赤リップ映えするヘアカラーって?似合わせやすいヘアカラー&メイクをご紹介♡

今回は、赤リップの似合わせ方をご紹介!はっきりと主張した赤リップは取り入れるのが難しいと思っている方もいるはず!そこで、自分は似合わないと考えている方でも似合わせやすくするポイントを徹底解説していきます。


writer syuta | 2018年6月18日更新

主役にするのは、赤リップ!

必要なのは、カラーのバランス感であり足し引き!

肌のトーンによって合う色味があります!

一概に赤と言ってもいろいろな色味の赤があります。はじめに自分の肌色と合った赤リップを選定してみましょう!ここでは、自分の肌色の見分け方やその肌色に合う色味の赤は何かを紹介していきます!

日本人はイエローベースとブルーベースが多い

日本人女性に多いベースカラーが大きく分けてイエローベースブルーベース。今回はこの2つのベースカラーで分けてみていきます!

イエローベースとは

イエローベースの見分けポイントは、

①腕の血管が緑色に見える

②肌が黄色っぽい

③日焼けすると黒くなる

などがあります。

イエローベースに合う赤は!?

そんなイエローベースの肌の方に合う赤は、少し黄味のあるオレンジレッドです!イエローベースの血色の肌を生かしていきいきとした印象に。逆に青みのある赤リップを使ってしますと老けた印象を与えやすいので避けたいところです。

ブルーベースとは

ブルーベースの見分けポイントは、

①腕の血管がに見える

②肌が赤みある色

③日焼けすると赤くなる

などがあります。

ブルーベースに合う赤は!?

ブルーベースの肌の方に合う赤は、青みのある紫がかった赤です!透明感のあるブルーベースの肌をより綺麗に見せやすくなります。

似合わせにおいて、自身のベースカラーを見分けて相性の良い赤リップを見つけることからだと思うのでここはとても重要ですね!

ヘアカラーは黒髪やダークブラウンが合わせやすい!

大まかに大人なイメージにしたい方は黒、可愛さのあるイメージにしたい方はダークブラウンを選ぶと合わせやすいはずです!

ブラック

黒髪に赤リップがとても映えています。他のメイクはとてもナチュラルでも、赤リップ1つで一気に大人っぽくセクシーなイメージになっています。

黒系のカラーで統一して、より赤リップが主張されています。浮きすぎてしまいそうですが、リップの質感をマットでラフめにすることでトータルでバランスのとれた仕上がりに!

ダークブラウン

ナチュラルなダークブラウンのヘアカラーに赤リップで女性らしい可愛さのある印象です。ほんのりナチュラルに馴染んだチークも強すぎずいいバランス感を保っています。

こちらもダークブラウンのヘアカラーに赤リップの組み合わせ。他のメイクの色味をしっかり抑えて赤リップの程よい主役感が出ています!ふんわりと動きのあるボブに合わせてとても可愛い仕上がりです!

他のメイクはナチュラルが基本!

主張の強い赤リップと似合わせるには他のメイクはシンプルでナチュラルにするのが一番の近道。使うカラーのバランスがポイントです!

 

アイメイクはブラウン系のカラーがおすすめ!

目元は肌に馴染みやすいブラウン系のカラーをチョイス!ブラック系でも合いますが、黒と赤のコントラストはキツめに見えがちなのでブラウン系をおすすめします!

チークはほんのり赤がおすすめ!

チークは赤・ピンク系のカラーがよく合います。赤リップは大人っぽい印象が強いので、ほんのり赤やピンクをチークで入れることで可愛らしさをプラス。

リップの質感でも印象が変わります!

”質感”は似合わせにおいてかなり見え方を変えるのでとても重要なファクターだと思います。ツヤマットの質感に分けてみていきます!

シアータイプの赤リップ

ツヤのあるシアータイプはふっくら見せやすく可愛らしい印象にしたい時におすすめです。

マットタイプの赤リップ

マットな質感のリップは、発色がよくそのままの色が出せるのが魅力です。とても大人っぽくクールな印象にしやすいと思います。発色がいい分シアータイプより似合わせは難しいです。

 

ポイントとしては、強調しすぎないように指でたたいてのせていく塗り方がおすすめです。

syuta

written by syuta

進学のため福島県から上京。大学を経て、現在は都内の美容専門学校へ通う。好きなことは、美容と服とギョーザ。美容学生の目線とファッション好きの観点で書かれた記事が人気!

注目のテーマ