2018夏のトレンド髪型はコレ!「暗めカラー×毛先カール」で上品さを意識して!

そろそろ髪型をイメチェンしたい!そう思っている方も多いのではないでしょうか?この季節は思い切って髪型を変えたくなりますよね?メイクやファッションと違って髪型を変えるのは勇気がいるものです。自分に似合った髪型や、今年トレンドの髪型を知ることは重要と言えます。そこで今回は2018年夏トレンドの髪型を特集します。2018年のトレンドはズバリ「大人カール」「上品スタイル」「暗めヘアカラー」です。それぞれの夏の髪型を、ショート、ロング、ミディアムに分けてご説明します。


writer soggetto.weles | 2018年5月7日更新

ヘアカラーにバイオレット!上品さを取り入れて!

2018年のトレンドカラーはバイオレットカラーです。どちらかと言うとパッキリとしたカラーよりも、ふんわりとしたカラーなので、日常的にも取り入れやすいですね。髪をパープルカラーに染めるのではなく、ニュアンスで取り込むという表現の方がしっくりときます。

 

例えばグレージュカラーと混ぜて透明感を出したり、ハイライトとしてカラーをするのもアリです。バイオレットカラーを差し込むだけで、見た目は暗い髪色なのに日に当たったり光に当たると透明感が出る効果が期待できます。派手過ぎず、暗すぎずにちょうど良いカラーがバイオレットカラーなんです。

目指すイメージは「上品」「知的」!

夏の髪型トレンドは上品さと知的さです。ヘアスタイルは緩やかなカーブや毛先にポイントを置いたカールがトレンド。全体的にふんわりカールを取って可愛さを演出するよりも、大人っぽさや知的なイメージに近づけるのがポイントと言えます。

 

大ぶりのカールを毛先に持ってくることで、小顔効果も狙えて華やかで大人っぽい印象になります。ロングでもショートでも、ヘアカラーとヘアスタイルのトレンドは同じです。その髪型にもトレンドを取り込んで旬な髪型を目指しましょう。

Styling:増田 拓朗

前下がりボブ×前髪あり!

芸能人を見てもショートを選ぶ方が増えていますよね?依然としてショートブームはまだまだ続きそうです。大人っぽさが叶う前下がりボブやショートのパーマや、前髪のありなしでイメージがどれだけ変わるか見ていきましょう。

Styling:力石サトシ

ショートヘアと相性の良い前髪は??

この夏、ショートヘアと組み合わせたい前髪はオン眉バング、前髪を少し巻いたベビーバングがトレンドです。もちろん前髪なしで仕上げてもOKです。ショートヘアの男らしさを前髪で中和するヘアスタイルもアリですね。髪をショート丈にしたら前髪も夏らしく短くすると気分も上がること間違いなしです。

Styling:浅井 俊助

ショートヘアは前下がりボブで大人っぽく!

髪を短くする=ボーイッシュなイメージを払拭する髪型が前下がりショートです。完璧なシルエットが大人らしさを演出できます。ボブが苦手という方も骨格に合わせたカットやカット方法を相談しオーダーすることで挑戦することができます。美容師さんに声をかけてみるのもアリですね。

Styling:高橋勇太

オン眉前髪で夏らしく!

オン眉とは前髪が眉毛の上にくるヘアスタイルのことを言います。眉毛の上に前髪があるので目を引く個性的なヘアスタイルだと言えます。

 

髪にパーマをかけ、ヘアカラーを整ると外国人風にも仕上がります。パーマの強さによってカジュアルにもフォーマルにも対応できます。のっぺりと立体感がないヘアスタイルが苦手な方は全体にパーマをするか、美容師さんと相談して形作ってくださいね。

Styling:池田 涼平

ベリーショートは存在感が違う!

ベリーショートに抵抗がある。という方もいらっしゃるかと思います。でもポイントを押さえれば逆に女っぽさを実現できる髪型になるんです。ポイントはベリーショートを前下がりにするだけです。

 

前下がりは、後ろは短く前は長めにカットします。なので、うなじが強調され髪が短いのに女性らしさが叶うヘアスタイルと言えます。ベリーショートにしても女性らしさを表現できるバランスが素敵ですね。

Styling:坂手 開

ショートのアレンジは外ハネ!

切りっぱなしボブ同様に、ショートアレンジは外ハネがおすすめです。芸能人でいうと滝沢カレンさんがお手本です。アクティブさを表現できて夏らしいヘアアレンジで、工夫次第ではちょっとしたイベントやシーンでも活躍できます。さらにコテで簡単にできるので、自分で楽にセットできるのも嬉しいポイントですね。

Styling:志賀 雅千子

ロング×ウェーブで上品!

ロングヘアーのトレンドは、暗めカラー、毛先カールが重要なポイントになってきます。夏はヘアカラーを明るくしたくなりがちです。あえての上品なイメージの暗めカラー、アッシュ系やパープル系カラーで透明感を出しましょう。カールも全体的にゆるっと外国人風にするスタイルがおすすめです。

Styling:若林 紀元

グレージュカラーは透明感が叶う!

目指すは外国人風の大人っぽさです!カラーもグレージュやアッシュカラーを取り入れるといいでしょう。特にグレージュカラーは日本人の髪色との相性も抜群です。赤みを抑えた落ち着いたカラーで上品さもアップですね。またグレージュカラーは色落ちしても長く楽しめる点がポイントです。髪色が抜けやすい方にもおすすめですよ。

Styling:木村 香子

ロング×前髪あり

暗髪でも重くならないのは、毛先にかけてゆるくウェーブがあるからです。全体的に巻くふわふわスタイルも素敵ですが、大人っぽさ、上品さを目指すならあえて抑えめに仕上げるのがベストです。前髪あり効果で可愛らしさや可憐さが引き立ちますね。
カラーも暗めのアッシュにすることで、透明感が出て春夏にピッタリです。

Styling:新田 将行

ロング×前髪なし

毛先に向かってカールされた髪と、前髪のバランスが大人っぽさと外国人風を演出しています。前髪なしとゆるめカールは最高に女度を上げてくれるヘアスタイル間違いなしです。ボリュームたっぷりを目指すよりも、下方面、毛先を巻いて大人ぽさを出すのがベストです。

Styling:土屋 侑祐

やっぱり大好きロング×ストレート

暑い夏でもさらさらストレートヘアは、やはり憧れますよね?2018年夏でも定番のストレートヘアはトレンドの兆しです。黒髪ロングの鉄則はさらさらつやつやの髪です。夏でも冷房の影響で髪が乾がちになることもあります。日頃のケアを万全にして憧れのストレートヘアを目指しましょう。

Styling:乗田 敦史

大人可愛くて華やか、ナチュラルロング

カラーは暗めを意識して清楚さや上品さを出すことがポイントです。ただの重めのロングヘアーにならならいためのポイントがあります。

 

それは、暗めのグレージュカラーやベージュカラーを仕込んで透明感を出すことです。地毛っぽさを目指したカラーで清楚感もアップしますね。そして毛先もポイントになります。毛先に重みを出すカットをオーダーするか、毛先に気持ち程度のカールを出すことでナチュラルの中にも上品さが漂います。

Styling:和田 裕也

トレンドを取り入れて楽しもう!

パープルカラーで暗め上品に、パーマやカールで魅力を引き立てるヘアスタイルがおすすめです。イメチェンしたい!髪型を思い切って変えたい!という時に是非、参考にしてみてくださいね。キレイのお手伝いができれば幸いです。

soggetto.weles

written by soggetto.weles

ファッション、コスメ系ライターをしています。女性の綺麗になりたい!気持ちを文章で後押ししたいです。

注目のテーマ