エアリー×ハイトーンで作る最旬大人ガーリースタイル♡

ふんわりと空気を含んだ柔らかなヘアスタイルを究めたいなら、髪色は顔周りを明るく見せてくれるハイトーンにするのがおすすめ! 手ぐしで空気を取り込みながらブローすれば、さらに軽やかさが増してやさしい表情に。時にはスタイリング剤でウェッティーに仕上げてセクシーなニュアンスを醸し出すのもあり。そんなアレンジの幅広さも魅力のガーリースタイルを厳選してご紹介します。


writer 松本 玲子 | 2017年6月19日更新

気取らないグランジヘアならハイトーンでも満点の親しみやすさ

無造作感で魅せるグランジヘアにハイトーンのライトさをプラスすれば、肌の透明感もぐっとアップして見えるから不思議。リップとチークはほんのりピンクのナチュラルカラーをチョイスして、目元は強調するのがミソ。軽やかなヘアスタイルとの相乗効果によって、相手に瞳の印象はしっかりと与えながら、親しみやすさも感じてもらえるはず。

styling:野田 智江里(bloc)

 

フェミニンな表情を作るオレンジベージュ

バランスを取りやすく身長を選ばないミディアムヘアで女性らしさを演出したいなら、やさしいオレンジベージュのハイトーンカラーがイチオシ。スタイリング剤を揉み込みながらブローするだけでも十分柔らかなニュアンスを出すことができますが、気分転換したいときは毛先を逆立てて遊ばせてみるのも◎!

styling:百冨 友香里(bloc)

洗練された大人女子に似合う、アッシュ系濡れ髪

大人っぽいしっとりとした雰囲気が好きなら、選ぶべきカラーは断然アッシュ系。知的なムード漂うショートヘアで目鼻立ちをはっきりと見せるため、敢えてトップやサイドにボリュームを持たせないのも一手。ツヤ感を際立たせるため、オイル配合のスタイリング剤を選んで美しい濡れ髪を作って。

styling:馬橋 達佳(log)

ハイトーンの重ため前髪ならドーリーな雰囲気に

大人っぽさとガーリーが同居したスタイルを追求したいなら、オレンジ系の柔らかなハイトーンカラーで重めの前髪を作るのがおすすめ。さらに、肩より長いロングヘアなら、リバースと内巻きをミックスさせたカールでドーリーな雰囲気を演出するのもあり。清楚なファッションともラフな格好とも相性のよいスタイルです。

styling:橋本 尚紀(teracce)

松本 玲子

written by 松本 玲子

ライター、編集者として活動する傍ら、TVCMナレーションやCMソング歌唱、楽曲制作なども手掛けている。また、プログレッシブ・ロックバンドswaragaのボーカルとしても活動中。webサイトはhttp://www.reico.org