浴衣とも相性よし|首筋に色香が漂うまとめ髪なら後ろ姿も絵になる

いよいよ夏本番。今年の夏はどの花火大会に行くか、早くも検討中という人は多いのでは? 花火大会や夏祭りといえば、浴衣を着る絶好のチャンス。今年こそ自分で着付けをしたい! と意気込む人も多いと思いますが、浴衣を着用するなら併せて考えるべきは、和装に似合うヘアスタイル。首元をスッキリとみせてくれるまとめ髪で、横顔も後ろ姿も美しい和装美人を目指しましょう。


writer 松本 玲子 | 2017年6月22日更新

美しい毛束の流れで女性らしいやさしい表情に

首元の髪を持ち上げてヘアピンで固定したら、あらかじめ分けておいたトップの髪を、ボリュームを持たせながらうねらせます。キレイな流れを作ったら、スタイリング剤で固定して、最後にアクセントとなる髪飾りをプラスします。髪飾りは、浴衣の柄が派手ならベーシックな1本かんざしやべっこうかんざしがオススメ。落ち着いた色味の古典柄などの場合は、華やかなデザインのものを選んで。

Styling:田代与志子(Hair Make CLUMINE)

 

50sの雰囲気漂うレトロなスタイルで品格アップ

ルーズな夜会巻きのシルエットが人目を奪うアップスタイルは、クラシカルなデザインの浴衣ともモードな一着とも相性抜群です。毛先は28mmのアイロンで3/4カールを作ってクールな表情を演出。オードリーヘップバーンを想起させるような、くるんと内巻きにした前髪もインパクト大! シンプルなパールのイヤリングで清楚な横顔を完成させて、大人かわいい浴衣の着こなしを実現して。

Styling:高城聡(bloc)

支持率100%! こなれ感のあるラフなスタイル

きっちりし過ぎない「ゆるふわ」まとめ髪と浴衣の組み合わせは、男女ともに支持される王道スタイル。遅れ毛や顔周りの髪を敢えて残しながらルーズに仕上げることで、可愛らしさの中にもほのかに色気が漂います。髪飾りは、主張し過ぎないデザインのものをチョイスすることがポイント。ナチュラル感を大切にしながら、髪全体をやさしい雰囲気に仕上げることが大切です。

Styling:佐藤周子(hair+resort bouquet)

コーデの主役にもなるゴージャススタイル

サイドはしっかり締めて横顔はすっきりと見せながらも、編み目は敢えてざっくりと大きめに作って立体感を出した派手カワスタイル。根本の色が異なっていても、かえってグラデーションがかかってキレイに見えるのがポイントです。毛束は、頭の下のほうでくるくるまとめてしまってもOK! 洋装のときは毛先を垂らすのもかわいいですし、アレンジの幅が広いのが魅力です。

Styling:森田怜(bloc)

松本 玲子

written by 松本 玲子

ライター、編集者として活動する傍ら、TVCMナレーションやCMソング歌唱、楽曲制作なども手掛けている。また、プログレッシブ・ロックバンドswaragaのボーカルとしても活動中。webサイトはhttp://www.reico.org