ハイライトカラーでおしゃれ度UP♡”こなれヘア”はカラーデザインでキマる!

ハイライトカラーやメッシュカラー、インナーカラーやポイントカラーと呼ばれるデザインカラー。それぞれデザインの特徴が違い、ヘアスタイルをおしゃれに見せてくれます。特に”ハイライト”カラーは聞いたことのある方も多いのでは?このハイライトカラーは誰でも取り入れやすく、一気にこなれ感を増すおしゃれ度の高いデザインなんです!そんなハイライトカラーについて、解説していきます!


writer satomaoko | 2018年5月21日更新

ハイライトカラーとは?

ベースの髪色よりも明るい色味をブリーチやカラー剤で部分的に作り、ヘアスタイルに立体感を作る方法のこと。

 

このハイライト部分がベースの髪より引き立つことで全体が明るいトーンに感じられ、重みを感じる暗い髪色もハイライトを入れることで動きが作られて軽い印象に見せることができます。立体感を作ることができることから、”3D カラー”と呼ぶ美容室もあります。

Styling:杉本 恭子

ハイライトカラーのメリット

① ヘアスタイルに立体感を作ってくれる

ハイライトカラーを取り入れることで髪色にコントラストができて、立体感を作ることができます。またこのコントラストによって、髪の動きも感じやすくなりより立体感を感じることができるのです。ハイライトカラーはデザインとして楽しむことはもちろん、ボリューム感や骨格の悩みの解消にも最適なデザインです。

Styling:川畑 健二

② 明るく見せてくれるのに、ダメージは最小限

ハイライトカラーは部分的に明るくします。単色でハイトーンにするよりも髪への負担が少ないため、全体的な髪の傷みを感じることはなく仕上げることができます。もちろんハイライトカラーでも日々のケアは大事ですが、ハイトーンカラーにしたいけど髪が傷むのでは・・・と、悩む方にはおすすめの方法ですよ!

Styling:高石 はるか

ハイライトのデメリット

① 最小限のダメージだけど、それでもやっぱり傷みます

ハイトーンカラーに比べると最小限のダメージで明るい髪色にすることができます。でもハイライトカラーのほとんどは、ブリーチをしてカラーを被せるダブルカラーリングという方法。ブリーチをすること、そして単色のカラーリングよりもカラー剤の塗布回数が増えることで、どうしても髪には負担がかかるのです。

Styling:小幡 元

② パーマやストレートパーマは、難しい・・・

ダブルカラーリングでハイライトを作った髪はダメージを受けています。そこにパーマやストレートパーマを加えると、さらに負担を与えることとなり傷みやすくなります。そのためハイライトを施した髪に、他の施術をすることはおすすめできないのです。しっかりと、美容師さんと相談してヘアスタイルを決めてください!

Styling:今井 亮輔

ハイライトカラーの魅力って?

① やっぱり1番は、立体感を作れること!

立体感ができることで、毛流れを強調しボリューム感を演出できます。ハイライトとはいえ、トーンを調整できるので大人の方でも挑戦しやすく、ボリューム感に悩む方にもおすすめ。

Styling:菊池 真里亜

② ダメージレスにできる、明るいカラー

通常のハイトーンカラーにするよりもダメージを抑えて明るい髪色にすることができます。ベースの髪色は、通常のカラーリングの方法と変わらないので、ダメージを軽減できるのです。

Styling:寺本 裕輔

③ デザイン性はもちろん、色落ちも次のヘアカラーも楽しめる

カラーを変えてもハイライトは違う色味に変わって残るので、それまでとはまた違った雰囲気に。色落ちも、ベース部分の色落ちとは違うので楽しめます。プリンが気にならないデザインも〇。

Styling:森 春菜

④ 白髪を目立たせない

ハイライトを細かく入れることで、白髪をぼかして馴染ませる効果もあります。ボリューム感だけでなく、白髪に悩む方にもおすすめ。トーンは調整できるので、取り入れやすいですよ!

Styling:宮島瑠

【short~long】ハイライトカラーのデザインを一挙紹介!

ハイライトにもたくさんのデザインがあります。今回は定番デザインからおしゃれ度の高いものまで、レングス別にハイライトデザインを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

ハイ&ローで立体感抜群の、大人可愛いマッシュショート

アッシュベースのマッシュショートヘア。レイヤーで動きの出やすいスタイルになっていますが、表面を中心にハイライトとローライトをプラスすることで立体感を作り、柔らかな動きも演出。ハイライトによってトップにふんわりとした髪の動きができるので、ボリュームに悩む方にはぴったりで、大人の方にもおすすめ。

Styling:内藤 隆介

ポイントハイライトで、柔らかフェミニンなショートヘア

ツヤ感や透明感の出る暗めのグレージュカラーをベースに、顔まわりにポイントとしてハイライトを入れたショートヘア。毛先にパーマでくせ毛のようなニュアンスを作り柔らかな女性らしい印象に。顔まわりにハイライトを入れることで、スタイルのアクセントにしつつ、表情が明るくなることでより柔らかな印象に。

Styling:倉繁 麻依

遊びを効かせたハイライトで、ナチュラルウルフ

アッシュベースのウルフスタイル。クセによる髪の動きで、モード感の強くなりやすいウルフヘアもナチュラルでカジュアルな印象に。全体的にクセの毛流れが強調されるようにハイライトを入れていますが、もみあげの耳まわりを中心にハイライトをプラス。遊びを取り入れながら、顔まわりを明るくし自然な柔らかさを。

Styling:森本 英梨

散りばめたハイライトで、大人のラフなおしゃボブに

アッシュベージュをベースにしたショートボブ。シースルーバングで、透け感を作ることでアンニュイで女性らしい雰囲気に。まろやかなアッシュベージュにハイライトを加えて、よりまろやかで透明感のあるカラーに。ラフなスタイリングで全体に散りばめられたハイライトの動きを出して、こなれたナチュラルスタイルに。

Styling:平林 美絵

ゆるやかウェーブ×ハイライトで、アンニュイショートボブに

アッシュベースのショートボブ。ハイライトとローライトを組み合わせた、立体感抜群のスタイルです。さらにゆるやかなウェーブをプラスすることで、ボリューム感と動きを演出しながらぬけ感のある印象に。カラーも髪の動きも自然なデザインですが、外国の少年のようなアンニュイな雰囲気のスタイルに。

Styling:村田 真也

馴染む透明感で大人のぬけ感満載、エアリーボブ

ダークトーンカラーをベースに、ダブルカラーでハイライトを作ったショートボブ。ダブルカラーとは、基本的にはブリーチをした後にベースの色味を被せる手法で、2回カラーリングするということ。この方法でハイライトを作ると、ベースのカラーと馴染み自然な色味や透明感を表現でき立体感を演出することができます。

Styling:森 春菜

ハイトーンカラーも透け感でひと味違う、大人のこなれボブ

ミルクティーベージュのハイトーンカラーのショートボブ。ハイライトもブリーチをしてベージュを入れることによって発色の良いベージュ特有の透明感を演出。ベースはミルクティーベージュでまろやかなカラーなので、同じベージュベースのハイライトはスタイルに馴染み、さらには肌にも馴染み自然な外国人風スタイルに。

Styling:宮迫 微

シンプルヘアだからこそ映える、デザインボブ

シンプルな重めボブで、ベージュのベースカラーにハイライトを入れたスタイル。重めボブにベージュカラーを合わせることで、柔らかく軽やかな印象に。さらにハイライトをプラスして立体感はもちろん、ぬけ感を演出してナチュラルで外国の少女のようなスタイルに。シンプルなボブもカラーデザインでぐっとおしゃれに。

Styling:菊池 真里亜

ハイライトの柔らかな透明感で、大人の王道おしゃれボブ

チャコールグレーベースの前下がりノーバングボブ。全体的に細かくブリーチをしてハイライト部分を作り、チャコールグレーを被せています。ブリーチしてからベースの色味を被せることでハイライトがスタイルに馴染み、自然な明るさを演出してくれます。また透明感が出て、光に当たっても柔らかな優しい雰囲気に。

Styling:立石 雄太郎

透けるダークトーンで、ラフなこなれヘアに

アッシュカラーをベースにしたボブ。アッシュカラーでもダークトーンをベースにすることで落ち着いた印象に。グレー系のハイライトを入れることで、グレーの色味の透明感がスタイルにプラスされるので、自然な明るさと透明感を演出。重く見えやすいアッシュカラーのボブに軽さと柔らかさを作ったぬけ感のあるスタイルに。

Styling:鳴海 紗亜耶

ハイライトの色味がアクセントの、こなれ外国人風ボブ

アッシュカラーをベースにグレージュを組み合わせた、くすみ感のある外国人風ボブ。暗めのカラーですが、グレージュによって透明感を演出。さらに黄色と緑色の中間色と言われるライムカラーをハイライトに使い、アクセントにしつつも明るさを表現。細かくハイライトを入れることで、自然な動きを感じるスタイルに。

Styling:RUMI

極細ハイライトで、透明感抜群の愛されヘア

ホワイトベージュのミディアムヘア。ベージュをベースとした色味の中でも明るく透明感を感じやすいホワイトベージュは単色でも、透け感のあるスタイルに。単色でもハイトーンにできますが白に近い色味に。カジュアルさよりも上品さのあるハイトーンにしたい時には、ハイライトで明るさを調整するのがおすすめ。

Styling:志賀 雅千子

ベージュとベージュで、ヘルシーなカジュアルヘアに

ベージュカラーのレイヤー入りミディアムヘア。レイヤーで毛先に軽さや動きは演出しています。ベージュカラーをベースにすることで、肌に馴染みながら自然なスタイルに。さらに同系色のハイライトを加えて立体感を作りヘルシーでフェミニンな外国人風スタイルに。外ハネのスタイリングでラフ感を作ることでカジュアルに。

Styling:寺本 裕輔

柔らかハイトーンカラーで、大人のアンニュイスタイルに

アッシュグレーをベースに、表面にレイヤーを入れたミディアムヘア。レイヤーをたくさん入れることで、髪の動きや柔らかさを演出していますが、明るめのアッシュカラーでより柔らかな雰囲気に。ハイライト部分はブリーチをしてその上から全体にアッシュグレーを被せているので自然に馴染む、アンニュイスタイル。

Styling:鳴海 紗亜耶

ダブルハイライトで、視線集めるおしゃれヘア

ハチ周りから毛先に向かってカラーリングをしたアッシュカラーのロングヘア。ダブルアッシュという、2回アッシュカラーを被せる方法で透明感のある外国人風のカラーに。さらにダブルハイライトによって、透明感とニュアンス感抜群のスタイルに。グラデーションにもなっていておしゃれ度の高いスタイル。

Styling:橘内 友美

細かなハイライト×大きめウェーブで、大人のカジュアルロング

ブラウンベースのロングヘア。ゆるやかなウェーブをかけているので、柔らかな優しい雰囲気に。細かくハイライトを入れることで、透明感のある明るさに。ウェーブがあることで、細かく入れたハイライトにより動きが出て立体感のあるスタイルになりますが、細かく入れていることでナチュラルで品もあるスカジュアルタイルに。

Styling:斉藤真実子

カラーのニュアンス感で、アンニュイガーリーヘアに

ハイライトを細かくたくさん入れたロングヘア。ダークトーンカラーがベースですが、ダブルハイライトによってスタイルにもニュアンスを作ることができ透け感のあるガーリーなスタイルに。ダブルハイライトとは一度ハイライトを作りさらにハイライトを作ること。より透明感ができ、色落ちのニュアンス感も楽しめます。

Styling:橘内 友美

個性派カラーもベースに合わせて、大人可愛いスタイルに

赤系のカラーをベースにローズピンクのハイライトを入れたショートボブ。ベースが赤系の色味なので、ローズピンクの色味もスタイルに馴染みます。毛先を中心にハイライトを入れることで、顔まわりが明るくなり大人可愛いカジュアルな印象に。ポイントとしてだけでなく、ベースの色味に合わせたコントラストも楽しめます。

Styling:国友 裕子

太めのハイライトがアクセントの、フェミニンマッシュ

ブラウンベースの重めマッシュショート。マッシュヘアはモードになりやすいですが、ブラウンベースの髪色にすることでカジュアルさをプラス。さらにモード感を緩和させるように、前髪を長めに作りバックにレイヤーを入れて動きを出しやすくしています。顔まわりのハイライトを太めに入れることで大人可愛い印象に。

Styling:山口 和樹

大人女子におすすめ、ハイライトカラースタイル

前髪のハイライトで、ボリューム感アップショートに

明るめのブラウン系カラーのショートヘア。前下がりでレイヤーを入れたスタイルです。さらに前髪を長めに作ることで、クールな大人のショートヘアに。前髪にハイライトをプラスすることで、トップに立体感ができボリューム感を演出。明るめのカラーで髪のふんわり感も感じさせます。ボリューム感に悩む方にはおすすめのデザイン。

Styling:内藤 寛人

大人女子は透明感で、上品でエレガントに

グレーアッシュがベースのショートヘア。髪に長短をつけながらカットすることでふんわりとした質感を作り、トップにボリューム感を持たせたスタイルです。トップにボリュームができることで、大人のエレガントで上品な雰囲気に。グレイアッシュにハイライトを作ることで、赤みを感じさせない透明感のある仕上がりに。

Styling:深津 純子

ハイライトでもっと、美シルエットボブに

ベージュベースのショートボブ。中間から毛先にかけてハイライトを入れてさらにグラデーションカラーにしています。ハイライトとグラデーションカラーを組み合わせることで、立体感のあるスタイルに。重めのボブですが、明るいカラーをベースにすることで髪の柔らかさとふんわりとした質感を演出しています。

Styling:老田 賢司

ハイライトのおかげで、アレンジがいつもよりおしゃれに!

ちらっと見えるハイライトが、こなれ編み込みに

ラベンダーべージュをベースにしたロングヘア。ハイライトを細かく入れて、さらにグラデーションにしています。ウェーブがあることで細かなハイライトによる動きやコントラストを感じることができます。また編み込みのアレンジによって、ダークトーンとハイライトの部分が混ざり合ってぬけ感のあるスタイルに。

Styling:杉山 響

コントラストが楽しめる、ハーフアップメッシーバン

アッシュベージュをベースに表面と毛先にハイライトをプラスしたロングヘア。ハーフアップによって内側の髪色が見えてコントラストを感じやすくこなれた印象に。お団子を崩したメッシーバンアレンジにすることで、より髪のコントラストを楽しめます。毛先のハイライトもウェーブと揺れ感で透け感を感じるこなれヘア。

Styling:吉田 茜

さいごに

ハイライトカラーのヘアスタイル、いかがでしたか?ハイライトは可愛いくておしゃれなだけではありません。髪の悩みを解消する効果もあるんです!おしゃれヘアなのに、悩みを解消できる魅力満載のカラー。いつものスタイルにハイライトを取り入れるだけでも〇!年齢関係なく取り入れやすいので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

written by satomaoko

役に立つ、わかりやすい、そんな情報をお届けしたいと思います。

注目のテーマ