2020年夏のロブヘア10選!涼しげ爽やかなヘアアレンジも

まとめ髪アレンジもできるけど、下ろすだけでもおしゃれな髪型にしたい!そんな人におすすめなのがロブ。伸ばしかけの髪型のイメチェンにもおすすめです。今回は2020年夏におすすめの涼しげなロブヘアとアレンジをご紹介します。


writer レナ | 2020年7月21日更新

ロブヘアとは?2020年夏人気の高いミディアムヘア

ロブはまとめ髪アレンジもしやすい絶妙レングス

ロブヘアは、ボブのように全体の長さが揃えられたミディアムレングスの髪型です。長さは肩〜鎖骨ライン。ポニーテールやお団子などまとめ髪がしやすい長さで、アレンジを楽しめる飽きにくい髪型です。

Styling:八杉絵理子(hair SUNDY)

ロブヘアはどんな人におすすめ?

・丸顔やエラが張ったベース型の輪郭の人

・毛量が多い

・くせ毛

・肩幅の広さが気になる人

 

ロブヘアは小顔効果の高い髪型です。とくにエラ張りやフェイスラインの丸みが気になる人は、顔まわりの髪でフェイスラインをカバーしてスッキリ小顔に見せられます。ロブヘアは毛先に向かって重みがあるので、毛先がうねる、ハネやすいくせ毛の人でも重みでくせ毛が暴れにくくなってセットが楽チン!

逆に毛量が少ないと全体的にペタッとボリュームのない髪型になりやすいので要注意。

Styling:八杉絵理子(hair SUNDY)

ロブはレングス別に雰囲気が変わる!

肩ラインのロブは大人可愛い雰囲気

肩ラインのロブは大人な雰囲気がありつつ、毛先の動きが引き立ち可愛らしさもある髪型です。肩ラインについた毛先をコテやデジタルパーマで外ハネさせたり、全体にウェーブをかけてラフに仕上げることもできます。

Styling:土井 恵利花(hair+resort bouquet)

鎖骨下レングスのロブは大人フェミニンな雰囲気

鎖骨〜鎖骨下の長さのロブヘアは、色気のある髪型。肩幅の広さをカバーして華奢な印象を作り出すこともできます。芸能人でいうと田中みな実さんも鎖骨ラインのロブヘアで人気です。色っぽい、大人なファッションで攻めたいなら鎖骨レングスのロブヘアがおすすめ。

Styling:堀口 由香利(ASSORT TOKYO)

 

2020年夏のロブヘアカタログ10選とスタイリングのコツ

毛量の多さが気にならないレイヤーロブ

毛量の多い人にぴったりなロブですが、毛量が多いとスタイリングが面倒ですよね。スタイリングを楽にしたいなら、レイヤーカットしたロブヘアがおすすめ!とくに2020年は軽やかな動きが出るレイヤーカットが人気なので、トレンドも押さえられます。顔まわりにレイヤーカットを入れて短くすることで、動きのあるふんわりとしたロブヘアに。

Styling:岡田亜沙美(KILLA)

デジタルパーマでウェットウェーブロブ

乾かすだけで動きが再現できるデジタルパーマでウェーブをプラス。オイルやジェルのようなウェット感のあるスタイリング剤を使い、セミウェットな仕上がりにすると夏っぽい。耳から下にかけてウェーブのたっぷりとした動きがあるので、前髪と顔まわりはスッキリとさせて爽やかさも忘れずに。

Styling:大矢 哲敬(ASTAR)

透け感カラーのミックス巻きロブ

2020年夏も引き続き人気の透け感のあるカラー。透明感のあるカラーにすると、毛量の多い重ためボブも軽やかさを出しやすくなります。毛先は裾まわりを外ハネさせ、顔まわりは内巻きに。ミックス巻きにして毛先の動きに変化をつけ、メリハリを持たせるのがポイント。

Styling:成田 佑弥(THEATER)

シースルーバングロブ

くせ毛がひどい人も重みでくせが暴れにくくなるロブですが。夏にするにはちょっと重ため?前髪に透け感を持たせれば、重軽ニュアンスのバランスのいい髪型に仕上がります。ウェットスタイリングで前髪、全体に毛束を作ってみずみずしいツヤを引き立たせましょう。

Styling:米澤 香央里(SYAN)

かきあげバングのハンサムロブ

爽やかでハンサムな雰囲気を出してくれるかきあげバングは、夏イチオシの前髪スタイル。ハンサムさを引き立てるため、両サイドは耳かけしてスッキリとまとめます。オイルやジェルを全体になじませたあと、前髪にも手でかきあげるようにしてなじませ、ウェットな質感をプラスさせましょう。

Styling:志賀 雅千子(hair+resort bouquet)

くせ毛ニュアンスのパーマをウェットスタイリング

しっとりとした質感にあるSYANパーマでふんわりくせ毛のような動きのナチュラルなウェーブをプラス。ラフな動きの巻き髪やパーマスタイルも、ウェットスタイリングすることでパサつきが抑えられ、ツヤのある夏にぴったりなみずみずしいヘアスタイルに。

Styling:米澤 香央里(SYAN)

スタイリッシュなストレートロブ

モードなファッションが似合うスタイリッシュなロブ。ストレートヘアでも毛先は軽く内巻きさせるとナチュラルな仕上がり。前髪はあえて長く残し、サイドを耳かけさせてアシンメトリーな雰囲気を演出させます。

Styling:大島 栞菜(THE SEA Hair & Life)

ナチュラル黒髪ロブ

清潔感と女性らしさが引き立つ黒髪ロブ。かきあげバングで涼しげに。肩に当たると毛先が部分的にハネる髪でも、スライドカットで柔らかさを出すことでクセを活かした動きのあるロブに仕上がります。白い肌が引き立つ黒髪で、フェミニンな雰囲気がアップ!

Styling:矢邊 知美(THE SEA Hair & Life)

夏向け簡単ロブアレンジ5選

夏のハーフアップはまとめる部分を多めに

夏のハーフアップは耳上の髪を多めに後ろでまとめるのがポイント。耳下に残す髪は少なめにすることで、首元がスッキリして涼しげなまとめ髪アレンジになります。後れ毛は束感を出すためにコテで巻き、毛先中心にオイルやシアバターをなじませパサつきを抑えましょう。

Styling:山根 純平(BEAUTRIUM PENINSULA)

サイドシニヨン

華奢なうなじを引き立てるサイドポニー。サイドで髪をまとめ、毛束をくるくるっと巻きつけるようにまとめてピン留め。反対側にはバレッタをつけておしゃれにセットが崩れるのを防ぎます。顔まわりの髪はクルンとカールさせると、ふんわり軽やかな揺れる動きで涼しげな雰囲気に。

Styling:遠藤 晋(AUTRE by FUGA hair 綱島店)

定番内巻きアレンジはセンターパートでスッキリと

ロブの内巻きアレンジは定番ですが、夏にするなら前髪をセンターパートにしておでこを出すと暑苦しい雰囲気になりません。内巻きの効果で小顔効果も期待できます。

Styling:加藤 信綱(hair+resort lagoon)

簡単おしゃれなスカーフアレンジ

後ろで結んだシンプルなローポニーに、バンダナやスカーフをぐるっと巻きつけて。簡単なのにリゾートファッションが似合うヘアアレンジです。前髪はおろしてくるっと内巻きにさせて可愛さをプラス。

Styling:矢邊 知美(THE SEA Hair & Life)

ふわクシュゆる巻きローポニー

ミックス巻きでふわっとした動きをつけたロブを低い位置で結んだローポニーテールアレンジ。結んだ部分をくるりんぱさせると、立体感ができてこなれたヘアアレンジに。ヘアアクセサリーを飾るのもポイント!

Styling:遠藤 晋(AUTRE by FUGA hair 綱島店)

2020年夏、女っぷりを上げるならロブがおすすめ

2020年夏、ロブヘアは伸ばしかけの髪型からのイメチェンにもおすすめです。下ろすだけでもおしゃれ、まとめ髪も簡単にできる絶妙レングスのロブヘア。女性らしさが引き立つ髪型で、女っぷりを上げてみませんか?

Styling:山本麻美(CANAAN)

レナ

written by レナ

現在日本化粧品検定の勉強中!美容オタクだけどずぼらな美容ライター。不器用さんでもできるヘアアレンジや、お手軽美容ネタをお届けします♪