境界線はドコ?セミロングとミディアムの違いを解説!

女性らしい髪型を作るのにぴったりなのが、セミロングとミディアム。このふたつのレングスの違いについてご存知ですか?この記事では、髪のおしゃれが大好きな人に人気のセミロングとミディアムの違いを解説します。


writer kiku | 2020年10月23日更新

セミロングってどんなレングス?

セミロングは、ロングとの違いが微妙なレングスですが、一般的に鎖骨の下から胸の間を指します。

Styling:矢邊 知美(THE SEA Hair & Life)

ミディアムってどんなレングス?

ミディアムは、肩上から鎖骨あたりのレングスのことを指します。長すぎないけど結ぶアレンジもしやすく、下ろしたままでも邪魔にならない、扱いやすいレングスです。

Styling:EMMA GINZA

セミロングのおすすめアレンジスタイル

1. 編み下ろしスタイル

結婚式や二次会などで人気の編み下ろしスタイルは、ほどよいきっちり感とゆるさは、ある程度のレングスがないと成立しない髪型です。セミロングの人は、ぜひチャレンジしてみてください。

Styling:土井 恵利花(hair+resort bouquet)

ミディアムのおすすめアレンジスタイル2選

2. おさげ風スタイル

くるりんぱを重ねた、大人のおさげ風スタイル。ミディアムは、ギリギリアップにできるレングスなので、大人の女性にとって扱いやすいのが魅力です。

Styling:山崎 愉美(albero)

3. ゆるポニーテール

ゴム一本で作る、こなれ感たっぷりなポニテスタイル♡ ささっと作ったような、後れ毛感が大人っぽいですね。セミロングやロングよりも短いミディアムレングスの髪は、まとめすぎないラフなスタイルが作りやすいですよ。

Styling:呉町 健治(ASTAR)

セミロングとミディアム。あなたはどっちがタイプ?

似たように感じられるセミロングとミディアムですが、鎖骨が分岐点になっていることがわかりましたね!どちらも長すぎない、そして短すぎない髪型なので、アレンジがしやすいレングスです。髪型はアレンジでおしゃれしたい。そんな人はぜひ、セミロングかミディアムのレングスにしてみましょう。

written by kiku

30代の女性をターゲットにしたwebメディアで執筆活動を行っているライター。海外の国々を一ヶ月ずつ滞在する旅暮らしを、ときどきしています。旅の雑記帳▶︎https://www.kikuat.work