憧れのジューンブライドの季節!お呼ばれヘアだってかわいくこだわりたい!

「ジューンブライド」という言葉があるように、6月は結婚式の数が多い月です。

6月に入ってからなんだか結婚式にお呼ばれする回数が増えたな~と思っている方も多いはず。

せっかくお呼ばれしていくのに、満足できないヘアスタイルで行きたくないですよね。

 

今回ご紹介するのは、『ヘアアレンジが凄すぎる…!』と巷で噂のスタイリストさんが作るヘアアレンジ特集です!


writer bangs編集部 | 2017年6月9日更新

そもそも『ジューンブライド』といわれる由来は?

皆さん、結婚式が一番多い時期って実は6月ではないって知ってましたか?

きっと6月が一番多い時期だと思っていた方も多いのではないでしょうか。

それだけ『ジューンブライド』という言葉の影響は大きいですね。

では、そもそもなぜ『ジューンブライド』と言われるようになったのでしょうか。

調査してみました♪

 

①女神ユノ(JUNO)様説

6月の月名「JUNE」は、ギリシャ神話では主神・ゼウスの正妻・女神ヘラ(ローマ名:ユノ)から来ていると言われています。

ヘラは、結婚や出産を司り、女性と家庭と子供を守る女神として崇められてきました。

それが「JUNO」の月である6月なんだそうです。

そこから、この月に結婚する花嫁はきっと幸せになれるだろうと言う言い伝えから来ていると言われています。(諸説あり)

②ヨーロッパの気候説

ヨーロッパの気候の中で、6月は最も雨が少なく、天気の良い日が続きます。

そのため、結婚式を挙げるのに一番ベストな時期と言われているそうです。

また、復活祭もこの時期に行われており、ヨーロッパ全体が祝福ムードに包まれていたことらか、6月に結婚すると幸せになれると言われているそうです。(諸説あり)

③結婚解禁説

こちらもヨーロッパで、農作業の妨げになるため、3,4,5月の3ヵ月は結婚が禁止されていたそうです。

そのため、結婚が解禁される6月になると、一斉に結婚するカップルが増え、周囲からの祝福が最も多い月だったことから、結婚解禁説と言われているそうです。(諸説あり)

以上の3点が有力な説のようです。

日本の6月は梅雨入りと言われているため、雨が降る日も多いですが、やはりジューンブライドには憧れますよね♡

 

続いてはお待ちかね!かわいくて友達に自慢したくなってしまうような、アレンジヘアのご紹介です。

 

 

ウェーブポニースタイル

強めのウェーブで、毛流れを強調したスタイルです。

下めにポニーテールを作ることで強めのウェーブでも優しい女性の印象に。

インパクトはかなりあるので、シンプルなドレスにもぴったりですよ!

バックスタイルがとってもかわいいので、どこから見られても常に可愛いスタイルですね♡

style page

ウェーブシニヨンアレンジ

大きめのウェーブを作って、サイドから大きめに編込んでとってもかわいらしいスタイルです。

大きめのウェーブがやわらかさを演出してくれているので、大人かわいい雰囲気になります。

シニヨンスタイルなので首元が気になるという方にもおすすめですよ♡

style page

ポニーテールアレンジ

ポニーテール×リボンの最強可愛い♡のアレンジです。

サイドに入ったさりげない編み込みがワンポイントで可愛いですよね!

後れ毛をほど良く出してゆる巻きにしているので、上品さもプラス。

パンツスタイルに合わせてもかわいくなる予感♪

style page

フィッシュボーンローポニーアレンジ

ローポニーとフィッシュボーンでつくったアレンジです。

トップはゆるめにストレートで、毛先のみ巻いてあります。

シンプルなアレンジの中に、フィッシュボーンを入れる事によって、アクセントに☆

style page

こんな素敵なアレンジヘアを作ったのは…

比良 早織さん(eight hair)

横浜にあるヘアサロン『eight hair』在籍の比良 早織さん。

サロンワーク以外にも、ヘアアレンジの講師やブライダルの出張ヘアメイクをしているそうです。

比良さんにお任せすれば絶対可愛いアレンジヘアを作ってくれること間違いなしですね!

比良さんのスタイリストページには、他にも素敵なスタイルがたくさん載っています。

ぜひ参考にして下さいね♡

stylist page

 

bangs編集部

written by bangs編集部

「bangs」は、都内人気エリアのトップスタイリスト1000人の技術からパーソナリティまで深い情報を掲載しているスタイリスト検索サイトです。 あなたに合ったスタイリストが見つかります。