簡単!初心者でもできる編み込みのやり方<ハーフアップやポニー、編みおろしまで>

編み込みアレンジを自分でやるのは難しい、という人は多いと思います。でも意外と編み込みって簡単なんです!今回は、編み込み初心者さんでもできる簡単な編み込みのやり方と、編み込みを組み合わせたヘアアレンジをご紹介します。


writer レナ | 2020年8月11日更新

編み込みは三つ編みからスタート!基本のやり方

実は編み込みって意外と簡単。スタートは三つ編みから始まり、フィニッシュも三つ編みで終わります。どういうこと?と思うかもしれませんが、編み込みの基本は三つ編みをまわりの髪を編み足しながら三つ編みすることなんです。普通の三つ編みは1本の毛束を3つに分けて編んでいきますよね。

編み込みも最初は3つの毛束からスタートするのですが、まわりの髪から毛束をプラスしながら編んでいくんです。だから、普通の三つ編みと違って編み込みは下に向かうにつれて太い三つ編みのように仕上がっていきます。編み込めなくなった部分からは、普通の三つ編みのようにまとめればOK。

Styling:矢邊 知美(THE SEA Hair & Life)

大人フェミニンな編み込みハーフアップのやり方

両サイド編み込みハーフアップ

ハーフアップも基本の編み込みを応用すれば簡単にできます。2つのパターンがあり、両サイドだけ編み込むパターンとトップと両サイドを編み込むパターン。画像は両サイドだけ編み込むパターンで、比較的簡単にできます。両サイドの髪から3本毛束をとり、まわりの髪を加えながら三つ編みをするように編み込んでいき、途中から三つ編みにシフトしてシリコンゴムで結びます。あとはサイドそれぞれの編み込んでゴムで結んだ部分を後ろに持っていき、ゴムで結んでバレッタやリボンで結び目をカバーすれば出来上がり。

Styling:永田邦彦(CHIC omotesando)

トップ、両サイド編み込みハーフアップのやり方

トップと両サイドの編み込みを組み合わせたハーフアップも意外と簡単。編み込み方法は三つ編みベースの基本の編み込み方でOK。まずトップの髪で三つ編みスタートの編み込みを頭の中央部分まで編んだらシリコンゴムで結んでおきます。そして、耳より前の髪を後ろに向かって編み込んでいき、編み終わり部分をクリップで留めておきましょう。

両サイド編み込んだら、クリップで留めていた編み終わり同士をまとめ、最初に編み込んだトップの編み込みの編み終わり部分に重なるようにゴムで結びます。結び目部分は大きめのバレッタなどでカバーすればOK。仕上げに、編み目をほぐしてふんわり感を出せば完成!編み終わり部分をゴムで結んでからくるりんぱすると、バレッタなしでもこなれた仕上がりになりますよ。

Styling:永田邦彦(CHIC omotesando)

簡単!サイド編みおろしハーフアップ

後ろ部分を編み込むのは難しいという人におすすめなのが、こちらのサイド編み込みハーフアップ。トップからサイドに表面だけ編み込み、三つ編みメインのように仕上がります。編み込む部分はトップのスタート部分とハチまわりだけで、鏡を見ながら編み込めるので編み込み初心者の人でも簡単にできるんです!ベースの髪はゆる巻きにしておきましょう。

Styling:遠藤明美(misherry)

結婚式アレンジにもオススメ!編み込みアップのやり方

両サイド編み込みギブソンタック

ギブソンタックとは、ローポニーテールを結んでくるりんぱし、くるりんぱ部分に毛束を入れ込んでロール状に仕上げるまとめ髪です。編み込みを組み合わせると、立体感がアップして華やかさが増すので、結婚式のお呼ばれシーンにぴったり。難しそうに見えますが、こちらも意外と簡単。ポイントは、ベースの髪をコテで波巻きにしてウェーブにしておくことと、仕上げのほぐし。

ベースをウェーブ状にしておくと、仕上げにほぐしたときにふんわりとした仕上がりになります。仕上げでほぐすときは、編み込み部分と後頭部のロール部分を少しずつほぐしましょう。

耳から前の髪を分けておき、残った髪を後ろでまとめてギブソンタックにします。分けておいた耳から前の髪を編み込み、編み終わり部分を両サイドまとめてゴムで結び、ロール部分に隠すようにピン留めすれば完成です。

Styling:永田邦彦(CHIC omotesando)

編み込みシニヨンはオイルをなじませてまとめる

ロングヘアで編み込みのまとめ髪をするときは、オイルを全体になじませてから編み込むと崩れにくくなります。とくに後れ毛なしのきっちりとした編み込みアップヘアをするときは、オイルをなじませておくとキレイにまとまります。

Styling:永田邦彦(CHIC omotesando)

編み込みポニーテール

ポニーテールは両サイドに編み込みを組み合わせると、大人フェミニンな仕上がりに。両サイドの編み込み方は三つ編みベースはもちろん、三つ編みベースが難しい場合は、まわりの髪を加えながらねじるように編み込んでいくねじり編みが簡単でおすすめです。ベースの髪は内巻き、外巻きをミックスして巻くと、ポニーテールにしたときに毛束にボリュームが出て華やかになります。

Styling:永田邦彦(CHIC omotesando)

トップ、両サイド編み込みローポニーテール

シンプルなローポニーテールも、編み込みを組み合わせると後ろ姿が華やか。両サイドだけではなく、トップからも編み込んで仕上げにほぐすことで、立体感のあるローポニーテールになっておしゃれ。編み終わり部分をまとめる部分には、バレッタをつけておくと崩れにくくなりますし、まとめた部分を隠すことでこなれて見えます。

Styling:永田邦彦(CHIC omotesando)

プリンセス風バック編み込みのやり方

ロングヘアの人は、編みおろしアレンジにも挑戦してみてください。トップから編み込み、編み込みできなくなってからそのまま毛先まで三つ編みにするのが編みおろしです。画像のように両サイドからも編み込みをして、トップから編みおろした部分に巻きつけるようにまとめると、より立体感のある仕上がりになります。

Styling:永田邦彦(CHIC omotesando)

編み込みのやり方をマスターしてヘアアレンジ上級者になろう!

編み込みは難しいイメージがあるかもしれませんが、基本は三つ編みの応用。応用といっても、普通の三つ編みと違ってまわりの髪を加えながら編んでいくだけなので、簡単にできます。基本の三つ編みベースの編み込みだけでも、ハーフアップやポニーテール、ギブソンタックなどさまざまなアレンジに使えるので、まずは三つ編みベースの編み込みのやり方をマスターしてみてください!

Styling:永田邦彦(CHIC omotesando)

レナ

written by レナ

現在日本化粧品検定の勉強中!美容オタクだけどずぼらな美容ライター。不器用さんでもできるヘアアレンジや、お手軽美容ネタをお届けします♪