美容院に行く頻度はどれくらいがベスト?主婦向け美容院代節約ヘアも提案!

世間の主婦は美容院にどれくらいの頻度で行ってるの?美容院に定期的に行けない、美容院代を節約しながらおしゃれな髪型はキープできる?今回は主婦の美容院に行くベストな頻度をご紹介。美容院に行く頻度を減らしたい主婦向けに、美容院に行く手間を減らせるおしゃれでコスパのいい髪型もご紹介します!


writer レナ | 2020年7月29日更新

主婦の美容院に行く頻度と年間でかかる美容院代はいくら?

2〜3ヶ月に1度美容院に行く主婦が多数派

主婦の美容院に行く頻度は、一般的には

 

・月に1回

・2ヶ月に1回

・3ヶ月〜半年に1回

 

というパターンが考えられます。毛先をちょっと整えたりトリートメントのために毎月行くという人もいれば、忙しくて半年に1回という人もいてさまざま。中には、節約するためにセルフカットやセルフカラーで美容院に行く頻度を意識的に減らしている人もいます。

Styling:村瀬 めぐみ(BEAUTRIUM GINZA)

美容院代にかかる年間支出は安くて3万円弱

美容院に行く頻度や美容院の料金設定によって違いはありますが、美容院に行って1回で使う金額は5,000円〜1万円という人が多いのではないでしょうか。毎月行くとすると、年間でかかる美容院代は5〜12万円とかなり高額。2ヶ月に1回でも年間だいたい3万円はかかります。節約をするなら、美容院に行く頻度は減らしてセルフカットやセルフカラーで工夫する必要がありますね。節約にこだわらず、美しい髪型をキープしたいなら、髪型に合わせて美容院に行く頻度を調整することをおすすめします。

Styling:吉田 秀晃(BEAUTRIUM GINZA)

美容院に行くベストな頻度は髪型によって違う

ショートは月1ペースがおすすめ

ショートはヘアセットは楽ですが、髪型をキープするためには美容院に行く頻度が増えます。ショートはちょっと伸びただけでも雰囲気が変わるので、1ヶ月〜1ヶ月半に1回のペースで美容院に行って髪型を調整してもらいましょう。ショートからボブ、ミディアムと伸ばして行く場合は、2〜3ヶ月に1回と頻度を下げてもOK。ただし、ショートは伸びるとスタイルが崩れやすくなるので、伸ばしかけで髪型が決まりにくくなったと感じたら、美容院に行くようにするとよいでしょう。

Styling:嶋津 花純(hair+resort valentine)

ミディアムは3ヶ月に1回のペースで

ミディアムは毛先を整えてもらうために3ヶ月に1回のペースで美容院に行くとよいでしょう。ショートに比べると髪が伸びてもスタイルの崩れが目立ちにくく、まとめ髪アレンジでカバーできますが、毛先のダメージを放置するとまとまりにくくなってしまいます。3ヶ月に1回のペースであれば、忙しい人でも通いやすいのではないでしょうか。忙しくて美容院に中々行けないという主婦の方は、髪は長めのほうが美容院に行く頻度を減らせて便利ですよ。

Styling:堤 智哉(ZENKO Omotesando)

ロングは3ヶ月〜半年に1回のペースで

ロングヘアは美容院に行く頻度が少なくても、巻き髪やまとめ髪アレンジでヘアスタイルの崩れをカバーできます。ミディアムと同じように、毛先を整えるために美容院に通うと美しいロングヘアを維持しやすくなりますよ。できれば3ヶ月〜半年に1回は毛先の調整のために美容院に行ってみましょう。

Styling:峠坂 祐香(hair+resort valentine)

パーマやカラーをしている人は美容院に行く頻度が増える

パーマやカラーをすると髪型に関わらず、美容院に行く頻度が増えます。とくにカラーは髪が伸びるにつれ、根元の色が変わって雰囲気がだらしない、みすぼらしくなってしまうので要注意。明るいトーンのカラーなら1ヶ月〜1ヶ月半に1度、ダークトーンなら2ヶ月に1度で美容院にリタッチに行きましょう。とくにロングヘアは髪の重みで根元の色の変化が目立ちやすいです。ロングヘアから明るいトーンの髪型は、月に1回のペースで美容院に行くことをおすすめします。

Styling:立石純也(CANAAN)

美容院に行く頻度を減らしたい!忙しい・節約派の主婦向けの髪型

ポイントその1. 長さはミディアム

多少伸びても崩れにくい、まとめ髪アレンジで崩れをカバーしやすいミディアム。朝のセットに時間をかけらないときは、パパッと後ろでまとめて大人っぽいローポニーテールにしたり、ハーフアップでカジュアルにアレンジしたりと、アレンジを楽しみながら髪を伸ばせます。

Styling:矢邊 知美(THE SEA Hair & Life)

ポイントその2. 前髪は長め

前髪は伸びても髪型がおしゃれに決まるように、長めに残してもらうとベスト。美容院に行ったとき、前髪が伸びたときに斜め分けやセンター分けしやすいよう、分け目を作ってもらうと楽チンです。前髪が伸びてもかきあげバングやオールバック風アレンジなどで楽しめます。

Styling:加藤 信綱(hair+resort lagoon)

ポイントその3. パーマをかけるならゆるめ

ゆるめのパーマは取れかけても目立ちにくいので、定期的に美容院に行けなくても安心。コールドパーマやコスメパーマはゆるっとしたくせ毛風の仕上がりになり、取れかけても崩れが目立たないのでおすすめです。ただしゆるく仕上がるパーマは軟毛や剛毛の髪にはかかりにくいので、必ずスタイリストさんに髪質を見てもらってパーマが効くか聞いてみましょう。

ポイントその4. カラーはダークトーンで色落ちがキレイなグレージュ

美容院に頻繁に行かなくてもいいヘアカラーは、ダークトーンかつ色落ちしてもキレイなカラー。グレージュの暗いトーンなら、色落ちしてもくすみ感のある暗髪になり、根元の色の変化が目立ちにくいです。透け感もあって今っぽさもバッチリ!

Styling:萩原 翔志也(vicca 青山)

おまけ:美容院に行く頻度を減らしたいならヘアケアにこだわって

ミディアム、ロングヘアで美容院に行く頻度を減らすなら、毛先のダメージを抑えるヘアケアに力を入れてみてください。毛先のパサつきが進行しにくくなると、美容院で毛先をカットしてもらう頻度が減り、美容院代も節約できます。毎日のお風呂上がりのヘアケアに、オイル系のアウトバストリートメントがおすすめです。

Styling:村瀬 めぐみ(BEAUTRIUM GINZA)

自分にとってベストな美容院の頻度を見つけて

常に髪型を美しくキープしたいという強いこだわりがあるなら、こまめに美容院に行ったほうがいいですが、中には忙しくてなかなか美容院に行けない・美容院代をできるだけ節約したいという主婦もいるはず。美容院に行く頻度を減らすなら、頻度を減らせる髪型にするという手もあります。自分にとってベストなペースをつかんでくださいね!

Styling:村瀬 めぐみ(BEAUTRIUM GINZA)

レナ

written by レナ

現在日本化粧品検定の勉強中!美容オタクだけどずぼらな美容ライター。不器用さんでもできるヘアアレンジや、お手軽美容ネタをお届けします♪

  • Access Rankingアクセスランキング

  • Special Contents特集

Access Rankingアクセスランキング

Special Contents特集