かきあげ前髪の作り方♡フワッと自然な”かきあげバング”で色気を放て!

ざっくりかき上げたセクシーな前髪でイイ女に。かきあげ前髪は、女の魅力をアップさせるのに有効なスタイルです。自然に立ち上がる前髪を作るには、スタイリングに少しコツが必要!今回はふわっと自然な立ち上がりのかきあげ前髪の作り方をお教えします♡


writer IROHA | 2020年9月25日更新

かきあげ前髪の作り方①ドライヤーで癖づけ

かきあげ前髪の作り方でまず大事なのが、前髪の根本。しっかり立ち上がるようにドライヤーで癖をつけ、自然なかきあげ前髪を作ります。

その時に気を付けるべきことは、ドライヤーの当て方。立ち上げたいからと真後ろにドライヤーを当てると硬い印象になってしまいます。ドライヤーは斜めに当て、左右両方から流しながら立ち上がるように癖づけしましょう。

Styling:初見 悠(ROOTS)

かきあげ前髪の作り方②立ち上げるのは前髪だけじゃない

かきあげ前髪のスタイリング時にありがちなのが、前髪しか立ち上げていないパターン。前髪はボリュームがあるのにその後ろの頭頂部はぺったんこ。そんなニワトリのようなスタイリングはNGです。

かきあげ前髪を作る時は、前髪の立ち上がりをつけるのと同様に、トップの髪も斜めからドライヤーを当てて、ふんわりさせましょう。

Styling:松本 裕樹(studio tva)

かきあげ前髪の作り方③頬に落ちる髪はしっかりキープ

かきあげ前髪を作る時にドライヤーでの癖づけは必須ですが、顔まわりの髪全てを後ろに癖付してしまうのはNG。顔まわり全てを後ろに癖付してしまうと女っぽい色気というより男っぽいキリリとした印象のオールバックスタイルに……。

かきあげ前髪を作る時は、頬に落ちる部分は前に乾かし、メリハリをつけましょう。

Styling:鈴木 祐一郎(ZENKO KICHIJOJI chere)

かきあげ前髪の作り方④スタイリング剤で固めすぎない

ドライヤーでかきあげ前髪のベースが作れたら、次はスタイリング。ここでセット力の強いスタイリング剤を使うと、自然な仕上がりから離れてしまいます。

かきあげ前髪を作る時は、柔らかめのワックス、艶感の出るジェリータイプなどのスタイリング剤でサラッと仕上げましょう。

Styling:河野 さなえ(grass)

おすすめかきあげ前髪スタイル①

外ハネミディアムのかきあげ前髪スタイル

外ハネミディアムのかき上げスタイル。毛先はすべて外ハネに癖づけし、中間の髪はコテを軽く通すくらいの緩めなうねりをON。かきあげた前髪はやや後ろに流しながら立ち上げます。

Styling:伊藤 さやか(CLASS AOYAMA)

おすすめかき上げスタイル②

かきあげ前髪のグラデーションボブ

グラデーションボブをベースに、かきあげ前髪の組み合わせで可愛いとクールを両得。毛先のコロンとしたワンカールが可愛い印象を与え、バングでクールな雰囲気もプラス。

Styling:山本 雄介(coii)

おすすめかき上げスタイル③

かきあげ前髪のボーイッシュショート

ショートヘアにかきあげ前髪で動きをつけたスタイル。ショートのかきあげバングは活発なイメージを与え、毛先の動きを見せやすいのでボーイッシュなスタイルが好きな方にはおすすめ。

Styling:河野 さなえ(grass)

IROHA

written by IROHA

writer/editor トレンドヘアの見たい、知りたいをご紹介♡

  • Access Rankingアクセスランキング

  • Special Contents特集

Access Rankingアクセスランキング

Special Contents特集