冬でも乾燥に負けない!しっとりまとまる髪になるセルフケアと必須アイテム5選

冬場は肌や髪の毛が乾燥してカサカサ。そんな経験を毎年のようにしている方に向けて、乾燥ケアの方法をご紹介します。毎日少し気にするだけの簡単ケアで、艶髪を手に入れましょう。


writer IROHA | 2021年1月6日更新

乾燥するのはなぜ?

肌や髪の毛は外気の湿度をある程度吸収する性質があります。梅雨など湿気の多い季節は水分を多く含みベタッとしたり、癖毛の人は逆に広がったりします。外気が乾燥する冬場は吸収する水分量が少ないので、髪の毛や肌はカサカサの状態になりやすいのです。

このスタイル画像をもっと見る

乾燥するとどういう影響が出るの?

乾燥することで髪の毛の水分量が減り、見た目のパサつき感が出てきます。そして乾燥することで摩擦が起きやすくなり静電気を発生させます。その静電気がまた髪のダメージにつながってくるので、切れ毛や枝毛の原因になります。

このスタイル画像をもっと見る

パサついた髪のケア方法

パサついた髪の毛は基本水分と油分が足りていません。そういった髪の毛には外から水分と油分を補給してあげましょう。水分補給にはトリートメントをしっかり施し、水分を髪の毛内部に閉じ込めてあげます。その後アウトバストリートメントで油分を補いながら水分の蒸発を防ぐのがおすすめです。

このスタイル画像をもっと見る

パサつき防止ヘアケアアイテム①

パサつきを抑えるためにまずはシャンプーを見直してみましょう。洗浄力の強いシャンプーはさっぱりしますがパサつきの原因になります。そこでオススメしたいのが【ラ・カスタシリーズ】。髪質によって選ぶことができ、洗浄力の優しいアミノ酸系シャンプーになっています。自然派由来成分が使われていて肌にも優しいところがおすすめです。

パサつき防止ヘアケアアイテム②

続いては毎日使っていただきたいデイリートリートメント。こちらも【ラ・カスタシリーズ】がオススメです。表面のコーティング力が強く、艶感を出すことができパサつきを抑えます。こちらも髪質によって使い分けが可能です。

パサつき防止ヘアケアアイテム③

ダメージがひどくなってしまった髪に対しては集中ケアトリートメントをする必要があります。オススメは【コンポジオEQ】。3種類の質感から選べるトリートメントで、その中でも一番使って欲しいのが保湿力の高い【G】。パサついて艶のない髪もしっとりまとまります。

パサつき防止ヘアケアアイテム④

髪を乾かす際に使用するドライヤー。このドライヤーにもこだわってあげることでダメージ具合が大きく変わってきます。オススメは【レプロナイザー】です。髪に優しい温度設定でオーバードライになりづらく、静電気の発生も抑えパサつきを防止。使うほど艶が出てくるドライヤーです。

パサつき防止ヘアケアアイテム⑤

最後にオススメするのが【プロダクトワックス】です。油分の多いバーム状のアウトバストリートメント兼スタイリング材。油分が多く艶が出やすいけどベタつかずさらっと付けれるのが特徴で、オーガニック製品なので肌に優しい。自然なスタイリングが好きな方におすすめです。

IROHA

written by IROHA

writer/editor トレンドヘアの見たい、知りたいをご紹介♡