【2020年最新版】意外と知らない! 髪型の名前がわかる《レングス別》一覧ヘアカタログ♡

今のあなたの髪型の長さは? その名前、すぐに答えられますか!? ボブでもショートボブにミニボブ、ボブディ、ロブなど細かく分かれている女子の髪型。ボブディって実際どれくらいの長さなの? などなど、知っているようで知らない《レングス別の髪型》について、説明します! レングスの名前がわかっていれば、サロンでも正確にオーダーできて理想の髪型になれるはず! この記事で、確認してみてくださね♡


writer bangs編集部 | 2020年5月15日更新

広告

●ベリーショート

ショートヘアの中で一番短い髪型が「ベリーショート」。耳が見えるくらいの長さのショートです。

一般的なベリーショートは、後ろ部分を刈り上げにしているスタイル。女性のツーブロックショートもベリーショートになります。

全体は短くしつつ、あえて耳周りの髪を長く残し、耳かけできるベリーショートスタイルもあります。ベリーショートでもサイドの毛を長くすれば、女っぽいスタイルに変化します。

Styling:高田 百唯(RENJISHI AOYAMA)

●ショートヘア

耳がギリギリ全部隠れるくらいの長さのショートが「ショートヘア」。長さはベリーショートほど短く刈り込まないのが、一般的なショートスタイルです。

近年人気のかっこよさと女らしさが共存したハンサムショートやマニッシュショートは、この長さが主流。ショート=少年っぽいというイメージから、逆に女らしさが引き立つと人気になりました。髪が短い分、顔まわりのアクセやイヤリングも映えるのでおしゃれのアクセントがつけやすくなり、トータルコーデを楽しめます。

今年はより女らしさや柔らかさのあるくせ毛風ショートやニュアンスショートに注目です!

Styling:仲村 龍太(Euphoria SHIBUYA GRANDE)

●ショートボブ

人気のショートスタイルの中でも一番長さがあるショートが「ショートボブ」。髪の毛先があごのあたりまであるショートです。ベリーショート、ショートに比べ、耳が隠れるくらいの長さがあります。

ショートボブは前から見ると丸みを帯びたシルエット。 後ろから見ると、ボブより襟足が短くなっています。柔らかな曲線のフォルムに仕上がるため、ショートの中でも一番女っぽいスタイルです。パーマやコテ巻きすることで、自分らしいスタイルを作れます。

ショートボブの魅力は、骨格カバー効果や小顔見せ効果、小頭効果。短い長さでも、コンプレックスをカバーしやすいところが人気です♡

Styling:中高下 由真(BEAUTRIUM 表参道)

●ミニボブ

ボブの中でも一番長さが短いボブが「ミニボブ」。あごラインでカットしたボブ、あごより少し短いボブです。
ボブとショートの中間の長さになるミニボブは、印象としてはショートボブより少し長めで、ボブよりは長さが短くコンパクトなシルエットが特徴。

ミニボブは、ボブよりもミニマムなシルエットで顔回りがすっきり見えます。髪の長さも短いため首回りがすっきり見え、首を長く見せてくれるので小顔効果や縦長のスタイルアップ効果があります。

ボブの女性らしい可愛らしさを残しつつ、ショートのようなメリハリでエッジを効かせてくれるミニボブは、そのミニマルなデザインが人気です!

Styling:中野 由衣(ASTAR)

●ボブ

ミニボブよりも長さがある「ボブ」は、髪の毛先があごよりも長く、肩につかないくらい長さ。ショートやミニボブと比べ、サイドの髪は長めです。

一般的なボブは、後ろが短く前が長いため小顔効果がアップする「前下がり」のシルエットになります。ワンレングスのボブも人気でしたが、最近では、顔まわりを短めにした前上がりシルエットも人気です。

ショートと大きく違う点は、結べるところ。ギリギリ結べる長さがあるのでアレンジの幅も広がります!

Styling:二ノ宮 隆(Grege)

●ボブディ

ボブとミディアムの中間の長さの髪型が「ボブディ」。ボブとミディアムを合わせた呼称で、ミディアムボブともいいます。ボブディの長さは、ボブよりも少し長め、ミディアムより少し短めです。

その長すぎず短すぎない長さが扱いやすく、外ハネなどのセルフスタイリングもしやすいところが人気です。軽さがあるためこなれ感を出しやすく、今っぽさを演出してくれます!伸ばしかけにもおすすめの髪型です。

Styling:坂本 愛有(Lin’ne)

●ロブ

ボブの中でも一番長い髪型がロブ」。ロブは、ロングボブの略称です。ロブの長さはボブディよりも少し長めで、ミディアムより短い長さ。鎖骨ラインくらいの長さになります。

ミディアムよりも短いため扱いやすく、ボブの中でも一番長いのでコテ巻きやヘアアレンジが楽しめます。ロングから一気にバッサリ切るのに勇気がいる方におすすめの短め髪型です。

Styling:まりえ(hair lounge BEACH)

●ミディアム

髪の毛先が肩よりも長く、鎖骨あたりまである髪型が「ミディアム」。 少し短いとロブ、ボブディ、ボブになり、少し長いとセミロングになります。鎖骨ラインでカットする「鎖骨ミディ」は外ハネが自然にできてアクティブな動きが演出できる人気のスタイルです。

ミディアムは男女ウケ、年齢問わず好印象を与えやすいスタイル。女らしさや可愛らしさだけでなく、清楚さやきちんと感も出せる万能な髪型です。顔の形が気になるなら、ふんわりさせてフェイスラインをカバーしたり、全体を細く見せたいならストレートで縦長ラインを強調したりなど、シルエットを変えて気になるところをカバーできるのも魅力です。

ミディアムはしっかり長さがあるので、どんなシーンにも雰囲気を合わせることができます。その日の気分に合わせて、自分好みにヘアアレンジも自由にできる長さです。コテで巻いたりストレートにしたり、パーマをかけるときもいろんなスタイルを楽しめます♡

Styling:中野 由衣(ASTAR)

●セミロング

ミディアムとロングの中間の長さが「セミロング」。髪の毛先が鎖骨より長く、胸より上の長さです。「ミディアムロング」もセミロングのこと。ミディアムとセミロングの違いは、鎖骨ラインまでがミディアムで、鎖骨ラインより下の長さがセミロングとなります。

ミディアムよりも長さがあるセミロングは、女っぽいスタイルが楽しめるのが魅力。ロングほど長くないので、お手入れもぐんとラクになります。

巻いても短い印象にならないので、コテ巻きやパーマスタイルを楽しみたい方はセミロングくらいの長さがおすすめです。アップスタイルもミディアムよりボリュームを出せるのでおしゃれの幅が広がります!

Styling:中山 優介(insi)

●ロング

セミロングよりも長い「ロング」。ロングは胸が隠れるくらい、または胸より少し下までの長さです。

ロングは男子ウケもよく、モテスタイルを作りやすい長さ。中でも黒髪ロングは女性にも男性にも印象がいいスタイル。美人見えするストレートロングも人気です。

ほどよいゆるさのニュアンスウェーブロングや、きつめのビッグカールウェーブロングなど、アレンジの幅はショート、ボブ、ミディアムに比べ圧倒的に多くなります。

ロングのグラデーションカラーは明度差が分かりやすく、おしゃれなスタイルを実現できます!

Styling:村瀬 めぐみ(BEAUTRIUM GINZA)

●スーパーロング

髪の長さの中で一番長い髪型が「スーパーロング」。ロングは胸までの長さをいい、スーパーロングは胸下から腰くらいまでの長さになります。

スーパーロングはその長さまできれいな状態をキープしながら伸ばすことが難しくなるため、その長さだけでも他とかぶらないおしゃれをアピールできます。より個性的で、自分らしい雰囲気を出したいならロングからさらに伸ばしてみるのもおすすめです。

ビッグカールやニュアンスウェーブなどロングスタイルと同じくヘアアレンジを楽しめますが、スーパーロングはウェーブをつけても長さがキープされるため、より女らしくエレガントな雰囲気になります♡

Styling:高石 はるか(hair salon Gallica)

広告

まとめ

女性の髪型の名前は、意外と細かく分かれています。この一覧からあなたの気分に合った長さを見つけてくださいね♡

bangs編集部

written by bangs編集部

「bangs」は、都内人気エリアのトップスタイリスト1000人の技術からパーソナリティまで深い情報を掲載しているスタイリスト検索サイトです。 あなたに合ったスタイリストが見つかります。