老け顔よさらば!若々しい印象を与えるヘア

電車のドアに写る自分の顔を見て、驚愕。疲れ顔がひどいな・・最近老けたかも?なんて感じた方はぜひご一読を。

顔だけでなく、髪質も年齢を重ねるにつれて変化するから、老け顔・疲れ顔に感じる原因はヘアスタイルも要因の一つにあるかもしれないことをご存知ですか?

明日からはじめられるヘアスタイルの変化で、老け顔・疲れ顔イメージを打破しよう!!


writer bangs編集部 | 2017年6月28日更新

デザインカラーで顔色まで明るく!

ハイライトとローライトを駆使したデザインカラーで、髪をより立体的に見せる効果が。ハイライト・ローライトは、細めに入れることで主張しすぎない大人の仕上がりに。顔色を明るく見せてくれるカラーリングは嬉しいですよね。

Styling:永田邦彦(CHIC omotesando)

髪のボリュームアップで若々しく見せる!

ぺたんこ髪は、どうしても寂しい印象を与えがち。パーマをかけたり、コテでスタイリングすることで、髪全体にボリューム感を持たせて華やかさがアップします。長めバングで、今っぽさもプラス。

Styling:松本大翔(Fi-Ne)

重めヘアより軽やかヘアで、透明感を強調!

定番ボブヘアスタイルもエアリー感を出すことで、抜け感が生まれます。トレンド感よりも、透明感を出すためのほどよいシースルーヘアで、明るい印象を手に入れて。

Styling:保谷 裕樹(hair&make leto)

高い位置でヘアアレンジをすると、顔が上がった印象に!

髪を高めの位置で結って、リフトアップ効果を狙ってみるのもあり!アップができる長さがない場合は、高い位置にポイントをおくようにアレンジを。

Styling:Sachiko(CIRCLE)

bangs編集部

written by bangs編集部

「bangs」は、都内人気エリアのトップスタイリスト1000人の技術からパーソナリティまで深い情報を掲載しているスタイリスト検索サイトです。 あなたに合ったスタイリストが見つかります。