頭皮ケア・保湿にいいオイルは肌質に合わせて選ぼう!おすすめオイルを紹介

頭皮ケアにオイルを取り入れている人が多いですが、頭皮ケア用のオイルは頭皮の肌質に合わせて選ぶと、頭皮ケア効果がアップします。今回は、頭皮ケアと保湿にいいオイルの選び方を肌質別に解説。それぞれおすすめのアイテムもご紹介します。


writer レナ | 2020年9月5日更新

頭皮ケア用オイルは頭皮の肌質に合わせて選ぼう

頭皮も肌と同じで肌質があります。肌質に合わせたオイルを選ぶと、頭皮ケア効果がアップします、思わぬ頭皮トラブルも防げます。頭皮の肌質チェック方法は簡単。あぶらとり紙を用意してください。いつも通りシャンプーをしたら、髪を8割程度まで乾かしてください。そして、髪の生え際とうなじ部分にあぶらとり紙を貼り付けて30分以上放置。30分で皮脂があぶらとり紙に染み込んでいたら、頭皮はオイリー肌。1時間程度なら普通肌、2時間以上経っても皮脂が染み込んでいない場合は、頭皮が乾燥肌ということになります。

【肌質別】頭皮ケアにおすすめのオイルの種類とアイテム

頭皮がオイリーでニキビができやすい人には「ホホバオイル」

頭皮がオイリーなだけではなく、ニキビができることがあるという人には、オリーブオイルや椿オイルといったオレイン酸がたっぷり含まれるオイルはおすすめしません。オレイン酸はニキビ菌の餌になるので、ニキビが悪化・増える可能性があるからです。オイリーなニキビ頭皮にはホホバオイルがおすすめ。オレイン酸が少ないのでニキビが悪化・増える心配がありません。保湿力も高いので、乾燥から余分に皮脂が分泌されるのも防いで頭皮環境を整えてくれます。

オイリーニキビ頭皮のケアにおすすめ!「spa hinoki ホホバオイル」

ホホバオイルは栄養がたっぷり含まれた未精製タイプ、かつ栄養が損なわれない低温圧搾法で作られたものがおすすめ。スパヒノキのホホバオイルは、オーガニックのホホバオイルが100%贅沢に使われています。

オイリー頭皮にはスクワラン

ニキビはできないけど頭皮がべたつくというオイリー頭皮には、同じくニキビができにくいオイルで保湿力が高いスクワランがおすすめ。スクワランは深海ザメからとれる油で、頭皮はもちろん髪の毛、お肌にも使えます。

Sin 無添加スクワランオイル

こちらのスクワランオイルは、無添加で無臭、サラリとしていて使いやすいスクワランオイルです。頭皮ケアに限らず、お肌にも使えるのでスキンケアオイルと兼用できます。頭皮、髪の毛、顔、全身に使ってもコスパがいいたっぷり200ml!

乾燥頭皮にはローズヒップオイル

乾燥頭皮にはしっとり保湿力が高いローズヒップオイルがおすすめ。ローズヒップオイルもニキビの原因になるオレイン酸の量が少ないので安心して頭皮ケアに使えるオイルです。ローズヒップオイルは毛穴に詰まりにくく、皮膚にスッとすばやく浸透するという性質を持ちます。乾燥する頭皮にすばやくなじんでうるおいをキープ。乾燥頭皮に限らず、オイリーニキビ頭皮やオイリー頭皮にもおすすめです。

トリロジー ローズヒップオイル

トリロジーのローズヒップオイルは、国際的オーガニック認証を受けている本格オーガニックオイル。頭皮ケアやマッサージに使いやすいスポイト式容器なのが嬉しいですね。

オイルクレンジングで頭皮ケアする方法

オイルを使うことで頭皮の毛穴に詰まった汚れが浮き、汚れを落として頭皮環境をすっきりと整えます。オイルクレンジングは週1、2回の頻度で行うのがおすすめ。シャンプー前に頭皮をマッサージしながらクレンジングするので、頭皮マッサージ効果で血流がスムーズになり、美しい髪が生えるサポート効果も期待できますよ。

 

1.ブラッシングをして汚れやほこりを浮かせる

2.シャワーで頭皮を軽く濡らす

3.オイルを手のひらに500円玉サイズにとり、指の腹で頭皮全体にオイルをなじませる

4.指の腹で頭皮に円を描くようにマッサージする。両サイド、後頭部、トップと順にマッサージするとムラなくなじみます

5.5分ほど放置し、いつも通りシャンプーをしてオイルと汚れを洗い流す

オイルマッサージで頭皮を保湿する方法

頭皮の保湿が目的なら、シャンプーをして髪を乾かす前に頭皮にオイルをなじませましょう。オイルがドライヤーの熱から頭皮を守り、頭皮の乾燥を防いでくれます。保湿に合わせてマッサージもすると一石二鳥!

 

1.シャンプー後にタオルドライをしたらオイルを手のひらに100円玉サイズにとる

2.頭皮にオイルをなじませ、指の腹で頭皮をマッサージする

3.ブローする

 

頭皮にドライヤーの風を当てるときは、高温にならないように温度を調整しましょう。温度調整ができない場合は、頭皮から20cm以上離した状態で乾かしてください。

頭皮がオイリー肌な人は椿オイル、オリーブオイル入りのシャンプーも避けて

頭皮がオイリーでニキビができることがある人は、オリーブオイルや椿オイル配合のシャンプーは避けたほうがいいかもしれません。どちらも保湿力は高いのですが、ニキビ菌の原因になるオレイン酸が気になるので、ニキビができやすい人には不向き。とくにシャンプーの洗い残しで首やフェイスラインにニキビができることもあるので、できるだけ避けたほうがよいでしょう。

頭皮ケアはオイルを活用しよう

頭皮ケアに植物オイルは大活躍しますが、オイルの中にはニキビができやすいオイルがあるのでオイル選びには要注意。ニキビができやすいのはオレイン酸が多いオリーブオイルや椿オイル、アルガンオイルです。オイリー頭皮の人はオレイン酸が少ないホホバオイルやスクワランオイルを使うことをおすすめします。乾燥頭皮でもオレイン酸が多いオイルは避け、肌なじみがいいローズヒップオイルを選ぶのがおすすめ。正しいオイル選びで正しい頭皮ケアを!

レナ

written by レナ

現在日本化粧品検定の勉強中!美容オタクだけどずぼらな美容ライター。不器用さんでもできるヘアアレンジや、お手軽美容ネタをお届けします♪