子供っぽくならない!大人フェミニンな三つ編みアレンジ♡

三つ編みは子供っぽい、大人がやるにはガーリーすぎるというイメージがありませんか?きっちり編んだツインテールの三つ編みなどは、確かに少々幼さがありますよね。でも、最近の三つ編みアレンジはあえてルーズに仕上げることで、幼さを消して大人っぽくフェミニンなアレンジになっているんです♪今回は、大人にこそやってほしい三つ編みアレンジをご紹介します。


writer renass1123 | 2018年5月11日更新

イマドキの三つ編みは、ルーズに仕上げる♡

編み目やトップをほぐしてゆるふわに仕上げよう

三つ編みを使ったアレンジは、編み目やトップをほぐして、あえてルーズに仕上げるのがイマドキのポイントです。ゆるく崩すことで、ガーリーすぎる雰囲気を抑えられるので、大人でもトライしやすいアレンジになります。

Styling:小熊 萌子

三つ編みの編み目を綺麗に崩すコツ

三つ編みの編み目をほぐすためには、ほぐす前の三つ編みをきっちり編みましょう。ほぐす前から緩めに編むと、ほぐしたときに崩しすぎて疲れた印象の髪型になってしまいます。また、一気にほぐすのではなく、指で少しずつ髪を引き出すイメージでほぐしましょう。同じようにトップも、指で髪を引き出してふわっとボリュームのある仕上がりにします。

Styling:市田力也

結婚式やイベントヘアに♡三つ編みに編み込みを加えてアレンジしよう

表編み込みも裏編み込みも、基本は三つ編み

表編み込みも裏編み込みも、基本的な動きは三つ編みです。見た目の違いは、表編み込みは編み目が平たくなり、裏編み込みは編み目が立体的に。編み込みは3本の毛束の真ん中にくる毛束に、常に左右の髪を編み足しながら三つ編みをします。違いは、表編み込みは真ん中に来る毛束の上から編み足す髪が来るようにし、裏編み込みは下から編み足す髪が来るようにします。

編み込みの練習は前髪やサイドで

編み込みを練習するときは、鏡で毛束の動きが見える部分、前髪やサイドの髪を使いましょう。編み込みの動きに慣れたら、毛束の量を変えて仕上がりの違いをチェックしてみてください。毛束をそれぞれ太めにとると、ざっくりとした仕上がりに、細めにとるとさりげなくフェミニンな仕上がりになります。

アレンジその1. 三つ編みポニーテール

ランダム三つ編みでさりげなく個性的に

後頭部でポニーテールを作ってくるりんぱしたら、2回三つ編みをしてゴムで結びます。残った毛束から髪をすくい、ゴムに巻きつけ、残った毛束で同じように2回三つ編み。またゴムを髪でカバーしたら再度三つ編みをして、合計3つのパートの三つ編みができるように仕上げます。普通に編んだ三つ編みよりも、立体感のある仕上がりで個性的な三つ編みポニーテールに。くるりんぱ部分には、画像のようにマジェステやバレッタを飾ってオシャレ度アップ♡

Styling:mura

ツインの三つ編みから作る太め三つ編みポニー

画像ではトップを表編み込みをして、下ろした髪を二つに分けて三つ編み、ツインの三つ編みを1本の毛束にまとめてねじって作っています。トップを編み込みしなくても、そのまま髪全体でツインの三つ編みを作り、1本の毛束にまとめてねじってもOKです。その場合は、画像よりもゆったりルーズな仕上がりになります。ツインの三つ編みを作るときは、編み終わってから毛先をダッカールで留めておき、ゴムで結ぶのは最後にねじってまとめたときにしましょう。

Styling:大島 栞菜

アレンジその2. 三つ編みシニヨン

くるりんぱと三つ編みで作るゆったりシニヨン

耳上からトップの髪を後ろで結び、くるりんぱ。耳下の髪も同じように結んでくるりんぱ。くるりんぱをしておくことで、最後に三つ編みを丸めて留めるときに、くるりんぱ部分が土台になるようにします。残った髪を1本の三つ編みにしたら、三つ編みを内側に折りたたむように丸めて、くるりんぱ部分と丸めた三つ編みを挟むようにピンを横向きに刺しましょう。耳上の髪は、耳にふんわりとかぶるようにざっくりとまとめるのがポイントです。

両サイドの三つ編みがポイントの上品シニヨン

肩にギリギリつく長さのミディアムでもできるシニヨンです。ベースの髪を波巻きにしたら、両サイドを残して髪を後ろでまとめてくるりんぱ。両サイドはそれぞれ毛先まで三つ編みをして、ダッカールで留めておきます。くるりんぱをして残った毛束は、ねじって内側に折りたたむように丸め、くるりんぱ部分でピン留め。ダッカールで留めておいた三つ編みは、それぞれ後ろでまとめたシニヨン部分でピン留めして完成です。シニヨン部分には、上品なデザインのバレッタやクリップを飾って華やかさをプラス♡

三つ編みシニヨンにねじりを加えて立体感をプラス

後ろで1本に編んだ三つ編みをクルクルっと丸めてシニヨンにしています。後れ毛を出さず、きっちりまとめているぶん少し寂しげな印象があるので、両サイドの毛束を残し、それぞれねじってアクセントに。両サイドのねじった部分で立体感を加えて、地味になりがちなきっちりシニヨンにこなれ感を生み出しています。

Styling:加々美 征一郎

アレンジその3. 三つ編み編み下ろし

ねじり編み2段×ツイスト三つ編みで作る編み下ろし

一見難しそうに見えますが、作りがわかれば意外と簡単?上級者さんにオススメの編み下ろしアレンジです。複雑そうに見えますが、よく見ると耳上の髪を2つの毛束に分け、それぞれをロープ編みにしています。ロープ編みはそれぞれ後ろで反対側のロープ編みと合わせ、ゴムで結んでくるりんぱ。下の段のロープ編みも同じようにくるりんぱ。

 

残った髪で三つ編みのツインテールを作り、ダッカールで留めて編み目をほぐし、それぞれをツイストして1本の太い三つ編みのようにまとめます。仕上げにロープ編みのくるりんぱ部分にバレッタやクリップを飾り、くるりんぱ部分を隠します。トップの髪を指で引き出してほぐせば完成!

ざっくり編み込み×毛束多めの三つ編みでルーズな編み下ろし

ベースの髪全体をゆる巻きにして、まずトップを毛束太めの表編み込みにします。編み込めるところまで編んだら、ゴムで結んでくるりんぱ。残った髪とくるりんぱで余った毛先を合わせて、ざっくりと後頭部部分で三つ編みを1、2回します。編み目をゆったりほぐし、ゴムの上から飾り付きのゴムやヘアクリップを重ねて完成。トップから編み込むことで、崩れにくい編み下ろしスタイルになります。

Styling:濱 芳江

アレンジその4. 個性派三つ編みアレンジ

こめかみを三つ編みにしてさりげなくアレンジ♪

強めにかけたウェーブがオシャレなミディアム。サイドのこめかみ部分を三つ編みにして、ストリート風にアレンジしています。ざっくりと前髪をかきあげバングにして、前髪をかきあげたサイドに髪を多めにセット。三つ編み部分がアクセントになるように仕上げています。

三つ編みアレンジでヘアアレンジをもっと楽しもう!

編み込みやくるりんぱなどを加えるだけで、三つ編みアレンジの幅がぐっと広がります。トレンドのルーズな三つ編みに加えて、編み込みやくるりんぱを駆使したまとめ髪アレンジで、ヘアアレンジのバリエーションを増やしましょう♡

Styling:百冨 友香理

renass1123

written by renass1123

現在日本化粧品検定の勉強中!美容オタクだけどずぼらな美容ライター。不器用さんでもできるヘアアレンジや、お手軽美容ネタをお届けします♪

注目のテーマ