HOT TOPICS
注目記事

【美容院に通う頻度の正解って?】長さ別・髪の状態別・メニュー別で解説!

あなたは美容院にどれくらいの頻度で通っていますか?こまめにカットしてもらっている人もいれば、半年に一回、年に一回というスローペースの人もいるでしょう。では、髪のカット頻度のベストって一体どれくらいなのでしょうか?今回は、髪の長さ、ヘアカラ、クセの三つのポイントから、美容院でカットしてもらうおすすめ頻度について考えてみました。ぜひ今後の参考にしてみてください。

writer mikiko | 2021年8月11日更新

INDEX
目次

1. 一般女子の美容院でカットする頻度は?

「マイナビウーマン」で行われたウェブアンケートの結果によると、美容院でカットしてもらう頻度は3ヶ月に一回のペースと回答した女性が多かったようです。
またなかには、自宅にてセルフカットで済ませているという人も。
しかし、これはあくまで統計的なもの。
人それぞれ髪質や長さ、色は異なるので、実際の頻度にはバラつきがありそうです。

2. 美容院でカットする頻度は人によって違う!

一般女子が美容院でカットしてもらう平均頻度は3カ月ほどというデータがありますが、髪質や長さ、カラーなど髪の特徴は人それぞれ。
そのため、理想のヘアスタイルをキープするためのカット頻度も人によって変わってくるはずです。
では、髪のどの部分を目安としてカットに行けばよいのでしょうか。

一般的にベストなカット頻度とは

髪の毛が伸びるペースには個人差があるものの、だいたい1ヶ月に1cmほどと言われています。
「たったの1cm」と感じる人もいるかもしれません。
しかし、たった1.5cm伸びただけでも、髪全体で見てみたときカットした当初と比較してみるとシルエットは変わり始めています。
そのまま放置していると、雰囲気が大きく変わってしまったりスタイルが変化してしまったりする場合もあるでしょう。
そのため、シルエットに変化が出始める1.5cm伸びた時点、つまり1ヶ月半〜2ヶ月を目安として美容院でカットしてもらえば、いつでもベストのヘアスタイルをキープできると考えられます。

このスタイリストの画像をもっと見る

自分にとってベストなカット頻度はどう決める?

美容院でのカット頻度を決める重要なポイントは、大きく分けると『髪の長さ』、『カラー』、『クセ』の3つ。
先ほど述べた1ヶ月半〜2ヶ月というのは、あくまでも髪の特徴やコンディションを考慮せずに出した大まかな目安です。
人によって髪の要素は当然異なります。
そのため、『髪の長さ』、『カラー』、『クセ』の3つを加味して考えると、自分に合ったカットの頻度も判断しやすくなります。

このスタイリストの画像をもっと見る

3. 【長さ別】美容院でカットする頻度の目安

理想のヘアスタイルをキープしたい場合、髪の長さによってもカット頻度の目安は異なってきます。
特にレングスが短ければ短いほど、カット頻度も早くなる傾向に。
次で、ショート・ボブ・ミディアム・ロングにおけるそれぞれのカット頻度の目安を見ていきましょう。

ショートは月1ペースのカットが理想

ショートヘアは髪型の変化が出やすいため、1ヶ月に1回のペースを目安としてカットすると良いでしょう。
ショートの場合、髪が伸びるとシルエット全体が崩れやすくなります。
特に個性的なカット、例えば刈り上げやツーブロックなどは、たった1cm伸びるだけでも見た目や雰囲気が大きく変わってしまいます。
またショート特有の短い襟足も、伸びてくるとシルエットが崩れやすいパーツです。
けれど、なかには忙しくて毎月美容院に行くのは難しいという人もいるでしょう。
そのほか、ショートからボブへと伸ばしかけ中という人もいるかもしれません。
そんなときはサイドを耳かけしてアレンジしたり、前髪の分け目を変えたりと、伸びかけの状態でもアレンジを楽しめる、フェイスラインや襟足長めのデザインにしてみるのも方法です。

このスタイリストの画像をもっと見る

ボブのカット目安は1ヶ月半~2ヶ月

肩あたりまで長さのあるボブは、ショートヘアに比べるとシルエットが崩れにくく長持ちしやすいスタイルと言えるでしょう。
そのため、カットの目安は1ヶ月半~2ヶ月ほどでOK。
ただし、伸びた髪をそのまま放置しておくと、間延びして縦長シルエットとなりトップやフェイスラインの位置が変わってしまったり、髪全体が重たいシルエットに見えたりと、バランスが悪くなってしまいます。
また、肩にあたって毛先がハネたり、髪がまとまりにくくなったりといった悩みが出てきてしまう場合もあるでしょう。
特にカットライン短めさんは、早い段階でシルエットに変化が出やすいため要注意。
きれいなボブスタイルをキープするためにも、ショート同様こまめなメンテナンスが必要です。

このスタイリストの画像をもっと見る

ミディアムのメンテナンス頻度は2ヶ月~2ヶ月半

ミディアムさんは、カットデザインにもよりますが、美容院に行く頻度はだいたい2ヶ月~2ヶ月半ほどが目安です。
それより長い期間放置してしまうと、髪の量が多くなってきてしまい、野暮ったい雰囲気になってしまう場合も。
また、ミディアムのようにある程度の髪の長さがある場合は、見た目だけでなくダメージにも気を付けなければなりません。
髪は長くなるにつれて、毛先まで栄養が届きにくくなると言われています。
そのため、2ヶ月~2ヶ月半のペースで美容院に通い、ダメージ部分の毛先をカットしてもらうことも大切。
そうすれば、毛先までするんと滑らかで美しい状態をキープしやすくなるでしょう。

このスタイリストの画像をもっと見る

ロングは2~3カ月で通うのが理想

ほかのスタイルと比べるとシルエットやバランスの変化が目立ちにくいロングさんは、2~3ヶ月のメンテナンス頻度が目安です。
ただし、レイヤーがたくさん入っているようなデザインは、全体的なバランスが崩れやすいため、もう少し早めにカットしてもらうようにしましょう。
また、ミディアム同様、ロング毛先を中心に髪のダメージが目立ちやすいレングスです。
シルエットに特に問題ない場合でも、カット頻度を落としすぎるとパサつきや枝毛が出てくるケースもあるため、目安より長い期間放置してしまうのはあまり良くありません。

このスタイリストの画像をもっと見る

前髪カットの頻度は2~4週間が目安

顔の印象を大きく左右する前髪は、デザインによってカットの目安が異なってきます。
前述したように、髪はだいたい月1cmペースで伸びるため、目にかからない程度でカットしていても、1ヶ月も経てば目にかかってしまい、印象も大きく変わってきます。
そのため、普段前髪を下ろしている人で直毛の場合は、2~3週間ほどを目安に、またくせ毛さんやコテでカールする人の場合は、3~4週間を目安としてカットしに行くようにすると良いでしょう。

このスタイリストの画像をもっと見る

4. 【カラーの暗さ別】美容院でカットする頻度の目安

次にカラー別に、美容院でカットする頻度を見ていきましょう。

暗髪なら月1、または2ヶ月に一回のペース

色の変化が出にくい暗髪やダークカラーの髪は、プリンや色ムラが目立ちにくいため、1~2ヶ月に一回ほどのペースでOKです。
地毛に近い色合いであれば、3ヶ月ペースで大丈夫な場合も。
髪の長さによっても違いはあるものの、ダークカラーは明るいカラーリングをした状態よりもカット頻度は少なくなるため、なかなか美容院に行く時間が取れない忙しい人にもおすすめです。

このスタイリストの画像をもっと見る

ハイトーンカラーなら月1ペースが◎

ブリーチやハイトーンカラーの髪の場合は、髪が伸びると新しい髪の色と染めた髪の色の差が目立ちやすくなります。
そのため、1ヶ月に一回、早ければ3〜4週間に一回と比較的ハイペースな頻度で美容院に通う必要があるでしょう。
根元がプリンの状態だと貧相な印象のヘアスタイルになってしまうので、根元のチェックは忘れずに!

このスタイリストの画像をもっと見る

5. の人のカット頻度の目安は?

髪がうねる、ハネる、広がる……など髪のくせが出やすい人の場合は、一体どれぐらいの頻度で美容院に通うべきなのでしょうか。

くせがひどい人は月1ペースがおすすめ

くせ毛は、伸びれば伸びるほどくせが強く出てきてしまう傾向にあります。
そのため、こまめなメンテナンスが必要です。
目安としては、月1ペースほどの頻度が理想。
こまめにカットしてもらうことでくせが目立ちにくくなり、セットにも手間がかからないようになります。
また忙しくて月1ペースでは美容院に行けないという場合は、パーマをかけるとセットもしやすくなるうえ、カット頻度も比較的少なくできるでしょう。

このスタイリストの画像をもっと見る

矯正やパーマでクセをカバーしている人の美容院頻度はレングスで異なる

縮毛矯正をしている人の場合は、レングスによって美容院に通う頻度は異なります。

 

・ショート~ボブの場合:3ヶ月~4ヶ月に1回
・ボブ~ミディアムの場合:5~6ヶ月に1回
・ミディアム~ロング:6ヶ月~に1回

 

が、だいたいの目安となります。
ただし、伸びてくる髪には縮毛矯正の効果はないので、伸びてしまうとその分くせが目立ちはじめます。
ゆえにヘアセットをしていて髪がまとまりにくくなってきたと感じたタイミングを目安として、美容院に行くのも方法です。
また、縮毛矯正やストレートパーマは、髪への負担も大きいため髪の傷みが気になる場合は、美容院の担当者に相談してみるようにしましょう。

このスタイリストの画像をもっと見る

6. 【メニュー別】美容院に行く頻度をチェック

髪をきれいに保つためには、カット以外にトリートメントやヘッドスパ、白髪染めといった他メニューを検討してみるのも方法です。
次でメニュー別にそれぞれ美容院に行く頻度をチェックしてみましょう。

トリートメントは1ヶ月に1回ペースで美髪に

トリートメント効果は種類やランクによっても異なりますが、多くのものは1週間程度。
良質なものだと何度も液剤を塗布して髪内部に保湿成分を浸透させるため、1ヶ月程度持続するものもあります。
そのため、サラサラ&ツヤツヤのきれいな髪をキープしたい場合は、1ヶ月に1回ペースでトリートメントに行くのがおすすめ。
また、枝毛や切れ毛等がある場合は、3週間に1回ほどのペースでトリートメントに行き、髪のメンテナンスを行うのが良いでしょう。
そのほか、カラーやパーマをした際には、同時にトリートメントもすると理想的です。
カラーやパーマをした後の髪はアルカリ性に傾いていて、ダメージを受けやすい状態。
弱酸性に戻すため、トリートメントも同時に施術しておくと、ダメージ補修や予防、カラーの長持ちといった嬉しい効果も期待できます。

ヘッドスパはヘアサイクルに合わせて1ヶ月に1回

疲労回復をはじめ、毛髪修復や抜け毛予防、フケ防止、ハリ・コシ・ツヤアップなど、様々な効果が期待できるとされているヘッドスパ。
このヘッドスパの最大の効果を得るためには、最適な頻度で受けることが大切です。
その一つの目安となるのが、頭皮のターンオーバーに合わせた施術です。
ターンオーバーとは、ヘアサイクルのことを指し、頭皮は約28日周期で生まれ変わると言われています。
そのため、ヘッドスパの施術を受ける頻度は、1ヶ月に1回ほどが理想の目安です。
ちなみにヘッドスパには、商品によってはピーリング的な効果も期待できるため、これよりも早い頻度で頻繁に行ってしまうと頭皮が炎症を起こしてしまう場合もあります。
もしも癒し効果を求めてもっとヘッドスパを受けたいという場合は、角質除去効果のない保湿クリームを使ったヘッドスパにしてもらうなど、美容師と相談して決めるようにしましょう。

白髪染は1ヶ月~1ヶ月半に1回ペースでカバー

白髪染の場合、基本的には1ヶ月~1ヶ月半に1回ペースで染めるのが理想的です。
ただし、白髪が黒髪よりも多い場合や目立ちやすい箇所に生えている場合は、それよりも少し早いペースの3週間程度で染めると◎。
また、白髪染めによる髪へのダメージが気になる場合は、全体染めをするのではなく、根元のみの部分染めを2回のうち1回するといった方法もおすすめです。
そのほかにも、近頃では髪への負担が少ない&自宅で手軽にできる白髪染めトリートメントというアイテムも販売されています。
髪をケアしながら白髪部分をカバーできるため、時間がなくて美容院に通えないという人やダメージが気になる人は検討してみるのも良いかもしれません。

7. 自分自身にとってベスト頻度を探ってみよう!

美容院でカットしてもらう目安といっても、人によってベストな頻度は異なります。今回紹介した頻度もあくまで目安。この内容を参考にしつつも自分にとって通いやすい頻度で美容院でカットしてもらえればOKです。ただし、髪型をできるだけベストな状態にキープするためには、こまめなカットは必要不可欠。自分の髪の要素から、目安の頻度を出してみて、無理のないペースで美容院に通ってくださいね。

mikiko

written by mikiko

SNSでトレンドや時短テクなどを情報収集するのが趣味。記事を通して、読者のみなさんに有益な情報をお届けします♡

SHARE
シェアする
KEY WORDS
人気のキーワード
CATEGORIES
カテゴリー
RANKING
ランキング
FOLLOW US