HOT TOPICS
注目記事

【個性を武器に♡刈り上げ女子】レングス別や男ウケスタイル、伸びかけのお手入れ方法も!

最近見かける女子の刈り上げスタイル。子供っぽい、メンズっぽい、ハードな印象…など人によって刈り上げ女子に対するイメージはさまざまだと思います。いろいろなスタイルが楽しめる女子の刈り上げスタイルのポイントは「誰よりもおしゃれでぱっと目を引くスタイル」になれるということ。刈り上げにするのは勇気がいる…とこれまで挑戦できなかった方でも刈り上げにしたいと思う《女子の可愛い刈り上げヘア》についてご紹介します。

writer IROHA | 2021年6月25日更新

INDEX
目次

1. 【刈り上げ女子の基本スタイル】

刈り上げの基本スタイルは、サイドの内側のみを刈り上げるツーブロックスタイル、もしくは襟足を刈り上げてスッキリさせたスタイルの主に2パターンです。

 

刈り上げは、場所や範囲、刈り上げの長さによってスタイルの雰囲気を大きく変えられます。デザインのアクセントとして刈り上げを取り入れると、それだけでもいつもとは少し違うスタイルに早変わり。

 

刈り上げスタイルのメリットやデザインのかわいらしさを知って、ぜひ自分に合った刈り上げスタイルにチャレンジしてみましょう。

このスタイル画像をもっと見る

刈り上げが似合う女になるために基本をおさえよう!

刈り上げをする際に気をつけたいのが、【刈り上げの長さ】と【刈り上げの角度】。刈り上げの長さを短く刈り込みすぎると、どうしてもメンズっぽい仕上がりになります。そのため、やや長めの6ミリ〜9ミリの間くらいで刈り上げると女子にも似合う甘めな刈り上げになります。

 

そしてグラデーション状に刈り上げるとで丸みが出るので、女子でも刈り上げをうまく似合わせることができます。どこか丸さを感じるシルエットやテクスチャーを取り入れることで、女子っぽさを残した刈り上げスタイルが演出できます。

このスタイル画像をもっと見る

2. 【刈り上げ女子は男ウケする?】

襟足を刈り上げると全体のシルエットがスッキリとするため、清潔感が生まれます。男性の好きなヘアスタイルのレングスは、意外と短めもランキング上位に入っています。毎年好きなレングスランキングでロングは安定の1位ですが、2位はショートなのです。

 

男性は清潔感のあるかわいらしい印象の女性を好む傾向があります。そんなかわいらしいスタイルにするためには、表面の毛を長めに残す、マッシュラインで丸みを出すなど全体のシルエットで女性らしさをアピールすると、男子ウケするかわいいスタイルになり、メンズからの支持率も上がります。

 

髪質が直毛で短くすると立ち上がり丸さが出にくい方は、毛先にパーマをかけることで柔らかさや丸みを出すのがおすすめです。

 

このスタイル画像をもっと見る

3. 【レングス別×刈り上げ女子】

刈り上げと言っても、必ずしもショートしかできないというわけではありません。女子の刈り上げスタイルでは、デザインの要素として刈り上げを取り入れることでどんなレングスのスタイルにも応用ができます。

 

男ウケのためにショートにするのはちょっと勇気がいる…。そんな時は、まず自分の好みのレングスで刈り上げを取り入れてみて。レングス別の女子の刈り上げスタイルをご覧ください。

 

このスタイル画像をもっと見る

ベリーショート(オン眉)

まずは王道のベリーショート刈り上げスタイル。刈り上げ女子のベリーショートは、メンズライクになりすぎないように甘めの要素も取り入れましょう。

 

ショートバングで眉をスッキリと出し、オン眉特有のあどけなさをプラス。ショートバングも真っ直ぐ下ろすデザインや、カットラインを斜めにして流せるようなデザインなどさまざまなアレンジができます。

 

直毛の方は毛先にやわらかさをプラスしてあげるのがおすすめ。刈り上げの長さも長めに残し甘めにしましょう。長めの刈り上げは伸びてからも表面の髪と馴染みやすいメリットがあります。

このスタイル画像をもっと見る

ショート(マッシュ、前下がり)

前下がりなマッシュスタイルは、マッシュの丸いラインに前下がりのクールさを少しプラスできるので甘くなりすぎないスタイルが好きな方にピッタリです。このスタイルには、内側に刈り上げを入れることで耳にかけた時に変化がつけられる、ボリュームを抑えるなどの効果が出せます。

 

表面の髪の毛が長いマッシュスタイルはカラーリングをきれいに見せることができるので、彩度の高いカラーと組み合わせるのがおすすめ。カラーの色味と艶感でモード感を演出しましょう。

 

このスタイル画像をもっと見る

ボブ(切りっぱなし、ワンレン)

ワンレンボブスタイルはおとなしい、落ち着いたイメージの代表。そんな定番のワンレングススタイルも刈り上げを入れるだけでいつものイメージを一新してくれます。このスタイルに刈り上げを入れるのであれば、サイドのみ、内側のみ、大胆にサイドから襟足にかけて内側全て刈り込むなど、刈り上げの分量を調整するのがおすすめ。

 

内側に刈り上げを入れると切りっぱなしのワンレングスの毛先も少し内側に入りやすくなりやや丸みが出ます。下ろしたときのシルエット、結んだ時に刈り上げをどのくらい見せたいかなど、美容師さんと相談してしっかり決めていきましょう。

 

このスタイル画像をもっと見る

ミディアム

女子のミディアムレングスの刈り上げは、サイドの内側を少し刈り上げるだけでも長さの差が大きいのでアクセントになります。全体はフワッとパーマで動きとボリューム感を出し、耳にかけてスタイリング。ウエーブの曲線と刈り上げの直線がスタイルにメリハリをつけます。

 

刈り上げの存在感も強調されて一気に個性的でおしゃれなスタイルに。

このスタイル画像をもっと見る

 

ロング

ロングの場合もサイドの内側、もしくは浅めに内側全体に刈り上げを入れると、アップスタイルの際に一気に個性派スタイルに変身。

 

おすすめは、トップの高い位置でポニーテールを作りラフに仕上げる。ラフなヘアアレンジと内側の刈り上げの対比で締まったスタイルになるので、ぜひ参考にしてください。

 

このスタイル画像をもっと見る

 

4. 【サイド×刈り上げ女子】

刈り上げスタイルに挑戦するとき、最初はサイドに刈り上げを入れるのがいちばん取り入れやすくおすすめです。範囲が少なめでも耳にかけた時のインパクトは絶大。サイド刈り上げの定番スタイルをご紹介します。

 

このスタイル画像をもっと見る

ツーブロック

女子の刈り上げツーブロックは、サイドを刈り上げ、上から髪の毛をかぶせたスタイル。ボリュームダウンの効果と、透け感、耳にかけた時にイメージチェンジができるといったメリットがたくさんあります。

 

内側の刈り上げはやや長めに残して、上からかぶせる毛が浮かないようにしましょう。片側だけ刈り上げて、アシンメトリースタイルにするとさらにインパクトが演出できます。

 

このスタイル画像をもっと見る

5. 【ヘアカラー・パーマ×刈り上げ女子】

刈り上げにパーマやカラーを組み合わせることで、ヘアスタイルのデザインの幅はさらに広がります。個性的なデザインを求める刈り上げ女子は、カラーやパーマも含めたスタイルを考えていきましょう。カットだけでは作れない雰囲気のスタイルをご覧ください。

 

このスタイル画像をもっと見る

カラー数種

女子の刈り上げスタイルに似合うカラーの種類はかなり豊富。トーンと彩度の組み合わせでカラーの種類は無限に作ることができます。明るめのトーンであれば髪の毛に透け感が生まれるので、内側の刈り上げが下ろしている状態でも薄く感じることができたり、メリハリを強く出せたりします。

 

逆にトーンを下げ彩度を高くすることで、刈り上げとの明度差を出し対比効果を狙うこともできます。

 

通常のカラー剤であればダメージを抑えつつ、様々な明るさや色味を選ぶことができます。ヘアマニキュアであれば高彩度の色味を髪の毛に乗せることができます。髪の毛の状態や、目的の仕上がりに合わせカラー剤も選択するようにしましょう。

 

このスタイル画像をもっと見る

ハイライト

ベースよりも2~4トーンほど明るめのカラーを部分的に入れていく《ハイライト》という技術。スタイルに立体感を出し、髪の毛の動きを強調したり、骨格補正ができたりとメリットがたくさんある技術です。

 

最近のトレンドでもあるフェイスフレーミングもハイライトの一つです。顔周りにハイライトを入れ、前から見た時のインパクトとデザイン性を演出し、サイドや襟足は刈り上げて360度作り込むことで隙のない完璧なスタイルに。

 

顔周りのハイライトを目立たせるために、かき上げるようにスタイリングするのがおすすめです。

このスタイル画像をもっと見る

インナーカラー

《インナーカラー》は内側にトーンの明るい色、もしくは彩度の高い色を入れてアクセントにする技術です。イヤリングカラーのような耳にかけた時に出てくるようなインナーカラーも、刈り上げと組み合わせるとかわいくまとまります。

 

下ろした状態と耳にかけた状態で印象を変えることができるので、スタイリングによって毎日気分が変わり楽しいデザイン♡

 

このスタイル画像をもっと見る

無造作パーマ・ボリュームパーマ

無造作パーマをかけると毛先がばらけ、ハイトーンカラー同様透け感が出るので刈り上げがちらりと覗くおしゃれスタイルになります。刈り上げによってボリュームダウンしているので、髪の量が多く普段ボリュームが出やすく、動きの大きなボリューミーなパーマをかけるのに抵抗があった方もチャレンジしやすくなります。

 

細かめなパーマだとハードになりがちなので、大きめなウエーブでかわいらしく仕上げましょう。スタイリングは無造作感を出すためにドライワックスを軽くもみ込み作り込みすぎないように仕上げるのがおすすめです。

 

このスタイル画像をもっと見る

6. 【伸びかけのお手入れ方法】

刈り上げが伸びてくると短い毛が立ち上がり、気になり始めます。また短い毛が表面の毛を持ち上げ、スタイルに締まりが無くなってきてしまいますので、定期的に刈り上げることをおすすめします。

 

目安は【1か月に1度】くらいサロンでカットをしてもらいましょう。サイドのみの刈り上げの場合は、自宅で短い部分のみセルフで刈りなおすことも可能です。その際は刈り上げの長さが調節できるようなアタッチメント付きのバリカンを使うのがおすすめ。

 

アタッチメントを付けることで、刈りすぎる心配がなくなるので安全です。ただし、あくまでもセルフカットは応急処置。きれいな刈り上げ、まとまりのある女子スタイルを維持するにはサロンでのこまめなカットが欠かせません。

 

このスタイル画像をもっと見る

7. 芸能人×刈り上げ女子】

芸能人でも刈り上げを取り入れている方がいらっしゃいます。例えば、木村カエラさん、倖田來未さん、夏木マリさんなどが刈り上げを良く取り入れている方たちです。どの方も個性的で、かっこいい印象の方たちですね。

 

芸能人の方たちは、自分がどんなイメージになりたいか、テレビを観ている人にこんなイメージを持ってほしいという希望がはっきりしています。この芸能人のヘアスタイルを真似したい!と思った時は、もしかしたらそのスタイルが自分が潜在的に求めているスタイルかもしれません。

 

芸能人の髪形を参考にサロンでオーダーするのも、希望のスタイルを手に入れる方法の一つです。

このスタイル画像をもっと見る

IROHA

written by IROHA

writer/editor トレンドヘアの見たい、知りたいをご紹介♡

SHARE
シェアする
KEY WORDS
人気のキーワード
CATEGORIES
カテゴリー
RANKING
ランキング
FOLLOW US