機能別おすすめドライヤー6選!プチプラ〜高級ドライヤーまで【2020年最新】

新しいドライヤーが欲しいけど、種類がありすぎてどれがいいのかわからない!今回は、ドライヤー選びで重視するべきポイントと、速乾性・ヘアケア機能と機能別におすすめのドライヤーをご紹介します。今人気のドライヤーから、隠れた名品までセレクトしてみました。中には5,000円以内で買えるプチプラのものも!ドライヤー選びで迷っている方はぜひ参考にしてみてください。


writer レナ | 2020年5月23日更新

広告

ドライヤー選び、重視するべきポイントは?

ドライヤー選びの前に譲れないポイントを決めておこう

最近のドライヤーは、1万円以内で買えるものでもクオリティが高いものが多く、高価なドライヤーと大きな違いがなくなっています。クオリティに差が少なくなっているぶん、どのドライヤーがいいのか迷いやすいのですが、ドライヤー選びは重視するべきポイントを絞れば簡単に選べます。まず、自分が譲れない重視するべきポイントを絞ってみましょう!

早く乾かしたい人は風量をチェック

速乾性を重視するなら、ドライヤー選びのときにスペックを見て風量(単位は立方メートルで記載)をチェックしてみてください。要注意なのは、風量が大きく速く乾くほどドライヤーの音は大きくなるということ。音を気にする人は、風量は毎分1.3〜最大で1.8立方メートル以内のものがおすすめです。また、風量が大きすぎるものの中には家庭用コンセントで使うと、ブレーカー落ちするリスクがあります。風量が大きいものを選ぶときは、合わせて消費電力も要チェック、1200W以内であれば家庭用でも安心して使えます。

 

ダメージケア重視ならヘアケア機能をチェック

髪のダメージケアを重視するなら、各社でこだわっているヘアケア機能をチェックしてみてください。最近は、安いドライヤーでもマイナスイオン機能が搭載されていますが、ダメージケアにこだわるなら、メーカー独自のヘアケア機能が搭載されたものがおすすめです。例えば、パナソニックはパサつく髪をしっとりまとめるナノイー、シャープは保湿効果に合わせて静電気抑制効果もあるプラズマクラスターという独自のイオン技術を開発しています。

髪が長い人は重さも要チェック!

髪が長い人は、長時間ドライヤーを持っても腕が疲れないように、重量が軽いものを選びましょう。要注意なのは、重量が軽くなるほど風量が少ない、ヘアケア機能が少ないというデメリットがあること。重量は800g以下であれば、比較的軽めですが、重量と合わせて風量の数値もしっかりチェックしましょう。

速乾性にこだわる人におすすめのドライヤー

サロニアのドライヤーは、毎分2.3立方メートルの大風量ドライヤー。熱ではなく風の強さで乾かすドライヤーなので、アイロンやコテを使う頻度が多く、熱ダメージを受けやすい髪にぴったりです。また、熱ではなく風で乾かすので、頭皮の熱による乾燥も防げます。

Amazonで見る

速乾性に加え、軽量・音が大きすぎない・こだわりのマイナスイオン機能・3,000円台のプチプラと文句なしのクオリティのドライヤー。風量は1.6と1.8立方メートルの2種類があり、どちらも最大1200Wの出力で家庭でも安心して使えます。風がまっすぐ髪に当たる構造なので、狙った部分を素早く乾かして時短ブローが叶えられます。

 

Amazonで見る

パナソニックのナノイー搭載のドライヤーは、頭皮までケアできるドライヤーです。保水効果の高いナノイーの効果で、髪がしっとりまとまりやすく、指通りよく仕上がります。UVケア効果もあり、紫外線による髪のパサつきもケアでき、より美しい髪へ。風量は1.3立方メートルとヘアケア機能にこだわったドライヤーの中では、比較的大きめでスピーディーに乾かせます。

Amazonで見る

高価になりますが、ヘアケア機能はダントツ!シャープの最新ドライヤーは、ヘアケア効果がなんと6つもあり、トリートメント・ダメージ補正・除電・ツヤ・紫外線ダメージケア・保護と至れり尽くせり。さらに、Bluetoothが搭載されており、独自のアプリを使ってスマホで自分好みの機能を設定して使えるので、使うたびに設定する必要がありません。ドライヤーの構造も髪が乾燥しないように作られており、とことん髪のことを考えられたドライヤーになっています。

Amazonで見る

愛用する美容師さんも多いルーヴルドーのドライヤーは、低温の風と岩盤浴効果がある光線で髪と地肌を乾かします。高温の熱を髪に与えないので、頭皮と髪が乾燥せず、うるおいを保ったまま乾かせるのです!さらに、髪と頭皮だけではなく顔や身体に当てることで温熱ケアも可能。血流を促し、美肌効果も期待できます。ダメージがひどい髪も、高温を与えずに乾かせるので使い続けるほどに髪がよみがえる手応えを感じるでしょう。

Amazonで見る

毎朝のヘアセットに使うドライヤーを探している人へ

毎朝ヘアセットにドライヤーを使うなら、髪を乾かすドライヤーとは別に、ブラシ付きのカールドライヤーを使うと便利です。モノクロームのカールドライヤーは、1000Wのハイパワーで風量が大きく、時間のない朝も素早く髪をまとめられます。コームは地肌を傷つけにくく、髪をしっかりキャッチする構造になっており、短時間で寝癖を根元からリセット。マイナスイオン効果でなめらかにまとまります。

Amazonで見る

優秀ドライヤーで髪派もっと美しくなれる!

今回は、乾かしやすさとヘアケア効果それぞれに優れたおすすめドライヤーをご紹介しました。とにかく時短で乾かしたい人は速乾性に特化したドライヤー、髪のダメージをできるだけ抑えたい人はヘアケア効果に特化したドライヤーを選んでみてください。ドライヤーにこだわることで、あなたの髪はもっとなめらかでまとまりやすい美しい髪に近づけます。

広告

レナ

written by レナ

現在日本化粧品検定の勉強中!美容オタクだけどずぼらな美容ライター。不器用さんでもできるヘアアレンジや、お手軽美容ネタをお届けします♪

  • Access Rankingアクセスランキング

  • Special Contents特集

Access Rankingアクセスランキング

Special Contents特集