マットカラーで理想の透明感に!アッシュとの違いやおすすめスタイルは?

アッシュ系に染めたのに透明感のあるカラーにならなかったという人は、マット系カラーが合うかもしれません。マットカラーは赤みを消して透け感のある発色にしてくれます。今回は、マットカラーがどんな色なのか、おすすめスタイルと合わせて解説します。


writer レナ | 2020年6月16日更新

広告

マット系カラーとは?

グリーン系カラーを使って赤みを消したカラー

マット系カラーとは、ずばりグリーン系のカラーのことです。グリーン系のカラーは、髪の赤みを消す効果があります。日本人の髪色は赤みがかっていますが、赤みを消すことで外国人の髪色のような透け感と柔らかな質感に見えるカラーにすることができるんです。外国人系カラーにしたい、今っぽい透明感のあるカラーにしたいという人は、グリーン系カラーかアッシュ系カラーを入れてもらうのが正解!

Styling:鈴木 理恵(Euphoria aoyama)

赤みが消えるから透明感がすごい!

マット系カラーで赤みを消すと、理想の透明感カラーが手に入ります。透け感のあるヘアカラーは、髪質を柔らかく見せる効果もあるので、髪質が硬い人にはぴったり。また、透明感のあるカラーは陽の光が当たったときの色の変化が印象的です。ぱっと見は黒髪なのに、光が当たると染めていることがわかるので、オフィスや学校でヘアカラーが厳しく制限されているという人にもぴったり。

Styling:斎藤 貴子(Euphoria 銀座本店)

マット系とアッシュ系カラーの違いは消す色

赤みを消す色といえば、マット系以外にアッシュ系カラーがあります。アッシュ系カラーは髪の黄色味を消してくれる色で、ブルー系が中心です。つまり、赤みを消して透明感のあるヘアカラーにしたいという場合は、元の髪色によってマット系がいいかアッシュ系がいいかで変わります。元の髪色の赤みが強いならマット系、黄色味が強いならアッシュ系。担当の美容師さんが判断してくれるので、自分の髪色はどちらのタイプなのか知りたい場合は美容師さんに聞いてみると確実です。

Styling:鈴木崚麻(BEAUTRIUM鎌倉小町)

マット系カラーと相性のいいヘアカラー

マット系カラーは暗めの髪色と相性がいい

日本人の元の髪色は黒髪の暗めカラー。つまり赤みが強い黒髪のような暗めカラーの方が、マット系カラーと相性がいいんです。黒髪でもマット系カラーを組み合わせると、透け感とツヤのあるこなれた黒髪に。また、ほんのりと緑色を感じさせる黒髪になると、ミステリアスな雰囲気も演出できます。

Styling:吉田 秀晃(BEAUTRIUM GINZA)

明るめの髪色は色の組み合わせに要注意

もちろん、明るい髪色にマット系カラーを入れても問題はありません。しかし、緑がかった色になることが多いので、緑がかった色にしたくない場合はアッシュ系カラーを入れるという選択肢になります。ほんのり緑がかった明るいカラーも幻想的で美しいですよ。他人とかぶりにくいカラーなので、他人と同じカラーは嫌という人にはぴったりです。

Styling:中村 飛鳥(hair salon Gallica)

今すぐ真似したくなる!マット系カラーカタログ

ウェットスタイリングで透明感とツヤを強調

仕事で黒髪に染めなければいけないけど、おしゃれな髪色にしたい。そんな人にぴったりなのがマット系カラーの黒髪。普通に黒染めすると全体的に色にメリハリがないベタッとした仕上がりになりますが、マット系カラーの黒髪は透け感とツヤでメリハリのある仕上がり。濡れたような質感が出せるオイルやジェルをなじませると、ツヤと透明感がより引き立ちます。

Styling:松岡 健士郎(RENJISHI KICHIJOJI)

定番ブラウンもふんわり柔らかな質感に

定番のブラウンカラーもマット系カラーを組み合わせると、赤みが抑えられて透け感と柔らかな質感のカラーに。ふんわりと柔らかさが生まれ、女性らしさが引き立ちます。大人フェミニンな前髪なしボブに、マット系ブラウンでエアリー感をプラス。

Styling:井上 博貴(CLASS AOYAMA)

ざっくり切りっぱなしボブに輝くツヤを

毛束感がラフな切りっぱなしボブには、マットグレージュで明るく輝くツヤをプラス。ほんのりとグリーンがかったカラーがこなれて見えます。ヘアカラーに立体感があると、シンプルなスタイリングでも地味に見えません。

Styling:高石 はるか(hair salon Gallica)

トレンドウルフをマットベージュで格上げ

クールなウルフカットのミディアムに、女性らしいベージュカラーを組み合わせてフェミニンウルフにアップデート。マットベージュをベースに、細いハイライトと太いハイライトをミックスして入れています。ハイライトの効果で色の立体感が強調され、ウルフカットのシルエットも引き立ち、より印象的なヘアスタイルに。

Styling:立石 雄太郎(EIZO)

無造作パーマとマットカラーは相性抜群!

ラフな動きの無造作パーマとマットベージュで透明度の高い外国人風ヘアを表現。ほんのりと緑がかったベージュカラーは、マットカラーならでは。今っぽい外国人風ヘアに、緑のアクセントがきいて印象に残るヘアカラーになっています。

Styling:岡田 隆太郎(ZENKO KICHIJOJI)

ツヤ引き立つセンターパートミディアム

マットブラウンで髪のツヤが引き立つダークトーンのミディアムヘア。暗髪でもツヤと透明感があるだけでこなれた仕上がりに。シンプルなセンターパートミディアムが、マットカラーにするだけでグッとおしゃれ度アップ。

Styling:二ノ宮 隆(Grege)

イメージは外国人の海で潮抜けした色素薄めヘア

マットアッシュにハイライトメッシュを細かく入れ、色素の薄さを表現しています。ふわっと揺れ動くようレイヤーカットを施しているのもポイント。ゆるウェーブにマットアッシュの透け感で、イメージはサーフィンが趣味の外国人ヘア。バサッとかきあげた前髪でラフにスタイリングすれば、海から上がって自然に乾かしたような風合いに。

Styling:鈴木崚麻(BEAUTRIUM鎌倉小町)

今のあなたの髪色は何色?マット系カラーが合うかイメージしてみよう

マット系カラーで理想の透明感カラーを手に入れるためには、自分の髪色が赤みの強いタイプか知ることが大事です。黄色味が強いとマット系カラーを入れても黄色味が消えず、透け感のある発色になりません。黄色味が強いタイプはブルーカラーのアッシュ系を。まずは行きつけの美容院で、自分の髪色が赤味タイプか黄色味タイプか美容師さんに聞いてみましょう!

Styling:鈴木崚麻(BEAUTRIUM鎌倉小町)

広告

レナ

written by レナ

現在日本化粧品検定の勉強中!美容オタクだけどずぼらな美容ライター。不器用さんでもできるヘアアレンジや、お手軽美容ネタをお届けします♪