【徹底解説】紫外線から髪の毛を守る!髪の毛の紫外線対策&アフターケアについて

春から夏にかけて、紫外線が強くなってくる季節。お肌への紫外線対策はしても、髪の毛への対策はしたことがないという人が多いのではないでしょうか。今年は1年を通じて美髪を死守しませんか?今回は髪の毛の紫外線対策とアフターケアについてまとめました♡


writer kiku | 2019年5月16日更新

紫外線が髪の毛に及ぼす影響とは?

① キューティクルが剥がれる

髪の毛が紫外線から受けるダメージは、顔の5倍とも言われています。紫外線の影響はまず、髪の保護膜の役割を担う【キューティクル】に現れます。キューティクルには、紫外線の吸収を助けてくれるメラニン色素がないので、その影響を直に受けることになります。キューティクルは髪のハリや輝きになる部分!顔やお肌にするような紫外線ケアが、実は必要なパートなのです。

② パサつく

髪の毛のパサつきも、キューティクルが傷つくことによって起こるトラブルのひとつ。キューティクルがはがれることで、髪の毛の中の水分や栄養が流れ出てしまい髪が乾燥。パサつきの原因になります。

③ カラーの色持ちが悪くなる

染色している髪の毛は、通常の髪の毛よりもメラニン色素が少なくなっていると言われています。紫外線によって、キューティクルが剥がれた髪の毛内部には、紫外線が入り込み、染色によって少なくなったメラニン色素を分解し、紫外線の影響を受けやすくなるのです。こうなると、せっかく染色しても色落ちがしやすくなり、髪の毛の色の変色も起こりやすくなります。

④ 頭皮の老化現象が進む

髪の毛のボリュームや抜け毛、そして白髪などの問題は、すべて頭皮の健康状態の影響を受けています。紫外線によって、毛穴の根元にある毛母細胞がダメージを受けると、その症状はひどくなる一方に。

髪の毛の紫外線対策|① 髪の毛用スプレータイプの日焼け止めを使う

髪の毛のUVケアで簡単なのが、髪の毛に使用できるUVスプレーを使うこと。髪に直接吹きかけるだけでOKなので、とても使いやすいアイテムです。仕事へ行くときや普段のデートなど、どうしても帽子が今日のファッションに合わないというときは、UVスプレーで髪の毛の紫外線対策をすると安全ですよ。

おすすめアイテム:WELLA(ウエラ)サンプロテクションスプレー

美容院でも使われているトリートメントと、UVケアが一挙にできるヘアケアアイテム。お風呂上りにはアウトバストリートメントとして、朝は寝癖直し、外出前には紫外線防止のUVケアとして使うことができます。1本でいろいろな場面に使えるので、コスパもよし!使い心地もいいと評判なので、ひとつ持っていると便利です。

髪の毛の紫外線対策|② 帽子をかぶる

髪の毛だけではなく、顔や首回りなどのUVケア対策として有効なのが、帽子をかぶる方法。昔から天気のいい日は帽子をかぶるという人は多いですよね。紫外線のダメージを受けたくない、という人は、ひとまず紫外線を浴びないことが1番!帽子に合わせたヘアアレンジをして、外出しましょう♪

おしゃれな帽子に合うヘアスタイル2選

麦わら帽子×黒髪ショート

夏の焼けるような強い日差しの下では、帽子はマストアイテム!特に、夏場のファッションには、麦わら帽子がおすすめです。カジュアルな白Tシャツにジーンズといった格好から、今年流行のガーリーなワンピースにもしっかりと合わせられる万能な帽子。今年流行のコンパクトなショートヘアを合わせると、とってもおしゃれです♡

Styling:伊藤 さやか

CLASS AOYAMA

ご予約:050-5871-6579

編み込み&シニヨンなら帽子をかぶっても大丈夫

帽子をかぶるとなると、なかなか手の込んだアレンジってしにくくなりますよね。
そんなときでもかわいくアレンジしたい!という人には、編み込みやフィッシュボーン、少し低い位置で作るシニヨンなどがおすすめ。これなら帽子をかぶっても大丈夫。帽子から出るふわっとした髪の毛のシルエットが、女性らしいかわいらしさを演出してくれます。

Styling:鈴畑 晧平

marché

ご予約:050-5269-3990

髪の毛の紫外線対策|③ 日傘をさす

日傘を使用すれば、髪の毛以外の顔や体などのパーツも紫外線から守ることが可能です。いろいろなデザインの日傘が売られているので、好みのもの、ファッションにあったものを探すのは簡単!ただし、デザインだけではなく、日傘のUVカット機能や、傘の裏の生地が黒いものを選ぶ基準に入れましょう!傘の裏の生地が黒いと、アスファルトからの紫外線の照り返しを吸収してくれます。

日傘にぴったりのヘアスタイル2選

レーシーでゴージャスな日傘にぴったり

ガーリーな編み込みヘアは、白色や黒色のレーシーな日傘にぴったり♡カジュアルな雰囲気のファッションにも合いますし、デート用のフェミニンなワンピースにも◎のヘアスタイルです。

Styling:石井 憂子

CRED GARDEN 西新井店

ご予約:050-5269-3966

つやつやボブヘアは日傘で紫外線対策!

美しいツヤをたたええているボブヘアは、帽子をかぶるよりも、日傘やUVスプレーを使って紫外線対策をしましょう♪ 日傘を使って、暑い日差しの中でもつやつやボブを楽しんでください♡

Styling:五十嵐 将寿

ASTAR

ご予約:050-5272-3767

紫外線を浴びてしまったら。おすすめアフターケア方法

① 洗い流さないトリートメントで補修

髪の毛の紫外線対策を忘れてしまった!という人は、その後が肝心。洗い流さないトリートメントを使って、紫外線で痛んだ髪の毛を補修しましょう!エルジューダ「サントリートメント エマルジョン」には、UVカット成分が配合されているので、外出する前の紫外線対策としてや、紫外線を浴びたあとの潤い補修にも最適です。

② 頭皮に水分補給

髪の毛と同様、頭の上から降り注ぐ日光や紫外線は頭皮も傷めつけています。そんなときには、化粧水を使って、頭皮を保湿するのもアフターケアとしておすすめです。バシャバシャと頭皮に叩き込むので、コスパのいい化粧水を用意しましょう。ハトムギは、日焼け後のお肌のほてりを取るのにもってこいの成分。べたつかないので、頭皮にも使いやすいアイテムです。

髪の毛の紫外線対策をバッチリして、2019年の春&夏を乗り切ろう!

髪の毛の紫外線対策に1番有効なのは、とにかく紫外線を浴びないこと!ですので、帽子や日傘は常に持ち歩くようにしましょう。それにプラスして、UVスプレーを使用して2重に防ぐのが効果的です。もしも日光を浴びてしまったというときには、アフターケアをしっかり欠かさないようにしましょう。2019年はヘアスタイルだけではなく、髪の毛の健康についても気を配れるおしゃれさんになりましょうね♡

written by kiku

豪州での農業研修、ナチュラル素材を使った焼き菓子店の製造担当を経て、健康と美容についてやその関係についての記事を執筆しています。趣味は旅行!近々、大好きな台湾かヨーロッパへの「ちょい住み」を計画中。