意外と簡単♡フィッシュボーンの基本の編み方&応用アレンジ

細かい編み目が魚の骨に見えることから、フィッシュボーンと名付けられている編み込みスタイルです。海外でも人気の編み込みですが、難しいイメージがありますよね。実は、基本の動きは意外と簡単。今回は、基本のフィッシュボーンのやり方から、応用アレンジ、さらにフィッシュボーンと似ている編み下ろしアレンジまでご紹介します♪


writer renass1123 | 2018年5月12日更新

パッと見三つ編み?フィッシュボーンとは

魚の骨のような細かい編み目が特徴

フィッシュボーンは編み込みの一種で、魚の骨のような細かい編み目が特徴です。パッと見は三つ編みのように見えますよね。フィッシュボーンはそのままきっちり編んで仕上げてもいいですが、最近はルーズなヘアアレンジが人気なので、編み目をほぐすスタイルがオススメです。

フィッシュボーンと三つ編みの違いは編み目の細かさ

一見似ているフィッシュボーンと三つ編みですが、違いは編み目の細かさ。フィッシュボーンは一つ一つの編み目が細かく、三つ編みは大きめ。全体の毛束として見ると、フィッシュボーンは太い1本の毛束に見えます。三つ編みは、編み目が大きめなので立体感のある毛束に見えます。編み目をほぐすとまた違った仕上がりになるので、それぞれ違いを楽しめるようになれば、ヘアアレンジの幅がぐっと広がるでしょう。

フィッシュボーンは海外では定番のヘアアレンジ

海外ではティーンから大人まで、定番のヘアアレンジとして慣れ親しんでいるフィッシュボーン。欧米人特有の透け感のある明るいヘアカラーでは、フィッシュボーンなど編み込みアレンジが映えるので華やかさが増して見えます。同じように、フィッシュボーンなど編み込みを頻繁にするという方は、ヘアカラーを透け感のある明るい色にしてみてください。編み込みの編み目がしっかりアピールできますよ♪

フィッシュボーンでできるヘアアレンジ

定番はゆったりとした編み下ろし

フィッシュボーンで多いのは、サイドか後ろで1本のまとめ髪にする編み下ろしスタイル。サイドに寄せてフィッシュボーンを作るのは、鏡を見ながらできるアレンジなので、フィッシュボーン初心者の方にオススメです。フィッシュボーンの細かい編み目が女性らしさを演出し、幼すぎないので大人でもできるアレンジです。

Styling:坂本 愛有

ハーフアップにも使えるフィッシュボーン

耳上の髪をトップの髪と一緒に後ろでまとめるハーフアップにも、フィッシュボーンが応用できます。両サイドの耳上の髪の毛束でフィッシュボーンを作り、両サイドの編み込みを後ろで一つにまとめれば完成です。他の編み込みでも同じですが、編み込みハーフアップは後ろで編み込みをまとめたら、ゴムで結んでからくるりんぱをすると崩れにくくなります。さらに、くるりんぱした部分をバレッタやヘアクリップで隠すと、綺麗な仕上がりに。

Styling:中西 亜由美 

両サイドをフィッシュボーンで編み込んだポニーテール

両サイドの髪を残して低いポニーテールを作り、両サイドをそれぞれフィッシュボーンにします。フィッシュボーンの毛束をそれぞれポニーテール部分に巻きつければ、こなれたローポニーテールの出来上がり。地味になりがちなローポニーテールも、編み込みを加えるだけで華やかになり、結婚式などのイベントにも合うヘアアレンジになります。

Styling:比良 早織

他の編み込みと同じ!フィッシュボーンは色々なアレンジに応用可能

編み込みは他にも、表編み込みや裏編み込み、ロープ編みなど種類がありますよね。フィッシュボーンも編み込みの一種なので、他の編み込みアレンジと同じように、様々なまとめ髪に応用できます。ハーフアップやポニーテールの他に、シニヨンなど、他の編み込みで紹介されているアレンジでも、編み込み部分をフィッシュボーンに変えてみると、アレンジのバリエーションが広がりますよ!

【動画でチェック】実は簡単♡フィッシュボーンのやり方

まずは動画でフィッシュボーンのやり方の動きを確認しよう

フィッシュボーン初心者の方は、鏡を見ながら手の動きが確認できるように、サイド寄せで編んで行きましょう。毛束は、基本は2つに分けます。そこに、一方の毛束の外側から細く毛を引き出し、反対の毛束に編み足します。基本的には、編み足す髪は反対の毛束に足す、と覚えれば簡単です。

不器用さんはこめかみの髪で練習しよう

いきなり髪全体をフィッシュボーンで編むのは無理、という方はこめかみの髪を使って練習してみてください。細いフィッシュボーンを作って、フィッシュボーンの編み方に手を慣れさせましょう。

編み終わりをゴムで結ぶときのコツ

編み目から細かい毛がはみ出るようになったら、編む限界のサインです。ゴムで結んで編み終わりましょう。ゴムで結ぶときは、編んでいる毛束を離さず、片方の手は毛束を持ったまま、もう片方の手でゴムを結びます。

ツインフィッシュボーンのやり方

2本のフィッシュボーンを作るときは、全体の髪を二つに分けてから、それぞれをさらに2本の毛束に分けて編みます。1本のフィッシュボーンアレンジよりもガーリーですが、編み目が細かいのでフェミニン感もあり、ほんのり上品な仕上がり。

上級者向け!後ろフィッシュボーン

こちらはサイドのフィッシュボーンができるようになってからトライしましょう。トップからしっかり編み込んだ、後ろで作るフィッシュボーンです。トップからフィッシュボーンを編んで行くので、中央から編むフィッシュボーンよりも崩れにくくなります。難しく見えますが、基本は同じ。二つに分けた毛束に、それぞれ反対側から毛を編み足していくだけです。

フィッシュボーン専用アイテムに頼るのもアリ!

フィッシュボーンを作るための専用のアイテムがあります。髪に装着して、付属の穴から毛束を出し入れするだけというお手軽さ。どうしても自分でフィッシュボーンが編めない、時間がないからパパッとやりたいというときにオススメのアイテムです。ツインテールのフィッシュボーンやサイドフィッシュボーンに使いましょう。

フィッシュボーンの編み目の崩し方

イマドキの編み込みスタイルは、きっちり仕上げるより崩してルーズに仕上げるものが多いです。フィッシュボーンも、編み目をほぐしてルーズに仕上げると一気にこなれたヘアスタイルになりますよ!三つ編みを崩すときと同じで、崩す場合は編むときにきっちり編み、少しずつ指で髪を引き出すように崩します。最初から緩めに編むと、崩したときにぐちゃっと疲れたような仕上がりになるからです。

 

編み目を引き出すほど、毛束は太くなるので、お好みの太さになるように全体を調整しながら崩してみてください。左右の編み目を同時に崩すと、バランスよくルーズな仕上がりになります。

ゴムの上からヘアアクセを飾るとオシャレ♡

フィッシュボーンの編み終わりは、ゴムで結びますが、ゴムの上にバレッタやヘアクリップを挟むとオシャレ度アップ!ヘアクリップなら、編み終わった毛束部分を挟むだけなので簡単です。人気の高い画像のようなトライアングル型のヘアクリップや、飾りがついたゴムを上から結ぶのもオススメ♪

海外風ナチュラルヘア♪フィッシュボーンアレンジ

ミディアムでもできる!サイドフィッシュボーン

肩につく長さのミディアムでも、サイドに寄せて編み込むサイドフィッシュボーンができます。サイドに寄せて余った髪は、ねじってピンで留めておけばオーケー。ミディアムの場合は、太めのフィッシュボーンの方が可愛いので、編んだあとに太い毛束になるようにゆったりと編み目をほぐしましょう。耳上の髪は、両サイドそれぞれねじり編みなど編み込みにすると、全体が崩れにくくなります。

ゆったりフィッシュボーン&三つ編みアレンジ

後ろで編む1本のフィッシュボーンは、ちょっと難しいので、途中まで編んだらあとは三つ編みにシフトする、という応用テクも使えます。また、ベースの髪にコテやパーマでカールをつけておくと、仕上がりがゆるっと柔らかくなり、フェミニン度がアップ♡

フィッシュボーンをまとめて作るシニヨン

耳上の髪を残してフィッシュボーンを1本作ります。クルクルっと丸めてシニヨンにしたら、両サイドの耳上の髪もフィッシュボーンに編み込み、シニヨン部分でピン留め。画像のようにサイドにバレッタを飾れば、より華やかなまとめ髪になります。後れ毛をあえて出さず、クラシックな仕上がりのシニヨンです。

たっぷり編み込みでモコモコフィッシュボーン

トップ真ん中をフィッシュボーン、両サイド上下をロープ編み、そして下ろした髪で2本のフィッシュボーンを作り、ねじって1本にまとめます。普通の編み下ろしでは、トップから編み込むだけですが、両サイド耳上の髪を上下に分け、それぞれを編み込むことで立体感をアップさせています。ツインテールのフィッシュボーンは、編み目を崩してからねじって1本の毛束にしましょう。

Styling:沢田 きりこ

花飾りをつけて袴や着物ヘアアレンジに

全体の髪を波ウェーブでゆる巻きにして、サイドに寄せてフィッシュボーンに。編み目をほぐし、花飾りをつければ、袴や浴衣、着物など和装にも合うヘアアレンジになります。ミディアムは無理に毛先まで編まず、毛先多めに残してもオーケー。編み目をほぐすので、毛先が多くても悪目立ちしません。

Styling:星田 香

くるりんぱ×フィッシュボーンアレンジ

 

トップから編み込むと崩れにくくなる、というメリットがありますが、初心者にはちょっと難易度の高いアレンジです。そこで、トップを編みこまないかわりに、くるりんぱをすることで崩れにくいフィッシュボーンアレンジを作ります。両サイドを後ろで結んでくるりんぱして、残った髪をフィッシュボーンに編んでいくだけ。くるりんぱをしているので編み目が根元から崩れるのを防げます。

ロマンチックな♡フィッシュボーンハーフアップ

全体の髪を波ウェーブに巻き、両サイドの髪をそれぞれフィッシュボーンに編み込んでいきます。毛先ギリギリまで結ばずに、毛先多めに残して、後ろでそれぞれをひとまとめにします。ゴムの部分は残した毛束から髪をすくい、ゴムに巻きつけましょう。

Wフィッシュボーンで作るボリュームシニヨン

後ろから、横から見てもボリューミーなシニヨンのポイントは、上下で作ったフィッシュボーン。両サイドを分けてトップの髪、下の髪でそれぞれフィッシュボーンを作り、まず下のフィッシュボーンをクルクル丸めてシニヨンに。上のフィッシュボーンを下のシニヨンに巻きつけるように丸めてシニヨンにします。両サイドは下のフィッシュボーンを作る前に、後ろで結んでくるりんぱ。くるりんぱをすることと、シニヨンを2つ重ねることで崩れにくく仕上げます。

フィッシュボーンができない人にオススメ♡編み下ろしアレンジ

イメージはラプンツェル♡編み下ろしとは

編み下ろしは、編み込みや三つ編みを組み合わせて作るまとめ髪です。アレンジ方法は様々ですが、簡単なものでは真ん中、両サイドに三つ編みを作り、後ろでまとめて三つ編みにするやり方など、意外と簡単にできます。ゆったりとしたシルエットで、女性らしさたっぷりのまとめ髪です。編み下ろしもきっちりまとめるより、編み目やトップをほぐしてルーズに仕上げるのが今風。また、ベースの髪を波ウェーブでゆる巻きにすると、ふわふわとしたシルエットになって大人可愛くなります♡

三つ編みやポニーテールとの違いは「崩れにくさ!」

編み下ろしは、2つ以上の編み込みや三つ編みを組み合わせることで、全体のセットの強度が上がるので、長時間スタイルが崩れません。そのため、結婚式などイベントヘアアレンジによく使われています。特にトップから編み込み、両サイドも編み込んで作る編み下ろしは、より崩れにくく人気のアレンジです。

編み下ろしの基本は【編み込み+三つ編み】

編み下ろしで多いアレンジは、両サイドを編み込み、下ろしている髪で二つの三つ編みを作ってひとまとめにするやり方です。両サイドの髪をそれぞれ好みの編み込みで編み、ダッカールなどで留めておきます。下ろしている髪で三つ編みのツインテールを作り、それぞれ編み目を崩します。ツインテールの三つ編みを合わせてねじり、毛先をゴムで結んで両サイドの編み込みを後ろでまとめ、くるりんぱをしたり、ピンで留めれば完成。

Styling:山口 華絵

ロングヘアならサイド寄せ編み下ろしで海外風に

ロングヘアだからこそできるサイド編み下ろし。ツインテールの三つ編みを真ん中で分けて作るのではなく、サイド寄りに分けて作ってまとめて作ります。編み目をほぐしてねじってまとめると、サイドでまとめたフィッシュボーンのようになるので、フィッシュボーンができなくても編み下ろしなら簡単!海外でも人気のアレンジです。

編み下ろしの根元にバレッタをつけよう

三つ編みを合わせた根元部分に、バレッタを飾れば華やかさアップ。画像のようなパールモチーフのバレッタは、大人上品で結婚式などの華やかなイベントにオススメ。両サイドを編み込んで後ろでまとめたとき、まとめたくるりんぱやピンの上に重ねると綺麗な仕上がりになります。

参考編み下ろしアレンジ♡

スカーフを巻いてレトロな編み下ろしアレンジ

トップをざっくり編み込み、耳の位置で結んでくるりんぱ。下ろした髪で三つ編みのツインテールを作り、編み目をほぐしてねじって結びます。スカーフをぐるっとトップから巻きつけ、後頭部で結んで編み下ろし部分でカバーすれば完成!スカーフをプラスすることで、クラシカルレトロなヘアアレンジになります♡

Styling:大島 栞菜

グチャグチャッと崩してラフに仕上げた編み下ろし

両サイド、トップ、編み下ろしと全体に編み込みを加えたアレンジです。トップを中心に編み目をグチャグチャにほぐし、ボリュームのある仕上がりになっています。ミディアムは編み込みを色々な方向からすると、編み下ろしが作りやすくなるので、両サイド編み込みはぜひ取り入れましょう。

Styling:山本麻美

3本の三つ編みをまとめて作る編み下ろし

下ろした髪を三つに分け、それぞれ三つ編みを作り、編んだ毛束で1本の太い三つ編みを作ります。すると、画像のような太い編み下ろしができます。トップは編み込むと華やかですが、難しければベースの髪をゆる巻きにすると、編みこまなくてもゆるっとボリュームのある仕上がりになります。

Styling:比良 早織

ざっくり太めに編み込んだねじり編み下ろし

毛束を多めにとり、トップからざっくりと表編み込みをして、耳の位置からねじって編み下ろしています。編み込みにバンダナを編み足し、毛先までバンダナを一緒に合わせた個性的なアレンジです。

フィッシュボーンで大人フェミニンなまとめ髪♡

フィッシュボーン特集、いかがでしたか?難しそうに見えるフィッシュボーンですが、基本の動きは意外と簡単。常に反対側の毛束に髪を編み足していく、という動きが基本になります。まずは簡単なサイドフィッシュボーンからトライして、慣れたら後ろで1本のフィッシュボーンに挑戦してみましょう。

 

また、フィッシュボーンと似た編み下ろしアレンジは、フィッシュボーンより比較的簡単なので、まずは編み下ろしをマスターしてみるのもオススメです。

renass1123

written by renass1123

現在日本化粧品検定の勉強中!美容オタクだけどずぼらな美容ライター。不器用さんでもできるヘアアレンジや、お手軽美容ネタをお届けします♪

注目のテーマ