【徹底解説】《段を入れた髪型》《段をつけた髪型》って?ワンランク上の髪型を楽しもう♪

美容師さんから「段を入れてみようか」「段をつけてみようか」と言われたことはありませんか?この“段を入れる”“段をつける”という意味、ちゃんと理解していますか?カットによって段を施すわけですが、段のある髪型は良いことたくさんの旬の髪型!そんな魅惑の、「段のある髪型」について徹底的に解説。周りと差をつける、ワンランク上の髪型を目指してヘアチェンジの参考にしてみてください!


writer satomaoko | 2019年6月10日更新

① 「段を入れる」「段をつける」「段のある髪型」とは?

「段のある髪型」と言えば・・・

段のある髪型を作るには、「段を入れる」「段をつける」カットを施します。トレンドの《ウルフヘア》を思い浮かべる方も多いかもしれません。でも、段のある髪型は、ウルフヘアだけではありません。

 

「段のある髪型」について、詳しく見ていきましょう!

Styling:村瀬 めぐみ

BEAUTRIUM GINZA

ご予約:050-5871-6572

② 「段のある髪型」を詳しく解説~ボブを例に

《ワンレングス/ワンレン》ボブという髪型があります。

 

サイド~バックもしくは、前髪部分~バックまでを同じ長さに切り揃えた髪型のこと。床に対し平行にカットし、毛先が同じ長さで切り揃えられていることが特徴で、段のないボブになります。

Styling:河野 さなえ

grass

ご予約:050-5269-3792

ワンレンボブの他によく耳にするのが、《レイヤー》ボブ《グラデーション》ボブではないでしょうか?

 

《レイヤー》ボブとは、レイヤーを施した段のあるボブのこと。床に対して角度をつけてカットするため、上の髪が短く下の髪が長い仕上がりになり若干毛先に向かって軽い印象になります。

 

レイヤーカットは全体的に施すだけでなく、表面や顔まわりなど部分的に施すこともでき、ショート~ロングまですべての髪型で取り入れることができます。

Styling:飯島 涼

BEAUTRIUM 表参道

ご予約:050-5851-9040

《グラデーション》ボブも段のあるボのこと。レイヤーボブとはカットの仕方が違い、レイヤーカットに比べて角度をつけないためスタイルに馴染んだ仕上がりに。

 

グラデーションカットは、重さを残しつつも軽さのある丸いフォルムに仕上げるのに最適で、ショートやボブに取り入れることが多い方法。短い髪型でも女性らしい印象に。

 

段を入れる方法としては<レイヤーカット><グラデーションカット>の方法があり、それぞれのカットによって仕上がりも変わってくるのです。

Styling:村瀬 めぐみ

BEAUTRIUM GINZA

ご予約:050-5871-6572

③ 「段を入れる」「段をつける」メリットとは?

1. 軽い印象に

ほんのりでも段を作り髪の長さに変化を作ることで、動きのある仕上がりになり軽やかで柔らかな印象に。

 

2. 動きのあるスタイルに

髪の長さの違いにより、動きのあるスタイルに。また、長さの違いによってアレンジもしやすく華やかな仕上がりに。

 

3. 小顔効果に◎

特にレイヤーカットを顔まわりに施すと、顔まわりに動きが生まれ小顔効果を発揮します。

Styling:蝦名 沙羅

Asti ritme

ご予約:050-5269-3869

④ 「段を入れる」「段をつける」デメリットとは?

ヘアチェンジが難しいことが挙げられます。段があることで髪の長短ができており、ヘアチェンジの範囲が狭まってしまいます。まずは、段を整えつつワンレングスに近付けるところから始めるため時間が必要に。

Styling:村瀬 めぐみ

BEAUTRIUM GINZA

ご予約:050-5871-6572

⑤ 「段のある髪型」ヘアカタログ~レングス別

ショート×レイヤー

表面や後頭部にレイヤーでふんわりとしたボリューム感を作り、サイドは締めて小顔効果のあるひし形フォルムに。毛先にニュアンスを加えれば、大人のこなれたショートに。

Styling:村瀬 めぐみ

BEAUTRIUM GINZA

ご予約:050-5871-6572

ショート×グラデーション

毛先に軽さを作った軽やかでタイトなショートですが、グラデーションカットを施して後頭部にふんわり感と柔らかな質感を演出。どこから見ても美フォルムの大人にぴったりなショート。

Styling:吉田 秀晃

BEAUTRIUM GINZA

ご予約:050-5871-6572

ボブ×レイヤー

ボブをベースにレイヤーをたっぷり施し、全体的に毛先を外ハネに。外ハネの動きによって“段”が強調され、こなれた印象に仕上がります。レイヤーがあるからこその大人仕様の外ハネに。

Styling:原田 知紀

Reverie ZENKO Hashimoto

ご予約:050-5269-3989

ボブ×グラデーション

ワンレンベースで肩に当たるハネ感を生かしつつ、グラデーションカットを施して丸みを演出したスタイル。表面の丸みでハネ感が強調され、ウェーブ感をプラスすることで、カジュアルだけど落ち着いた印象に。

Styling:霜井 一寿

weaves SETAGAYA

ご予約:050-5269-3840

ミディアム×レイヤー

顔まわりを中心に前髪から流れるように施したレイヤーたっぷりのスタイル。カールやウェーブはレイヤーと好相性で、ワンカールだけでも華やかで洒落感を高めます。ラフに仕上げると、よりこなれた印象に。

Styling:末木 友美華

FLOWERS

ご予約:050-5272-4909

ミディアム×レイヤー

前髪をセンターパートに、高めの位置からレイヤーを入れてウルフテイストをオン。最後に毛先を外ハネにしたら、トレンド感抜群のレイヤーミディに。ノーズラインの長めの前髪も外ハネにして、アンニュイな大人感を。

Styling:中石 好乃

hair&spa egerie prime

ご予約:050-5269-3918

ロング×レイヤー

表面にたっぷりとレイヤーを入れたロングはそのままでも表情のある仕上がりですが、髪の中間から大きくワンカールをオン。顔まわりにもワンカールの動きができ、上品で凛とした女性らしさ漂う仕上がりに。

Styling:村瀬 めぐみ

BEAUTRIUM GINZA

ご予約:050-5871-6572

ロング×レイヤー

低めの位置にレイヤーを入れる《ローレイヤー》で、重みを残したロングに。低めの位置でもレイヤーによって段ができ、パーマによるふんわり感がより増して柔らかな質感を演出。大人の甘めロングに。

Styling:村瀬 めぐみ

BEAUTRIUM GINZA

ご予約:050-5871-6572

さいごに

段があることで動きができ軽やかな印象になり、アレンジも楽しみやすいという魅力が詰まった「段のある髪型」。レイヤースタイルはトレンドなので、がっつりレイヤーに抵抗のある方は、ほんのり段をつけてみるところから楽しんでみてはいかがでしょうか?ただ、美容師さんに「段を入れて欲しい」というだけでは、自分の思い描くイメージの髪型と異なることも。美容師さんにどんな髪型をイメージしているのかを伝え、相談した上でカットしてもらうことも大切です!

written by satomaoko

役に立つ、わかりやすい、そんな情報をお届けしたいと思います。