トップスタイリストに聞いた!髪のお悩みQ&A~ヘアケア編~

男女ともに髪の悩みは尽きないものですよね!どんなスタイルにしようかなという悩みから、ヘアアレンジやスタイリング、ヘアケア、スタイリング剤、シャンプーなどなど、あげたらキリがないと思います。そんなたくさんあるお悩みの中から、今回取り上げるのはヘアケア!カラーやパーマ、紫外線などたくさん髪の毛をいじめてきた歴史が髪についあらわれてしまいがち…。大切な髪を少しでも労わるためには?少しでもサラサラヘアに戻すには?…聞きたいことはたくさんあるはず。そんなお悩みをトップスタイリストに答えて頂きました!すぐにでも実践できるタメになることばかりですよ♪


writer yuzumiozaki | 2017年1月17日更新

ヘアカラーでの痛み改善には?

Q.ロングヘアでブリーチにカラーもしています。痛みが半端ないです。切れ毛、枝毛が目立ちます。トリートメントで生き返らせることってできますか?

答えて頂いたのは、RITZ在籍の上原卓也さん。

 

A.髪の毛は基本的に再生機能が無いので、完全に生き返ることはありません。その代わり手触りの改善、質感の改善は可能です。ぜひご相談ください。

RITZサロンページへ

 

トリートメントの頻度は?

Q.ヘアカラーをしています。サラサラ髪を保つためには、サロンのトリートメントを受ける頻度はどのくらいが必要ですか?

答えて頂いたのは、bloc在籍の今野裕太さん。

 

A.髪の状態にもよりますが、カラーした日に一度トリートメントして、7日から10日に一度くらいのペースで施術すると、持続しやすいです。次回のカラーリングの時にも良い状態で施術できます。また、コスト的にサロンのトリートメントは高いので、同じコスト位でトリートメントを購入して、5日に一回くらいお風呂でやれると良いです。髪質とご予算で選んでみてください。

 

blocのサロンページへ

簡単にできるホームケアは?

Q.髪が傷みやすいです。自宅で簡単にできるヘアケアを教えて下さい。

答えて頂いたのは、gokan omotesando在籍の古川稔哉さん。

 

A.まず髪質ですが、傷みやすい髪質と傷みにくい髪質とあります。傷みにくい髪質の人は、何をやっても傷みませんが、弱い髪質の方は、シャンプー剤とトリートメント剤がとても大切です。毎日のことなので、質の高い髪質に合ったものをチョイスすることが重要です。簡単に考えれば、傷みやすいということは弱いもしくは弱っている状態なので、使用することで強くなるものを選ぶことです。チョイスに関しては、やはり担当しているスタイリストの方と一緒に選ぶことが一番失敗が無いと思います。簡単化はわかりませんが、日々使うものの積み重ねが一番確実だと思います。美に関しては一日にしてならずといったところでしょうか。

 

gokan omotesandoのサロンページへ

傷んだ髪をツヤツヤにするには?

Q.カラーリングで傷んだ髪をツヤツヤにスタイリングするにはどうしたら良いでしょうか。

答えて頂いたのは、CANAAN在籍の新井智美さん。

 

A.乾かす前と、仕上げにオイルトリートメントをつけることにより、ツヤ感とうるおいを与えながら、まとまりのある髪に仕上がります。モロッカンオイルがおススメです。

 

CANAANのサロンページへ

ドライヤーで乾かす時にいいのは冷風?温風?

Q.ドライヤーで乾かす時、冷風を使えば髪へのダメージって軽減できますか?今、ロングに伸ばし中なので、なるべく傷ませたくないです。

答えて頂いたのは、RITZ在籍の菅沼貴紘さん。

 

A.ダメージの軽減はできます。キューティクルをしっかりと、収斂させることはとても大切です。しかし、現状よりも傷ませないようにする行為なので、水分補給にトリートメントをして、ケアにヘアオイルなど、髪のメンテナンスを充実させることも必須です。

※きちんと乾いていない状態は傷む元です。あくまできちんと乾かすことが前提です。

 

RITZのサロンページへ

お風呂から出た後のコームってあり?なし?

Q.洗ったばかりの濡れた髪をコームでとかしたら痛むんですか?真っ直ぐになって、乾かしやすいのでずっとやってました。この間友人にいわれて驚いています。教えてください。

答えて頂いたのは、AND在籍の渡辺香織さん。

 

A.濡れた髪は非常に傷みやすい状態です。 ムリなコーミングは傷みの原因です。オイルなどですべりを良くして、粗いコームでザックリとかすのがおすすめです。

 

ANDのサロンページへ

髪の絡まりをなんとかするには?

Q.髪の毛がすごく絡まります。おかげで朝ブローするとき大変です。対処法を教えて下さい。

答えて頂いたのは、VISAGE GINZA在籍の吉川いずみさん。

 

A.夜寝る前にしっかり乾かしましょう。ナイトケアの流さないトリートメントを付けてから寝ると、枕との摩擦を軽減できます。

 

VISAGE GINZAのサロンページへ

yuzumiozaki

written by yuzumiozaki

とにかく個性的なスタイルが大好きで、ヘアアレンジ、ヘアカラーなどの研究は欠かさない。周りとは一味違う可愛いを研究し、多くの方がたくさんの可愛いと出会える情報を発信していきます。

注目のテーマ