丸みのある女性らしいフォルムが鍵☆グラデーションカットでつくるヘア

頭の上部の毛を長く、下部の毛を短くカットすることによって、毛先に幅の狭い段差を付けるグラデーションカットは、同じく段差を付けるレイヤーカットなどと比べて、より丸みを帯びた女性らしい雰囲気を作ることができるのが最大の特徴。カットする際には、毛束を指で持ち上げて、どの角度でカットすればベストなスタイルに仕上がるか見極めることが必要なので、技術力に定評のあるスタイリストに相談するのが◎! キレイに仕上がれば、普段のお手入れが楽なのも魅力です。


writer 松本 玲子 | 2017年6月27日更新

シンプルで大人可愛いショートスタイル

グラデーションカットで丸みを出した上で、スライドカットによって柔らかさと動きを加えたショートスタイルは、ナチュラルでありながら洗練された大人っぽさも感じさせてくれます。パンツはもちろん、スーツや浴衣とも相性のよいヘアスタイルです。

Styling:小山 貴(BEAUTRIUM表参道)

長め前髪で作るフェミニン×セクシーな表情

グラデーションカットをベースにしながらも、毛先にほんのりレイヤーをプラスして動きを出したボブスタイルです。前髪は長めに残しておいて、ブローの際はオールバックで乾かすのが正解。前髪を立ち上げるようにセットすることで、グラマラスな表情を演出できます。

Styling:野口 寛己(FORTE GINZA)

清潔感溢れる毛先ワンカールのボブミディ

全体をグラデーションカットした後、エアリー感を強めるために表面にレイヤーカットを施したセミディスタイルは、乾かしただけでも自然にふわっとまとまるのがうれしいところ。セットは、ドライ後のオイルだけでも十分。厚めの前髪は、斜めに流すとフェミニンな印象に。

Styling:中田侑布子(FORTE GINZA)

柔らかカールが印象的なクラシカルショートボブ

丸みを帯びたグラデーションカットにさらに柔らかさをプラスしたいなら、マジックカラーを使って毛先を巻いてふんわりと仕上げてはいかが? カラーは透明感あるアッシュブラウンをチョイスすれば、カジュアル過ぎず重過ぎずのベストな塩梅に仕上がります。

松本 玲子

written by 松本 玲子

ライター、編集者として活動する傍ら、TVCMナレーションやCMソング歌唱、楽曲制作なども手掛けている。また、プログレッシブ・ロックバンドswaragaのボーカルとしても活動中。webサイトはhttp://www.reico.org