【アジカン・後藤正文】ゴッチに学ぶ!ロックテイストメンズヘア

今や不動の人気を得たアジアンカンフージェネレーションのボーカル【後藤正文】。みんなを惹きつけるゴッチの魅力は、歌声だけでなく髪型も!そこで、アジカン後藤正文のロックテイストなヘアスタイルをまとめました!


writer IROHA | 2019年10月27日更新

後藤正文とは?

【アジアンカンフージェネレーション】のボーカル・ギター担当。愛称は【ゴッチ】。小柄な身長と眼鏡がトレードマーク。ヘアスタイルはストレートやパーマスタイルなど様々だが、少し野暮ったい無造作な印象のヘアスタイルが多い。

後藤正文風|ロックテイストヘア

後藤正文さんの【無造作】【ロック】【少し野暮ったい】キーワードを含むヘアをご紹介!

【スタイル1】

ネープレスのマッシュベースが後藤正文の基本スタイル。そこにパーマをプラスして無造作感を演出。

大きめのS字ウエーブを作ることで内巻きと外巻きの動きがプラスされ、計算されたぼさっと感に。

Styling:五十嵐 将寿

ASTAR

ご予約:050-5272-3767

【スタイル2】

パーマを緩め、範囲を狭くすることでナチュラルな仕上がり。前髪を長めに残して、野暮ったいけどカッコいい雰囲気に。

襟足を短くしているので、メリハリを出しやすく後頭部の頭の丸みも綺麗に。

Styling:桧山 和彦

ASSORT TOKYO

ご予約:050-5871-6577

【スタイル3】

基本のマッシュベースはそのままで、バングを長く伸ばしセンターで分けたスタイル。

毛先のゆるいうねりがロックテイスト。サイドの毛を耳にかけてスタイリングしてもカッコいい。

Styling:YUMA ISHIKAWA

NORA HAIR SALON

ご予約:050-5851-9057

【スタイル4】

重たく見えがちなマッシュスタイルも、自然な明るさのヘアカラーとトップに入れたレイヤーにより軽やかに。

束感を作るカットで軽い部分と重い部分のバランスを取れば、無造作ながらもスッキリに。

Styling:YUMA ISHIKAWA

NORA HAIR SALON

ご予約:050-5851-9057

【スタイル5】

マッシュベースと無造作感はそのままで、カラーをハイトーンにして変化をつけたスタイル。

ハイトーンにすることでゆるいウエーブ感が強調され、陰影のついた立体的なスタイルに。

Styling:江畠 大地

MAKE’S

ご予約:050-5851-9052

IROHA

written by IROHA

writer/editor トレンドヘアの見たい、知りたいを伝えます☆