【徹底解説】悩める童顔さんに伝えたい!大人な女性に魅せるテクニック❤︎

女性は若く見られたいと思っていると考えている人はたくさんいると思います。しかし、意外にも若く見られることを悩んでいる人もたくさんいるんです。初対面の人から若く見られたり、お酒を買うときにいつまでも身分証の提示を求められることも。社会人生活を何年も送っているのに、スーツを買いに行ったときに新入社員に間違われたりと、突っ込みどころ満載です。メイクなのか服装なのか髪型なのか、もしかして性格が影響してるのか? など、悩みはつきません。そんな悩める女子に、大人っぽく魅せるポイントをお伝えします。


writer YUU | 2019年2月22日更新

周りから若くみられる原因を探ってみよう

周りの友人や家族に自分の印象を聞くのが良いとは思いますが、実際面と向かって言われると思った以上にショックを受けて、なんなら嫌いにさえなることさえあります。なので、初対面の人にさらっと聞いてみたり、自己分析をする等、ぼんやりとでもいいのでなぜ若くみられるのかイメージしてみて下さい。若くみられるのは悪くない、むしろ良い! と思うのであればそれも良し、自分を変えたいと思うのであればこの記事をぜひ読み進めてくださいね!

あなたが若く見える4つの特徴とは?

童顔で若くみられやすいという方は多いと思います。実際どんな顔の人でしょうか? 一番わかりやすく特徴を捉えているのは赤ちゃんです。そのポイントを4つご紹介します。

 

< POINT >

①目・鼻・口がキュッとまとまっている

②輪郭はふっくらとした丸みを帯びている

③おでこが広い

④肌がもちもちして、シワがない

ここから分かるように、丸顔で、頭頂部と目の上(額)が長い人や、目が大きくて顔のパーツが内側にまとまっている人は若くみられやすい傾向にあります。では、どうすれば大人ぽく見せることができるのか具体的なポイントをご紹介します!

 

若くみられる私を大人の女性に変える視点とは

メラビアンの法則によると、相手に与える印象の55%は視覚情報、つまり見た目だと言われています。『人は見た目が9割』という本が出るほど見た目の印象は重要です。ヘアスタイルでいうと、前髪を変えるだけで大きく印象を変えることができます。髪型だけではなく、メイク、ファッションも含めて考えていきましょう。

Styling:山村 雄貴

Hair&Esthe HIROIN 西麻布本店

ご予約:050-5272-3738

髪型を変えて大人っぽく魅せる4つのポイント

1. 前髪を作らずに縦長のラインを強調させる

大人な女性をめざしているのであれば、前髪を作らないことをお勧めします。そうすることで、顔を縦長に見せることができ、童顔の代名詞とも言える丸顔のわ印象をカバーすることが出来るのです。モデルさんのように凛としてクールな印象にしたいのであればストレートに、グラマラスな印象にしたいのであれば髪を巻いて動きを出しましょう。

Styling:百冨 友香理

bloc

ご予約:050-5871-6854

2. 求心顔から遠心顔に変化させてみよう!

初対面の方とは挨拶から始まりますが、人は相手の顔を見ます。顔の正面が人に与える印象は大きいです。つまり、前髪、顔周りの髪がどうなっているのかがとても重要なのです。前髪を作るときは幅を広くつくると大人っぽい印象になります。幅を広くすることに抵抗がある人は、狭くして顔周りの髪を耳にかけても大丈夫です。そうすることで、顔のパーツが遠心的にみえるので若い印象を少なくすることができます。

Styling:葛谷 英司

GINZA PEEK-A-BOO 並木通り

ご予約:050-5829-2386

3. 巻き髪にするなら毛先を内巻きに

ストレートだけではなくてパーマやコテ巻き、くせ毛など動きを出すスタイルが好きな方もいらっしゃると思います。そんな時のワンポイントアドバイスとして、内巻きにすることをお勧めします。まとまりが出るので、清楚で落ち着いた印象に見せることができます。

Styling:鈴木 謙太

FORTE GINZA

ご予約:050-5871-6573

4. 大人な透明感たっぷりなアースカラーにしよう

アースカラーはご存知でしょうか? これは大地や空、緑、海を感じさせるカラーと定義されていて、ブラウン系やオリーブなどの深いグリーン系の色のことを言います。秋らしい色という方がイメージがつきやすいかもしれません。明るい色も素敵ですが、落ち着いたダークトーンをチョイスした方が大人な女性に見えます。

Styling:瀧野 達彦

Belle omotesando

ご予約:050-5871-6843

大人な3つのメイクテックニックを使おう

1. 目尻より少し長くラインを引いてみる

目が大きく見えるのも若く見えるポイント。目がクリッと大きい方は目尻にアイラインを引いて縦長に見せましょう。

Styling:木村優介

TIECHEL

ご予約:050-5269-3987

2. 眉毛を描く時は横幅を意識しよう

顔のパーツが中心に集まっているので、遠心顔に近づけてみましょう。眉毛を長くすることで、顔をシャープに見せることができます。長さは、目尻と小鼻の延長線まで書きます。

3. シェービングを入れることによって顔をシャープに見せる

髪の毛でシャープさを出す場合、少し前のIKKOさんのように頬ぼねの延長線上のラインに繋がるような髪型にするテクニックもありますが、奇抜なスタイルなのであまり現実的ではありません(個性的な髪型を好む方にはお勧めです)。こんな時はメイクのテクニックを使っていきましょう。顔まわりにシェービングを入れることでシャープな印象を与えることができます。

服装を変えることで雰囲気を変えてみよう

1. デコルテを綺麗に見せる服を選ぼう

鎖骨を見せる服を着ると、縦長効果があるので大人っぽく見せることができます。デコルテを綺麗に見せる服はたくさんありますので、自分の好みのものを探してみてください。

2. ロングカーディガン×ジーンズ

ロングカーディガンも縦長効果のある大人アイテムの一つ。ジーンズと合わせることでカジュアルで飾らない印象になります。

話し方を意識することで印象を変えてみる

皆さんは若くみられる原因をあげるときに、見た目や自分から話す内容に意識が行くのではないでしょうか? 実際それも大切なのですが、表情や話し方も大切な要素です。これは聴覚情報と呼ばれ、人を印象づける構成要素の38%を占めます。例えば声の大きさやトーン、口調や速さなど。早口の人は少しゆっくり話してみるだけでも印象を変えることができるかもしれません。

Styling:立石純也

CANAAN

ご予約:050-5851-9041

テクニックは活用してもらいたいですがやり過ぎ注意!

先ほども申し上げた通り、人の印象を決める要素は、視覚情報、言語情報、聴覚情報の3つです。このバランスが悪いときに人は違和感を感じます。例えば社会人5年目の人が女子高生の間で流行している言葉を使うなど。良いか悪いかではなく、人は違和感を感じるのです。自分の程よいバランスを見つけてみてくださいね。

Styling:半田 幸子

ASSORT TOKYO

ご予約:050-5871-6577

さいごに

髪型、ファッション、メイクとポイントをお伝えしてきましたが如何でしょうか? 少しずつでも変化を起こすことで周りの反応が変わってくるはずです。是非楽しんでチャレンジしてみてくださいね。

YUU

written by YUU

岡山出身で社会人から上京。結婚してふたり暮らしの元美容師。 休日はカフェや雑貨屋さん巡り。ホットヨガをこよなく愛する。 美容の楽しさをみなさんに配信。

注目のテーマ