髪の紫外線対策怠っていませんか?日焼け止めスプレーで髪の日焼けをしっかり予防しましょう!

これからどんどん暑くなり肌の日焼けを気にしだす時期かと思いますが、意外と見落としがちな髪の紫外線対策。肌はもちろん髪の毛にも紫外線は悪影響を及ぼします。怠ると髪の毛に様々なトラブルが現れやすくなります。その前に今年の夏はこちらを参考にしっかり対策していきましょう!


writer syuta | 2018年7月12日更新

紫外線による髪の毛の日焼けとは?

紫外線によって髪がダメージを受けると聞いたことがある方は多いと思います。紫外線を受けて髪が日焼けすることは知っていても、軽視して対策をしている方はとても少ないと思います。まず紫外線により髪にどんなダメージがあるかみていきましょう。

 

ちなみに髪が紫外線を受ける量は顔の3〜5倍と言われています!!そして5月から9月は紫外線量がとても増えるシーズンです!

キューティクルが剥がれる

髪の毛は3層構造でできていて、内側からメデュラ、コルテックス、キューティクル で構成されています。一番外側で表面にあるのがキューティクルで、これはほとんどの方が知っていると思います。

 

キューティクルは髪の保護膜の役割を担っています。また、さらにキューティクルが5〜6枚の層になっています。これが手触りや見た目などに関わってきていて、紫外線を浴びるとキューティクルが剥がれやすくなり髪がゴワついたり、パサついて見えたりしてしまいます。

変色したりカラーが落ちやすくなる

髪の色は内部のメラニン色素が影響しています。紫外線はこのメラニン色素を分解してしまいます。メラニン色素が分解されてしまうと髪の色が褪せて赤茶のような色になりやすいです。ヘアカラーやパーマをかけている髪はよりダメージを受けやすく退色しやすくなっているのでより注意が必要です。

頭皮もダメージを受けます

紫外線は髪の毛だけでなく頭皮にも影響を及ぼします。髪の毛をつくる細胞や、色をつくる細胞にも影響が出ると、薄毛や抜け毛、白髪の原因にもなります。

髪の毛を根本的に構成しているのは頭皮なのでケアは必須です!

紫外線とは?

そもそも紫外線とは何なのか。紫外線は人の身体に悪い影響を及ぼすというイメージはあるかもしれませんが、紫外線がどんなものか知っている方は少なと思います。ここでは紫外線がどういったものなのか簡単に解説していきます。

紫外線は太陽からの日射の一部です

太陽からの日射は、可視光線・赤外線・紫外線の3種類あります。可視光線より波長が短い電磁波で、可視光線とは違い肉眼では見えない光線です。可視光線というのは、いわゆる「赤(せき)」「橙(とう)」「黄(おう)」「緑(りょく)」「青(せい)」「藍(らん)」「紫(し)」と言われる虹色のことであり、この光線の紫のより外側が紫外線です。

紫外線は3種類あります

紫外線はA波・B波・C波と3種類あり、私たちが受けているのはほとんどがA波とB波です。

 

A波は太陽光線の約90%を占めていて1年を通して紫外線量はあまり変わらなく一番害がないと言われていますが、長時間浴び続けると肌の真皮まで浸透していき、シミやシワの原因になります。

 

B波は約10%ほどしか含まれませんが肌表面にとても悪影響を及ぼします。炎症を起こしたり、老化、健康被害にも影響が出ます。頭皮に影響が出ると髪の毛にまで悪い影響が出るので何とか防ぎたいところです。

 

C波はオゾン層に吸収されるのでほぼほぼ影響を受けることはありません。しかしC波は生物に最も有害とされています。オゾン層破壊により私たちに影響を及ぼすことが懸念されていますね。ちなみに、紫外線殺菌はこのC波を利用したものです。

紫外線の予防策

軽視している方も多いと思いますが、紫外線はかなり怖いもので肌はもちろん髪にまで悪影響を及ぼします。日々気をつければ予防できるので、ここでは対策法を紹介していきます!

帽子を着用する

一番手軽な方法は帽子の着用です。物理的に遮断してくれますし、オシャレアイテムとしても使えます。夏場は蒸れやすいので通気性の良い麦わら帽子などもおすすめです!

日傘をさす

日傘も手軽な予防策の1つです。UVカット素材を選ぶことが多いと思いますが、一番気をつけたいのが地面からの照り返しです!上からは遮断できても照り返しを受けていては意味がありません。ポイントは傘の裏側で、裏が黒のものを選ぶのが良いでしょう!黒は照り返しを吸収してくれるので紫外線をカットしてくれます!

日焼け止めを使う

夏場は欠かせないのが日焼け止めですよね。今回は髪への紫外線対策ということで、髪にも使えるスプレータイプの日焼け止めをおすすめします。日焼け止めに着目して、次はスプレータイプの日焼け止めの選ぶポイントやおすすめの商品を紹介していきます!

スプレータイプの日焼け止めの選び方

スプレータイプの日焼け止めはクリームタイプなどの日焼け止めよりも刺激が強いものが多いので、肌への負担が少ないものを選びたいです。

 

日焼け止めに書いてある「SPF」や「PA」という表記を見たことがあると思います。これは、SPFは数値が高いほど紫外線カット効果が強く、PAは「+」の数が多いほど紫外線カット効果が強いということを表します。紫外線カット効果が強くなるということは、肌への刺激も大きくなるということなので強いものが良いとは一概には言えません。長時間野外で活動したりするなら強いものがいいかもしれませんが、普段の生活で使うなら肌に負担をかけない「SPF」「PA」が低めのものを選ぶといいと思います!

 

SPF10~50まであり、PAは「+」の数が1~4個まであります。普段使いでしたら、SPF20~30PA++くらいが目安だと思います。それぞれの役目は、SPFが紫外線B波、PAが紫外線A波を防ぎます。

髪にも使えるおすすめのスプレータイプの日焼け止め

最後に、上でも説明したように普段使いに最適な肌への負担が少なく髪にも使えるおすすめのアイテムを紹介していきます!

ママバター UV ケアミスト アロマイン

ブランド名:ママバター 

商品名: UV ケアミスト アロマイン

価格:¥2,160

シアバター配合で肌に潤いを与えながら日焼けによる乾燥も防いでくれるミストタイプの日焼け止めスプレーです。天然由来のUVカット成分なので敏感肌の方でも安心です。

ハーバルガーデン SPF スプレー

ブランド名:ハーバルガーデン

商品名:SPF スプレー

価格:¥980

お母さんの声から生まれた日焼け止めスプレーでお子様にも使えます。最大のポイントは、天然ハーブ由来成分を含んでいて虫よけにもなります!お子様も使えるのでもちろん大人でも使える優しい日焼け止めスプレーです。虫の多い夏場やレジャーなどで活躍するはずです!

イーデナチュラ UVケアミスト

ブランド名:イーデナチュラ

商品名:UVケアミスト

価格:¥1,728

天然由来成分が86%で敏感肌でも安心して使える日焼け止めスプレーです。ノンケミカルで肌にやさしい成分なので石鹸で洗い流せます!髪だけでなく肌への影響も考える方におすすめです!

ラサーナ 海藻 UVスプレー

ブランド名:ラサーナ

商品名:海藻 UVスプレー

価格:¥2,050

海藻エキス、保湿成分を含んでいるので潤いを保ちながら紫外線からも髪を守ってくれます。また、ジャスミンと洋ナシの女性らしい香りも人気です!コンパクトサイズなので持ち運び用にも最適です。

syuta

written by syuta

進学のため福島県から上京。大学を経て、現在は都内の美容専門学校へ通う。好きなことは、美容と服とギョーザ。美容学生の目線とファッション好きの観点で書かれた記事が人気!

注目のテーマ