【前髪×三つ編み】湿気が多い日は三つ編みで決まり!簡単アレンジで夏を乗り越えよう!

雨の日や、梅雨の時期の最大の敵は湿気ですよね。せっかくヘアスタイルをつくってもすぐ崩れてしまったり、うねってしまったり気分が上がらない方も多いはずです。今回は湿気の多い日に使えるおすすめのヘアアレンジを紹介していきます!ぜひ参考にしていただき、湿気の多い日でも崩れることを気にせず気分良く出かけていただきたいです!


writer syuta | 2018年6月13日更新

雨の日や梅雨時期の湿気対策

雨の日や、湿気が多い梅雨の時期はヘアスタイルがうまくきまらず気分が上がらないですよね。皆さんはヘアスタイルの湿気対策は何かしていますか?今回はそんな悩みを少しでも解消できるヘアスタイルの湿気対策として三つ編みを紹介いたします!

三つ編みのメリット

三つ編みをすることでこれらを解消しやすくなります!くせが出やすい前髪や顔まわりも編み込んでしまえば、湿気による崩れを気にすることなく一日過ごせるはずです!

基本の三つ編みのやり方

ここでは、通常の基本的な三つ編みのやり方と少し応用した編み込みのやり方を紹介していきます。よく使われるアレンジでもあり、この2つができれば他のアレンジとの組み合わせでも様々なヘアスタイルができるのでぜひ習得してみてください!

三つ編み

毛束を3つに分けて編んでいきます。手順に関しては字で理解するより見よう見まねでやったほうが分かりやすいと思うので動画を参考にしてみてください。ポイントは指の使い方です!

編み込み

ベースの動きは三つ編みと同じですが、毛束を交差する際に下の髪を好みの量取って一緒に編んでいくアレンジです。頭皮に沿って編み込まれていきます。下の髪を取る量や幅によって仕上がりのイメージが変わってくるので、つくりたいイメージに合わせて調整してみてください!

スタイリング剤による下処理でよりまとまりやすく!

髪全体にワックスや、洗い流さないトリートメントなどを付けることで、スタイリング剤がコーティングの役目となり湿気が髪に入りにくくしてくれます。一手間加えるだけで1日のコンディションが変わるのでぜひ試してみてください!

前髪も編んだ三つ編みのスタイルイメージ

湿気の多い日には、前髪や顔まわりも三つ編みで憂鬱な気持ちを解消しましょう!

前髪も顔まわりの髪も編み込んでルーズに引き出したヘアアレンジです。最後に結び目にバンダナを巻いて結び目を隠しつつオシャレな仕上がりに。

Styling:高岡 世良

こちらのスタイルは後ろで完全にまとめていますが、ポニーテールなどを使っても可愛くなると思うので参考にオリジナルのアレンジを楽しんでください!

Styling:平林 美絵

無造作なアレンジなので、髪が多少湿気の影響を受けてもスタイル的には問題ないですね!つくりやすくオシャレなアレンジなので初めての方でも取り入れやすいと思います。

Styling:芦馬 達徳

このスタイルのように小物が映えるアレンジなので、好みのヘアアクセサリーを付けて湿気の多い日でも周りと差をつけたいところですね!

Styling:今井 里花

syuta

written by syuta

進学のため福島県から上京。大学を経て、現在は都内の美容専門学校へ通う。好きなことは、美容と服とギョーザ。美容学生の目線とファッション好きの観点で書かれた記事が人気!

注目のテーマ