【Anne’s hair】映画『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイな髪型で目指す上品ロング♡

日本でも人気を集めるアメリカの女優、アン・ハサウェイ。彼女がショートヘアにした時は、日本でも注目が集まり話題になりました。彼女の出世作となった映画『プラダを着た悪魔』は公開から10年経った今でも人気の映画で、劇中の彼女の髪型はシンプルでありながらも何だかムーディーなロングヘア。実は日本人女性にもぴったりなこの髪型について、詳しく解説していきます。


writer satomaoko | 2019年1月16日更新

アン・ハサウェイってどんな人?

【profile】

本 名:Anne Jacqueline Hathaway(アン・ジャクリーン・ハサウェイ)

誕生日:1982年11月12日

出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク州

 

1996年:女優活動スタート。

 

1999年:テレビシリーズ『ゲット・リアル』の主人公に抜擢。ティーン・チョイス・アワードやヤング・アーティスト・アワード女優賞にノミネート。

 

2001年:大ヒットとなった『プリティ・プリンセス』で映画デビューしブレイク。

 

2002年:ミュージカル『Carnival!』でブロードウェイデビュー。

 

2004年:『プリティ・プリンセス』の続編が公開されヒットを記録し、人気女優としての地位を確立。

 

2006年:映画『プラダを着た悪魔』が大ヒット。

 

2012年:映画『ダークナイト ライジング』とミュージカル『レ・ミゼラブル』に出演。『レ・ミゼラブル』で第85回アカデミー賞助演女優賞を受賞。これまで2度ノミネートしていたゴールデングローブ賞助演女優賞を3度目にして受賞。

 

2012年の2作品のヒットによりハリウッド女優としての地位を不動のものとし、日本でも良く知られるハリウッド女優の1人となりました。

映画『プラダを着た悪魔』とは?

2006年に公開された映画で、日本では同年11月に公開され大ヒットを記録した映画。PRADAなどを着こなす、劇中のファッションにも注目が集まりました!

 

【あらすじ】

名門大学の卒業後ジャーナリストを志して田舎からニューヨークへとやってきたアンドレア・サックス(アン・ハサウェイ)は、女性の憧れとするファッション雑誌『ランウェイ』の編集部に就職。ファッション業界で絶大な影響力を誇る編集長のミランダ・プリーストリーのアシスタントとなったが、横暴を発揮する最悪の上司でした。ファッションに興味もなかった彼女が、夢であった文芸誌の仕事への足がかりとして、彼女の悪魔のような要求に耐えていく---

映画『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイの髪型

【hair data】

lengthロング

bangsあり

colorダークトーン(ナチュラルブラウン)

permなし

point1:重めの前髪

前髪は目元ギリギリで重めに。目元ギリギリの前髪にはデカ目効果に◎。重めの前髪は艶感が出て、この艶っぽさが上品な印象に仕立ててくれます。ただの重めでは野暮ったくなってしまうので、隙間をほんのり作って抜け感を。

styling:秋定 久美子

ASSORT TOKYO

ご予約:050-5871-6577

point2:サイドバング

前髪~サイドを繋ぐサイドバング。このサイドバングは小顔効果に最適で、重めの前髪と合わせることでより小顔効果に期待できます。またサイドバングは、アレンジの際のポイントにもなります。

 

styling:村瀬 めぐみ

BEAUTRIUM GINZA

ご予約:050-5871-6572

point3:レイヤーを入れる

ロングヘアは重みを感じやすいスタイルですが、彼女の場合はレイヤーを施して軽さを演出。髪の長短によってアレンジも多彩になる魅力があります。前髪の重みと全体の毛先の軽さによってメリハリのあるこなれヘアに。

styling:田中 友希

Hair Resort SUI

ご予約:050-5269-3871

point4:ダークトーンの髪色

自然なブラウンカラーの彼女ですが、ダークトーンで透け感のある髪色にすることで重く見えやすいロングを柔らかく軽やかな印象に。また暗めの髪色は、艶のある仕上がりになり上品さを際立てます。

styling:橘内 友美

OORDER1

ご予約:050-5269-3824

目指すはアン・ハサウェイ!上品ロングヘアカタログ

艶っぽく品よく決まる、カジュアルロング

アン・ハサウェイ風と言っても、トレンドも取り入れたいところ。今季マストと言われる“パーマ”。何となく動きがある程度のウェーブ感をプラスして、顔まわりを華やかにふんわりとさせ品のあるカジュアルスタイルに。

styling:山本 修士

inc

ご予約:050-5269-3962

ウルっとツヤっとレーシーな、色っぽ上品ロング

重めの前髪が苦手な方は、シースルーバングも◎。おでこが透けて見えることで、ヌケができ女性らしい印象に。レイヤーの入った毛先にワンカール加えれば上品な色気が漂う、ツヤっとまとまる大人ヘアに。

styling:中井 美樹

hair+resort valentine

ご予約:050-5272-4919

ニュアンシーなロングで、品のある可愛さを

黒髪ロングと言えば重みがありモードに感じますが、緩やかな動きをプラスすれば柔らかくフェミニンな印象に。レイヤーによって動きがラフに散ってより動きとこなれのあるスタイルに。前髪にも動きを加えて、可愛さを忘れずに。

styling:鳴海 紗亜耶

grass

ご予約:050-5269-3792

ゆるふわが引き立てる、大人の上品可愛い

ローレイヤーでAライン気味のスタイルに。毛先を中心にカールをオンすることで、よりAラインが強調され大人の可愛さ引き立つシルエットに。前髪の透け感と横に流れる毛流れ、そしてしっかりめのカールがエレガントな雰囲気に。

styling:高須賀 将樹

weaves SETAGAYA

ご予約:050-5269-3840

決めすぎないから漂う、大人のしなやかさ

ブローだけでも決まる、スタイリングの簡単なスタイル。レイヤーがあることで、自然な動きを簡単に演出することができます。目元ギリギリの前髪も、ほんのりおでこを透けさせることで落ち着いたシックな雰囲気に決めます。

styling:乗田 敦史

Salon

ご予約:050-5871-6846

上品なニュアンスが、美人度を上昇させる

レイヤーで顔まわりにひし形フォルムを作り、小顔効果のあるデザインに。作り込みすぎず毛先が何となく動いている、自然な感じが大人仕様に仕上げます。透ける前髪をさっと横に流して大人っぽさを増して、美人度を格上げ!

styling:小林 優美

albero

ご予約:050-5269-3786

まとめ

海外の方と日本人では髪質や髪色の違いによって正確な再現は難しいとされていますが、『プラダを着た悪魔』の彼女の髪型は日本人の似合わせにもぴったりなスタイル!ポイントを押さえて、上品さ漂うロングをぜひ楽しんでみてください!

written by satomaoko

役に立つ、わかりやすい、そんな情報をお届けしたいと思います。