銀座CALONのカラーは本当にすごかった!bangs編集部員が潜入取材

業界でもカラーの伝道師として著名な「銀座CALON」の代表・西海洋史さん。その西海さんをbangsでは、何度か取り上げていますが、そのカラー技術のレベルをどれくらい凄いのかを知りたく、bangs編集部松下が、実際に体験取材してきました!


writer 松下ミナ | 2017年1月6日更新

カラーに定評がある銀座美容室『CALON(カロン)』

銀座駅から徒歩5分、中央通りからすぐの場所に位置する。カラーのスペシャリストが施す『艶カラー』と、他にない上質な頭皮ケアや 毛髪のシャンプートリートメントが自慢の上質サロン。

お客様一人ひとりにあわせた「カラー」「ヘッドスパ」で、 お客様の理想のスタイルを創り上げる、銀座のオトナサロン。

CALONの代表も務める西海さんは、業界でも有名なカラーの伝道師。

パーマ剤カラー剤、トリートメントなどの商品開発、出版、レストラン経営、などの活動をしています。現在はサロンワークの枠を越え、西海塾カラーリングスクールを全国に展開しており、カラーのスペシャリストです。

CALONのカラーを体験取材!

そんなCALON西海さんのカラーは、果たして本当にすごいのか?そんな疑問と、スペシャリストにカラーリングをされたいという理由で、bangs編集部の松下が体験取材をしてきました。

サロンに到着するやいなや、最初に通されるのは、この個室。ここでガウンに着替えます。※私服の上に羽織るイメージです。

カラー剤やパーマ剤が衣類に付着しないようにとの配慮。まるで、エステサロンのような待遇。すでに感動…

かの有名な西海さんとご対面!

美容業界でも有名な方なので、さぞお堅い方なのかとおもいきや、笑顔がとっても素敵で気さくな方で、ほっと安心。

 

私も西海さんもとても真剣な表情ですが(笑)ここからが本番!まずはカウンセリングから。

 

注文の多い編集部松下の、美容師困りのオーダーが早速スタート!

(西海氏) 

 本日は、どんなカラーのご要望?

 

(編集部 松下)

 前回のカラーから放置してしまい、色落ちが気になるので、トーンは今より1~2トーン程度落として欲しいです。

あと、いつもカラーをすると赤みやオレンジが強くでるので、それは避けて頂きたいのと、逆にアッシュが強いと肌色が悪く見えてしまうので、それも避けてください。

最近は、大人っぽくシンプルでカジュアルな服装をよく着るので、印象は落ち着いた大人な印象にしてもらいたいです!そこにできれば清潔感も!

 

(西海氏)

…(笑) 了解しました。

ちなみに、明るさはどれくらいのイメージに仕上げたいです?(カラーチャートを見せられる)

 

(編集部 松下)

光にあたらない状態で、これくらいのイメージですかね。(7トーンの明るさを指さす)

 

(西海氏)

現在、松下さんの髪のトーンが9レベルくらいなので、2トーン暗くするとイメージとしては結構暗くなった印象を持たれるかとおもいます。

ただ、アッシュを入れ込むことにより、程良い抜け感と黒っぽい要素を軽減させることが可能なので、おススメですよ。ただアッシュ要素が強すぎると、松下さんが言ってように違和感のある黒味などが混じってしまうので、配分には最新の注意を払うので、安心してくださいね。

通常、カラーのオーダーをするときは色味から選ぶことが多いように感じますが、西海さんは、まず『明るさのヒアリング』から行うそう。

 

色を選ぶというより、ニュートラル系のカラーベース(明るさ)にカラー(色味)を加えていったほうが、色落ちもせず、仕上がりも綺麗になるとのこと。

そして今回ついでにおススメされたのが、この水素トリートメント!

 

これが予想外に良くて、松下は感動しました。(仕上がりは記事後半にて)

 

内容としては、カラーやパーマで頭皮は酸化が進行しているなか、水素を入れ込むことにより、活性化するというもの。

 

従来の毛の表面にコーティングするタイプのトリートメントではなく、髪の芯の部分から浸透させるイメージです。

仕上がりまで、何度もチェックに来てくださる西海さん。

「もう少しまってね~」と秒単位で、絶妙な色味を調節してくださいます。

そしてついに完成!!(Before & After)

完成した色味とは、、Afetr

じゃーん!みてください!!この色味。

 

元々、赤髪のようなオレンジ色が強い色味だったのが、程よい抜け感と、絶妙に落ち着いたトーン。

 

ちなみにBeforeはこちら↓

Before

もともとは、こんな状態の色味。

 

オレンジがかった赤みで、ぱさぱさな状態。

Before & After

※ちなみにカットは施していません。

 

パサつきと毛先の痛みや色落ちも見事に改善!!

 

髪触りは、従来のトリートメントとは全く異なった、感触。。

コーティングで一時的にというのではなく、髪の毛本来が生き返ったような素髪のような仕上がり。

写真では、トーンがかなり落ちた印象を受けるかもしれませんが、実際は今まで経験したことのない、抜け感のある色味。

 

ちなみにこの取材日から1ヶ月経ちましたが、色落ちはほぼ感じられず、若干の変化も絶妙で、満足感が持続しました。(実話)

 

これはすごいです。西海さん恐るべし、、!

CALONのサロン情報

Beauty and care CALON

ビューティーアンドケア カロン

 

〒104-0061 東京都中央区銀座5-13-19
デュープレックス銀座タワー 5F

予約お問合せ番号

050-5871-6836 (ご新規様 専用番号)

今回担当してくれたスタイリスト↓

 

CALON 代表

西海 洋史(にしがい ひろし)

http://bngs.jp/salon/163257/staff/438

 

 

松下ミナ

written by 松下ミナ

都内美容師300人以上取材経験のある都内在住のアラサー美容ライター。学生時代はエクステからハイトーンカラーまでやっていたが、最近はもっぱら大人カラーに上品レングスの大人OLスタイルのヘアを研究中。

注目のテーマ