ヘドバンしてもOK!?ライブ参戦にぴったりの髪型とは

ライブは好きなアーティストに会えるだけに、いつもより気合を入れてオシャレしますよね♪でも、髪型はライブのシチュエーションを考えて、崩れにくい髪型にしなければいけません。今回は、オシャレだけど崩れにくい、ライブ参戦にぴったりの髪型をご紹介します♡特にロングヘアの方、必見です!


writer renass1123 | 2018年7月27日更新

ライブの髪型のポイントは崩れにくさ!

ライブでは髪型が崩れやすい・・・

ライブでは頭を振り乱したり、ぴょんぴょん飛び跳ねたりなどと、運動量が多くなりますよね。そうなると、何もしなければ髪はぐちゃぐちゃに乱れます。ぐっちゃぐちゃになるまでが楽しい!という方も中にはいるでしょうけど、どうせならライブを楽しみながらもオシャレな髪型はキープしたままが良いですよね。

崩れにくいまとめ髪でライブ参戦しよう

トレンドの後れ毛たっぷりのルーズな髪型は、崩れやすいのでライブ終了後にはぐちゃぐちゃな状態になりやすいです。また、髪を下ろしたままなのも、夏のライブでは特に要注意。髪が乱れて汗ばんだ肌にくっつくと気持ち悪いですよね。肩のラインより長い髪なら、まとめ髪にして動き回っても邪魔にならないようにしましょう。

髪を高い位置でまとめるのはNG?

まとめ髪というと、高い位置のお団子が可愛くて人気ですよね。でも、高い位置のお団子はライブ会場で後ろの人の視界の邪魔になる可能性大。まとめ髪は、高い位置でまとめる髪型は避けましょう。オススメは、下の位置でまとめるヘアアレンジ。ローポニーテールや編み下ろし、シニヨンがオススメです。

快適さナンバーワン!ショートのライブ向け髪型

オールバック風アレンジでクールに

前髪をアップにして、オールバック風にボリュームを持たせています。ロックな雰囲気で、ライブという特別感のあるシーンにぴったり!ハード系のワックスで思いっきり前髪をアップにして、毛先をねじってピンで留めるだけ。全体はショートヘアなので、そのままでも大丈夫♪仕上げにハードスプレーをかければ長時間崩れません♡

Styling:小熊 萌子

スカーフでぐるっと簡単まとめ髪

ショートならそのままスカーフを巻きつければ、ゴムやピンなしでまとめ髪風のアレンジに。ショートボブなら、えりあしの髪をねじってピンで留めると、スッキリして動き回っても首回りに髪がくっつかないでしょう。

Styling:高岡 世良

パンクな前髪アレンジで個性的に!

前髪を中央に集めて、ボリュームを持たせてリーゼント風アレンジに。全体の髪はウェット系スタイリング剤をもみこみ、後ろに向かってなで付けるようにスタイリング。パンクな髪型でライブ会場でも視線を集めること間違いなし!

Styling:山口 和樹

 

ボブ、ミディアムにもできるまとめ髪でライブ参戦!

ねじってまとめてスッキリアップ風アレンジ

肩上のボブは後ろでまとめると後れ毛がたくさん残ってしまいますよね。そこで便利なのが、ねじってピン留めして作るアップ風アレンジ。顔まわり、えりあしそれぞれねじってピン留めするだけ。

Styling:坂本 愛有

スカーフでカチューシャ風アレンジ

スカーフをカチューシャをつけるようにセット。まとめ髪アレンジができない短さのショートボブでも、スカーフを巻くだけだから簡単!崩れ防止にもなります♡

Styling:青田 一宏

後れ毛をカールさせてふんわりニュアンス♡

スカーフやバンダナを巻いて、ほんの少しだけ後れ毛を出します。その後れ毛をコテでカールさせ、クルンとさせるだけで可愛い♡前髪や全体は後ろでまとめているので、汗をかいても首回りに髪がべたっとくっつかないから楽チン♡

Styling:横山 七恵

ウェーブボブはサイド留めでスッキリと!

髪全体をコテでウェーブ巻きに。サイドを耳かけして、大きめのバレッタで留めます。左右非対称のシルエットがこなれてる♡顔周りがスッキリするだけで、だいぶ動きやすくなりますよ!

Styling:杉本 恭子

両サイド編み込みで大人可愛く♡

編み込みアレンジはしっかり編み込めば崩れにくいので、ライブ参戦の髪型にはぴったり!顔まわりの髪を編み込んで、耳下あたりでピン留めするだけ♪

Styling:坂本 愛有

ギブソンタックで首回りスッキリ!

肩下の長さのミディアムなら、毛先を折りたたんでまとめるギブソンタックがオススメ。編み込みを加えれば崩れにくさがアップするから、ライブ参戦しても安心です。耳上の髪をざっくり編み込んで、後ろでひとまとめに。えりあしから後頭部の髪を少しずつ内側に巻くように折りたたんで、左右をピン留めすれば完成です。

Styling:井上 博美

ロングは重心下のまとめ髪が正解!

ポニーテールは低め位置で結んで大人っぽく♡

ライブ参戦の髪型の中でも人気が高いポニーテール。低い位置で結べば、後ろの人の視界の妨げにもなりません。まとめる前にコテで結んでおくと、まとまりやすいですし後ろから見ても綺麗。毛先を内巻き、外巻きとミックス巻きにすれば、ボリュームのある毛束になって華やかです。顔まわりの後れ毛は少し残して、コテでカールさせましょう。

Styling:遠藤明美

玉ねぎ結びでさりげなくオシャレに♡

ひとつ結びなら、ゴムとゴムの間にある髪をゆるめ、ふんわりとした玉ねぎのようなシルエットのアレンジに。普通のポニーテールを作ったら、中間をゴムで結び、ゴムとゴムの間の髪を丸みができるように緩めるだけ。玉ねぎ部分以外の髪は、コテでカールさせればさらにオシャレ♡

Styling:星野 菜美

 

リーゼント前髪×三つ編みポニーテール

前髪をざっくりとアップにして、ボリュームを持たせるようにセットします。ハード系のワックスを使うと便利。全体の髪はサイドに寄せて、根元から編み込むか、できなければポニーテールを作ってからくるりんぱします。あとは毛束を三つ編みにするだけ。編み目は少し緩めると可愛いですよ。

Styling:木暮 智大

三つ編みの編み下ろしで後ろ姿も可愛い♡

トップから編み込んでから三つ編みにするのは難しいですが、くるりんぱを使えば簡単!耳上の髪を後ろでまとめてくるりんぱ。後頭部の部分もくるりんぱ。あとは全体の髪を三つ編みにするだけ!くるりんぱを重ねることでより崩れにくくなり、ライブで動き回ってもぐちゃぐちゃになりません。

Styling:永田邦彦

 

シンプルな編み下ろしはヘアアクセサリーで遊ぶ

せっかくのライブですから、普段はつけられない大きなヘアアクセサリーを飾ってみても良いでしょう。編み下ろしの後頭部の部分に、大きなリボンバレッタをつければ可愛い♡

Styling:永田邦彦

ライブは髪型にこだわって思いっきり楽しもう♡

年に数回しかライブに行けない、という忙しい女性は多いと思います。だからこそ、ライブはオシャレに気合位を入れたいですよね。でも髪型はまず崩れにくさが大事。崩れにくいまとめ髪で、最上級のオシャレヘアを楽しんでください♡

Styling:遠藤 晋

renass1123

written by renass1123

現在日本化粧品検定の勉強中!美容オタクだけどずぼらな美容ライター。不器用さんでもできるヘアアレンジや、お手軽美容ネタをお届けします♪

注目のテーマ