美容師さんに恋してしまったら!?実際にあった恋愛エピソード&アプローチ方法♡

美容師さんって、お話し上手で男女問わずスマートな人が多いイメージですよね。接客されているうちに、気付いたら担当美容師さんのことを好きになってしまった!という話は実は少なくないんだとか?美容室勤務経験のある私が【美容師との恋愛ってアリなの?】というどこでも聞けないリアルな内情をお伝えします!


writer AZUMA | 2019年8月19日更新

美容師と客の恋愛はアリ?ナシ?

美容師とお客さんとの恋愛は、アリかナシかと言われれば【アリ】ではないでしょうか?ですが美容師がお客さんと恋愛に発展するケースは極めて少数でしょう。

 

これは当たり前なことかもしれませんが、結果的に好きになった人がたまたまお客さんだったというだけで、ほとんどの美容師さんがお客さんとの恋愛を最初から望んではいません。仕事に支障が出る可能性もあるので、できれば避けたいと思っている人の方が多いはずです。お店によってはお客様との恋愛やスタッフ同士の恋愛も禁止している場合もあります。

 

なので、一概にアリだとは言いにくいですが、実際に最初の出会いはそういった形でも、無事ゴールインまで至ったというケースも少なからず存在します。なのでないこともないというややグレーな印象です。

私の周りであった実際のエピソード

撮影モデルと交際に発展するケース

実際に、私が友人や美容師仲間などから直接聞いた様々なケースを紹介します!

 

まず、【美容師が撮影モデルにお願いしていたモデルさんと、交流を重ねるごとに交際に至った】というケースです。(これはお客さんと言うよりも仕事仲間なのかもしれませんが…)

 

特に撮影の機会が多い、都会の人気美容室などのスタイリストさんからこう言った話をよく耳にしますね!そのまま結婚に至ることも多いようです。

お客さんからの熱烈アプローチで!

お客さんが、担当美容師のSNSを見つけて、SNSのメッセージ上でご飯のお誘いをしてきた】という、お客さん側からアプローチがあったケースも。

 

最近ではプライベートだけでなく仕事の一環でSNSを利用している美容師も多いのでお客さんからのこういったアプローチは割と頻繁にあるのかもしれません。

 

他にも、【常連のお客さんで必ず差し入れを持ってきて好意を前面に押し出してアピールする人】や、【営業後にやってくる】という強者も…!

 

ですが美容師的には、そういったアプローチは対応に困ってしまうことがほとんどなのであまりお勧めはできません…。

 

美容師から連絡先を教えてくることも!?

かなり稀なケースですが、美容師さんから直接個人的な連絡先を教えてくることもあるようです。

 

他のスタッフやお客さんの目に付きやすいこともあり、普通のサロンではあまりないようですが個人店や個室があるサロンなどではあるのかもしれません…。

美容師の本音は?

美容師は意外にも出会いが少なくなりがち

職業柄、異性慣れしていることもあり「美容師さんってチャラそう」と思う人は多いのではないでしょうか?確かに、面食いで綺麗な人が好きな人が美容師には大多数ですが、私生活は意外にも派手に遊んでいない人の方が多いです。

 

というのも仕事の日は、営業後も掃除や自主練、後輩の指導などで帰宅時間が遅くなりやすく夜中の0時を過ぎることも。休みは平日が多く、休日も講習会があったりなどでプライベートな時間が少なくなりがちです。

 

そういったことから、あまりたくさんの異業種の異性と出会う機会は頻繁にない人の方が大多数なのです。

できればお客さんとの恋愛は避けたい

出会いは少なくなりがちな美容師ですが、「極力お客さんとの恋愛は避けたい」というのが一般的な美容師の本音でしょう。

 

自分の担当であっても、それ以前にサロンのお客さんでもあるため、他のスタッフやお客さんのことを考えると恋愛に発展するよりも長くお客さんとしてきてもらう方がありがたいですよね。

 

時には、お客さんと交際したり友人になったりすることもありますが、よっぽどフィーリングがあったり仲が良くなった時だけでしょうし、お客さんのことは基本的に全く恋愛対象には見ていません。

 

誠実な仕事をしていきたいからこそ、できればお店以外でのお客さんとの交流はしたくないというのも本音です。

美容師にアプローチするには?

最低でも3回は通うのは必須

それでも美容師さんにどうしても近づきたい!というほど好きになってしまうこともあるかもしれません。

 

好意を抱かれることに関しては誰だって多少なり嬉しいものですよね。伝え方を誤らずにアプローチするにはどうすれば良いでしょうか?

 

まず1つ目のステップとして自分のことを知ってもらうことが大切だと思います。初めて来たお客さんにいきなり告白されてもビックリしてしまいますよね。基本的に1度来店されるだけでお客様のことは忘れないものですが最低でも、3回ほど通うことでリピーターとして美容師さんにしっかり覚えてもらうことができます。自分がどういった人物なのか把握してもらうためにも、まずは来店頻度を高めてみましょう!

施術の合間にコミュニケーションを

美容師さんにも、おしゃべりな人とそうでない人がいますが、美容師さんの人柄を知るためにもカット中などに積極的に自分から話かけるようにしてみましょう。自分のライフスタイルや趣味を話すと思わぬ共通点があるかもしれません。

 

実際に、会話が弾むお客さんは仕事していて美容師さんも楽しく、この方はこんな人なんだ、という記憶もされやすいです。

 

ついてくれたアシスタントにも美容師さんのことを聞いてみたりするとまた違った情報が見つかるかもしれません。

それとなく誘ってみる

ある程度、距離がつかめたと思ったら思い切って連絡先を聞いたり、ご飯に誘ってみたりしてもいいかもしれません。その際には、伝える場所やタイミングを考慮しましょう。

 

例えば、他のアシスタントが一緒に施術している時や、カットの始め、明らかに集中しているときなどは避けたほうがいいと思います。

 

差し入れを持って行ってメッセージを忍ばせたり、帰りのお見送りのタイミングで簡単に言ってみるなどが良いかもしれません。

 

どんな形であれ、お互いに気まずくなるのは嫌ですよね。本気の気持ちを感じてもらうためにも相手の立場を考えて伝えるのがベストでしょう。

美容師側がお客さんに恋してしまったら?

逆に美容師がお客さんを好きになってしまうこともあるかもしれません。ですが、こちらのケースの方がアタックが難しくなりそうです。

 

仕事柄、1人のお客さんを特別扱いするわけにはいきませんし、お店にお客さんとしてきてくれている人に個人的に接点を持とうとするのは、やり方次第では自分自身だけでなくサロンの信頼も落としてしまいかねません。

 

いきなり自己判断で行動せず、まずは先輩や同僚などに相談してみたほうがいいかもしれません。

 

まとめ

美容師に限らず、【お客さんと店側の人間】という立場での恋愛は倫理的にも難しいところですよね。ですが人の出会いは十人十色です。好意を伝えるということに関しては悪いことではないですよね。お互いが嫌な気持ちにならないよう、距離感や伝え方を工夫できるといいですね。

AZUMA

written by AZUMA

サロンで3年半勤務。現在はライターとして執筆業を中心にしています。オシャレなスタイルを日々発信していきます!