】ギブソンタックとは!?簡単3ステップで作るヘアアレンジ方法~コツ♡

海外モデルや女優さんの間でいま流行の兆しを見せているギブソンタックをご存知でしょうか。くるくる巻き込んだり三つ編みを折り曲げたりと手が込んでいる様に見えますが、実は簡単なステップでアレンジを完成させることが出来るんです。今回はパーティやカジュアルな場面でも役立つ万能ギブソンタックのやり方、コツを紹介します。


writer 赤羽 深雪 | 2018年4月20日更新

ギブソンタックとは?

ギブソンタックとは...髪の毛を頭の低い位置でまとめるヘアアレンジ方法

ギブソンタックというのは髪の毛を頭の低い位置でまとめるヘアアレンジ方法。海外では定番のヘアアレンジで、ギブソンロールと呼ばれることも。名前は19世紀のアメリカの画家「チャールズ・ダナ・ギブソン」が描いた「ギブソン・ガール」という絵が由来になったと言われています。

タックは「折りこむ」という意味

絵画と画家の名前であるギブソンに付け加えられた“タック“が「折りこむ」という意味になっています。また、コサージュやリボンと言ったヘアアクセサリーと組み合わせることが出来るのはもちろんの事、お花を折りこんだりも出来るので幅広く表現が広がるアレンジになっています。

ギブソンタックの特徴とは?

低い位置で髪の毛が纏まっていること

ギブソンタックの特徴として頭の低い位置で髪の毛が纏まっていることが挙げられます。襟足からくるくると巻き上げられた髪の毛がそのままきゅっと纏まっている状態になるので首元が清潔感ある大人っぽい印象を作ることが出来ます。

どんな場面でも万能なスタイル♡

結婚式のお呼ばれに

ギブソンタックの大きな特徴としてどんな場面でも似合う事が挙げられます。例えば結婚式のお呼ばれ。美容院に朝から行って慌ただしく準備をしていた人も、ギブソンタックを覚えればお家で簡単にカジュアルなパーティスタイルに。

襟足を清潔に見せてくれるので浴衣や着物にも

また、後れ毛が無いヘアスタイルでもあるので襟足が綺麗に見えた方が似合う服装にもギブソンタックがお勧めです。例えば浴衣や着物などと言った和服を着る時には襟元がすっきりしている方が上品ですっきりした雰囲気になります。

普段のヘアアレンジに

上二つは特別な行事ですが、ギブソンタックの万能性は仕事場にも違和感なくアレンジして行けるところにあります。清潔感を出し、上品さときっちりとした印象を醸し出してくれるギブソンタックは仕事にも最適。「デキる」「しっかりした」女性に見せてくれます。仕事の際にはゆるふわの髪の毛ではなくきっちり全ての髪の毛をまとめ、メリハリあるギブソンタックにすることで更に清潔感が出ます。

シンプルな基本のギブソンタック

まずは普通のギブソンタックのやり方から紹介します。必要なのは「くし」「ヘアゴム」「ヘアピン」の3つだけ。この3つだけで誰でも簡単にギブソンタックが作れちゃうんです。

 

基本のギブソンタックの手順

1-まずは髪の毛をよく梳かし、ポニーテールを結ぶようにヘアゴムで髪の毛をまとめます。

2-ヘアゴムを少し緩め、ゴムと後頭部の間に分け目を作ります(くるりんぱのように)

3-くるりんぱをする時のようにまとめた髪の毛を分け目の中に外から内側に入れます。

4-くるりんぱを一回で止めず、何周も髪の毛を内側に捲いていきます。

5-ヘアピンで内側に入れた髪の毛を止めれば完成です。

以上が基本的なギブソンタックのやり方。ヘアピンは横ではなく縦に刺すと髪の毛から目立たずにがっちり固定できます。最終的にスプレーで固めてしまう人も多いようです。また、髪の毛をピンで留めた後に少し引っ張って緩めるとゆるふわルーズなギブソンタックになります。

ギブソンタックを簡単にアレンジ(ミディアム/ロングヘア編)

3ブロックに分けるよりカジュアルなギブソンタック

基本のギブソンタックはポニーテールから作っていきますが、最初の結び目を3つに分けることでハーフアップからギブソンタックに移行させることでより綺麗にシニョンを作ることが可能です。

ふわふわシニョンの3ブロックギブソンタックの手順

1-髪の毛をサイド(2つ)、バックの3つに分けます。

2-両サイドをバックの髪の毛の上から結び、一度バックの髪の毛でくるりんぱします。

3-くるりんぱしたあとの髪の毛を一つにまとめます。

4-基本のギブソンタックと同様にくるくるとゴムと後頭部の間に捲いていきます。

以上で基本のギブソンタックよりふわふわしたギブソンタックが簡単に作れます。この場合よりふんわり感を出すために後れ毛を出してあげると雰囲気が出ます。

三つ編みチラ見せギブソンタック

一度くるりんぱしてから三つ編みにしてギブソンタックするこの方法では一度編みこむため髪の毛が落ちてきにくく崩れにくいギブソンタックに。さらに編みの部分が外から見えるので可愛らしさも演出できます。

三つ編みチラ見せギブソンタックの手順

1-全ての髪の毛を一度ゴムで結ぶ。

2-一度そのままくるりんぱをする。

3-毛先を締めるように左右に引っ張る。

4-毛束を三つ編みにする。

5-三つ編みをゆるめてふんわりとさせる。

6-そのままくるくると巻きつけてシニョンを作る。

髪の毛をピンで固定したら緩く結んだ三つ編みが可愛いギブソンタックに。大人っぽさと少女っぽい可愛らしさの同居した雰囲気になります。

 

サイド編みこみ×ギブソンタック

サイドに編みこみが入り、少し難易度は上がりますが後ろや横などどこから見ても欠点無く見える可愛い万能なギブソンタックがこちら。華やかになるのでカジュアルな場面に最適です。

サイド編みこみ×ギブソンタックの手順

1-サイドの耳より前の部分を残し、バックの髪の毛をゴムで結ぶ。

2-まずは1で結んだ部分だけで一度くるりんぱする。

3-サイドに残しておいた髪の毛をトップから編みこんで、サイド同士の毛先をゴムで結ぶ。

4-バックに流れている髪の毛の毛先から3~5cmの所をゴムで留める。

5-毛先から髪の毛を丸めていき、くるりんぱした所まで上げたらピンで固定する

6-ふんわり見せるために少し編みこみの部分や巻き上げた部分を緩める。

以上で完成です。丸めることで髪の毛のボリュームが出やすいのでカジュアルな場面にお勧めです。

 

ショートヘアの人でもギブソンタックは楽しめる!

ミディアムより短め、ようやく結べるようになったくらいのボブやショートヘアの人でもギブソンタックは楽しめます。ただ、少し髪の毛を巻き込んだり折りこんだりするのがミディアムヘアの人と比べて難しいですよね。

ショートヘアの人がギブソンタックをするときのコツ

どうしても髪の毛を巻きつけたりすると長さが足りない!なんて時には一見ギブソンタックに見えるアレンジを使っちゃいましょう。サイドの髪の毛だけで結んだら一度その毛束だけでくるりんぱ。その後そのくるりんぱに残った髪の毛を直接まきつけていきます。ピンでところどころ留めながら行うとアレンジを加えたギブソンタック風ヘアアレンジになります。

また、長さが短い場合髪の毛が固くて上手く巻きこめないなんてことも多いと思います。そんな時には一度アイロンでカールを付けてみましょう。髪質が柔らかく、扱いやすくなります。最後には髪の毛をしっかりほぐしてあげればボブでもショートでも気にならないギブソンタックに。

ギブソンタック×ヘアバンドで短めボブさんもギブソンタックに

また、どうしても結ぶだけの髪の毛の長さが足りないという場合にはヘアバンドを利用するのもお勧めです。やり方は超簡単で、ヘアバンドを頭に着用したらバンドに髪の毛を巻きつけていくだけ。ヘアバンドに捲きつけるだけなのに手が込んでいるヘアアレンジに見えますよ♡

ギブソンタック×ヘアアクセサリーでもっとオシャレに

ヘアバンドでもっと簡単に

先ほどは短めボブさんの救済アイテムとしてヘアバンドを紹介しましたが、実はボブさんだけではなくミディアムやロングの人がギブソンタックを作る時にもヘアバンドを利用できます。ヘアバンドを利用することで手が込み入っているような雰囲気を出せるだけでなく、簡単にギブソンタックが完成するんです。

ヘアバンド×ギブソンタックの手順

1-頭にヘアバンドを付ける。

2-バックの髪の毛を4分割する。

3-両端からぐるぐるとヘアバンドに髪の毛を巻きつけていく。

4-巻きつけた部分を束ごとにピンで固定する。

5-全体的にバランスを調節しながらすこし緩める。

以上でヘアバンドを利用したギブソンタックの完成です。

ヘアバンドが髪の毛を大まかに固定してくれるので崩れにくくなります。ヘアバンドがずれてしまうときには髪の毛を巻きつける前にピンで髪の毛にヘアバンドを固定しましょう。

ギブソンタック×バレッタで上品に

バレッタは基本的にシンプルなデザインのアクセサリーが多く、上品で大人っぽいイメージにまとめてくれるヘアアクセサリーです。中でもふんわりしたギブソンタックにお勧めなのは羽をモチーフにしたフェザーバレッタ。ふんわりとした髪の毛と羽がいい感じに雰囲気を醸してくれます。

 

ギブソンタック×シンプルなカチューシャ

また、飾りのごてごて付いていないカチューシャもギブソンタックには良く似合います。一番のおすすめはパールがあしらわれたもので、結婚式のお呼ばれなどにもぴったりな髪型に。カチューシャを付ける時には耳の後ろを3~5cm程開け、ふんわりとしたトップを崩さないように注意しましょう。

ギブソンタック×ニット帽

ポニーテールから作るので比較的幅が狭くなってしまいがちなギブソンタックですが、ニット帽と組み合わせることで髪の毛全体がオシャレになります。カジュアル感を出すならハットも似合うでしょう。ボリュームが出ている部分は潰さずにふんわりとさせて被ります。前に後れ毛を出すと小顔効果もあって○です。

 

ギブソンタックがどうしても上手く出来ない時

基本的に3ステップで完結するギブソンタックも、どうしても上手くいかないなんてこともあります。また、不器用さんでやる前から諦めてしまっている人も居るのではないでしょうか。

ギブソンタックを成功させるために:髪の毛を巻く

ギブソンタックがどうしても上手くいかない時にはまずヘアアイロンで自分の髪の毛をふんわりと巻いてみましょう。カールさせた髪の毛はストレートの髪の毛よりも纏まりやすく、ツヤがでるのでお洒落に見えるという一石二鳥の方法です。

 

ギブソンタックを成功させるために:ヘアゴムを細く、緩く

ギブソンタックが上手くいかないという人の中には髪の毛を固定する時にきつく留めすぎてしまう人も少なくないようです。ギブソンタックはゆるふわなルーズな雰囲気を演出するヘアアレンジなので、自分の髪質や長さに合わせてゴムをある程度緩めにしておきましょう。また、細いゴムだと髪の毛に隠れて目立ちにくくなります。

ギブソンタックを成功させるために:髪の毛を捻じる・三つ編みにする

ミディアムやロングの人ならギブソンタックのくるりんぱが上手くいかないなんて事はよくあります。そんな時には毛束ごとくるくると回して捻じったり、三つ編みにしたりしてまとめてしまうのがお勧めです。髪の毛が巻き付けやすくなり、綺麗にギブソンタックが完成します。

 

ギブソンタックを成功させるために:髪の毛は浮かせる

ギブソンタックはきっちりと髪の毛をまとめるよりもわざと緩めに、ルーズにした方が毛先飛び出しや跳ねた髪の毛が目立たなくなります。こなれ感も一緒に演出できるので一気にお洒落さんに変身できるのもポイントです。

ギブソンタックが崩れる場合:二つに分ける

サイドが弛んでしまった場合、途中でばらばらとシニョンの部分が崩れてしまうことがあります。それは髪の毛が滑らかで滑りやすかったり、元々ストレートだったりする場合と様々な理由があるのですが、そんな時には二つに分けるギブソンタックがお勧めです。ハーフアップにして一度くるりんぱ、その後シニョンにすることでハーフアップの部分が髪の毛を固定してくれて崩れてこなくなります。

手軽にできるギブソンタックでいつもより可愛い自分に

いかがだったでしょうか。ギブソンタックのやり方やコツ、失敗しない方法をまとめました。手先の器用さや髪の毛の長さは関係ありません。実はロングよりミディアムやボブ、ヘアバンドを利用したギブソンタックの方が簡単にできちゃうんです。ルーズでこなれ可愛いギブソンタック、練習すれば必ずできるようになります。ぜひ一度試してみて下さいね。

注目のテーマ