HOT TOPICS
注目記事

ダークブランは万能色!色落ち対策やおすすめ市販カラーもご紹介

初めてカラーをする方や、色味や明るさをそんなに派手にしたくない方。そういう方達はダークブラウンを選択肢に入れて考えることが多いのではないでしょうか?自然な色味が人気のダークブラウンの魅力についてご紹介いたします。

writer BS director | 2021年7月1日更新

INDEX
目次

【黒髪から可愛いダークブラウンになる】

黒髪だとどうしても重く見えてしまう。そんな時は少し変化を与えましょう。ダークブラウンであれば、トーンを抑えるなどの工夫をして大きく変化させずにカラーを楽しむことができます。そんなダークブラウンについてご紹介します。

 

このスタイル画像をもっと見る

学校やオフィスでもバレにくい

カラーをする際に、学校での校則だったり、職場からの周りの目というのを考えると思います。大きく変化させて指摘を受けてしまうとせっかくカラーをしたのに染め直さなければならなかったり、嫌な気持ちになってしまいます。そういう状況にならないようにカラーは選びたいですね。そんな時にダークブラウンはおすすめです。暗めのトーンで、なおかつブラウンという日本人にも馴染みやすい色味なら、自分の中で変化を楽しみながら周りからはカラーをしたことがバレにくいというメリットがあります。

 

このスタイル画像をもっと見る

【レングス別:ダークブラウン】

ヘアスタイルはレングスによって与える印象が変わってきます。ダークブラウンという万人に馴染むカラーは周りの人と差別化を図りづらいという点もあります。そんな時はレングスを考えることで自分の好みに合わせて個性を出しましょう。レングスによって骨格補正のしやすさや、アレンジの幅が異なります。レングス別にスタイルをまとめました。自分の好みに合うスタイルを探してみてください。

このスタイル画像をもっと見る

ショート

ショートレングスは、カジュアル、活発、幼いなどの印象を与えることができます。ダークブラウンと合わせると少し子供っぽい印象にもなりかねないレングスですが、毛先のシャープさを出したり、前下がりのラインなどを取り入れることで大人っぽさをプラスできるので、あまり幼くなり過ぎたくない方は子供っぽさを解消するデザインを取り入れてみるのもおすすめ。前下がりのラインは顔周りの髪の毛が長く残っているので、耳にかけてスタイリングして更にすっきり見せることもできます。

このスタイル画像をもっと見る

ボブ

丸いシルエット、表面の艶感、襟足のスッキリ感などを出すことができるボブスタイル。平行ライン、前上がりライン、前下がりラインなど角度を変えることで印象を変えることができるのもボブスタイルのメリットです。ダークブラウンの暗めのカラー特有の艶感をしっかりと見せてうる艶スタイルに。

このスタイル画像をもっと見る

ミディアム

毛先の遊びや、柔らかい表情、アレンジの幅を考えると一番扱いやすいミディアムレングス。ストレートスタイルで艶を出しても大人っぽく仕上がり、パーマをかけてカールスタイルにしてもかわいらしく仕上がります。ダークブラウンカラーの艶感を活かせば、ストレートスタイルはさらに艶やかに、カールスタイルもパサつかずに毛先まできれいに。

このスタイル画像をもっと見る

ロング

誰もが一度はあこがれるさらさらロングスタイル。ダメージレスなロングスタイルには艶感が欠かせません。日々の手入れはもちろん大事ですが、手入れの他にカラー選びも重要になってきます。ダークトーンでパサつきを抑え、寒色ベースで艶感をキープする。そんなときに候補に挙がるのがダークブラウンです。少量のバイオレットを入れてブラウンの深みを増すことで更にきれいに。

このスタイル画像をもっと見る

【トーン別:ダークブラウン】

ダークブラウンと一言で言っても、その明るさは細かく分けることができます。暗いもので4トーンほどのほぼブラックに見えるようなものや、8トーンほどの割と明るめに見えるが、ブラウンの色味によってパサつかず落ち着いて見えるトーンなど様々です。退色後の見え方も含めて、自分に合った明るさを選んでいきましょう。

このスタイル画像をもっと見る

暖色

暖色とは暖かみのある色味で夏から秋にかけて多くなる色味です。具体的な色味で言うと、オレンジやイエロー、レッドなどといったカラーです。ダークブラウンにこれらの色味を混ぜることで、暖かみのあるブラウン色になり肌色を健康的に見せてくれるなどの効果もあります。色白さんは暖色を取り入れてくすみをカバー。

 

このスタイル画像をもっと見る

寒色

寒色とはクールに見える落ち着いた色味。冬から春によく使われる色味です。具体的な色味としてはブルー、バイオレット、グリーンなど。ダークブラウンに混ぜて使うことで、落ち着きのあるダークブラウンを作ることができ、顔色を白く綺麗に見せられる効果があります。

 

このスタイル画像をもっと見る

【カラー別:ダークブラウン】

先程の暖色、寒色でもご紹介しましたが、ダークブラウンに色味を混ぜることで様々な見せ方をできるようになります。色味の混ぜ方、分量によってダークブラウンの色味の出し方は無限大。サロンでのオーダーの際に参考になるようなスタイルを集めました。ぜひご覧ください。

 

このスタイル画像をもっと見る

ココアブラウン

ココアブラウンと言われてどう言う色味を想像しますか?ダークブラウンの濃さを少し和らげた色味をココアブラウンと定義することが多いです。色味の濃度を薄くすることで透明感が増し、そこは更に薄くグレーを入れる事でくすみ感を与えられクリーミーな色味を表現できます。重々しいカラーになりたくない方におすすめです。

 

このスタイル画像をもっと見る

ピンクブラウン

ピンクブラウンは、ブラウンにピンクを足してガーリーな雰囲気にしたカラーです。ダークブラウンのナチュラルな雰囲気を少し変えたい方におすすめです。色味が少し入るだけでも気分が変わるので、季節やライフスタイルに合わせてセレクトしましょう。ピンクの濃さが濃ければ濃いほどナチュラルからは遠ざかりますが、個性を出すことができます。

 

このスタイル画像をもっと見る

アッシュブラウン

青みや、緑み、グレーなどの色味の事をアッシュと言います。それらの色味をブラウンに混ぜたものがアッシュブラウンです。アッシュブラウンはやわらかいくすみ感を足すことができるので、硬い髪質の方は少しやわらかい質感にすることができます。また赤みが出やすい場合でも、その赤みを打ち消すような色味の為嫌な赤みが出にくいのもうれしい。

 

このスタイル画像をもっと見る

オリーブブラウン

オリーブブラウンはアッシュの中でも緑みをブラウンに足したカラーです。緑は日本人特有の髪の毛の赤みを消す効果があるので、外人風の透明感をだすことができます。重くなりすぎない色みなので、春先などに多く取り入れられるカラーです。光を通す輝く髪に!

 

このスタイル画像をもっと見る

オレンジブラウン

オレンジブラウンは活発な印象を与えるオレンジを混ぜたブラウンです。オレンジの艶感が髪の毛をきれいに見せてくれるのと同時に、肌の血色を良く見せてくれます。艶を出したい、ブラウン単色だと暗く見えすぎるのが嫌な方におすすめ。

 

このスタイル画像をもっと見る

パープルブラウン

紫を入れることで艶感、クール感をプラスしたパープルブラウン。ストレートスタイルの光の反射を利用した、艶やかなスタイルを目指す方はパープルブラウンで大人のヘアスタイルを手に入れましょう。

 

このスタイル画像をもっと見る

【カラーアレンジ:ダークブラウン】

カラーリングのデザインにも様々なものがあります。そのデザインによって与える印象が変わってきます。ダークブラウンという落ち着いた色味だからこそ、デザインで個性を出し周りと差をつけましょう。デザイン別スタイルをご覧ください。

 

このスタイル画像をもっと見る

ハイライト

ダークブラウンは色味の濃さ的にどうしても暗めのトーンになりやすい。そんな時に、あまり暗くし過ぎずにブラウンのナチュラルな雰囲気を手に入れることができるデザインがハイライトです。ベースの明るさよりも少し明るめのハイライトを入れる事で全体のトーンを明るく見せることができます。ハイライトの入れ方を細めに入れる事でナチュラルさもキープできます。

このスタイル画像をもっと見る

インナーカラー

インナーカラーはヘアスタイルの内側だけに別の色味、明るさのカラーを入れるデザインです。内側に入れているので、表面から髪の毛が被って裾からアクセントカラーがチラッと見えるオシャレなデザイン。

このスタイル画像をもっと見る

グラデーション

根本から毛先に向かって徐々に明るくなっていくようなデザインがグラデーションカラーです。単色で明るさのみを変えていくパターンと、複数の色味を使って明るさ、色味両方を変えていくようなデザインもあります。

このスタイル画像をもっと見る

【おすすめの市販カラー剤:ダークブラウン】

ダークブラウンの色味はオールマイティーな色なので、市販のカラー剤にも様々なラインナップがあります。色味の特性上ムラになりにくいので、時間がないから市販のカラーでとりあえず染めたい時には一番に選びたい色味。市販のカラー剤の中ではクリームタイプのカラー剤がダメージが少なくておすすめです。塗り初めはクリームタイプのカラー剤を根本を避けて毛先中心に塗布し、少し時間を置いてから根本につけていくと綺麗に染まります。

このスタイル画像をもっと見る

【色落ち対策と楽しみ方】

カラーは必ず色落ちしていきます。カラーの色落ちを含めて楽しめるのが一番ですが、出来れば長持ちさせたいですよね。カラー後の色落ち対策と、退色の楽しみ方をご紹介いたします。

このスタイル画像をもっと見る

色落ち対策(アイテム)

色落ち対策のアイテムとしては、シャンプーが一番効果的です。色落ちの原因として一番大きいのがシャンプー。そのシャンプーを変える事で色落ちスピードを遅くすることができます。カラー用のシャンプーというものがありますので、そう言ったアイテムを使うことで汚れを優しく洗い落とし、カラーは髪の毛に留めてくれます。

このスタイル画像をもっと見る

楽しみ方

色落ちの楽しみ方としては、色の変化を大きくすることです。ダブルカラーで作ったカラーは、最初は暗く見えるけれど徐々に退色し明るくなっていきます。初めは暗く染めているので色味が長持ちしますし、退色後の明るめのカラーも楽しめます。

このスタイル画像をもっと見る

【ダークブランといえば〇〇(芸能人)】

ダークブラウンは大人っぽい、艶っぽい、清楚などの印象を与えます。そんなイメージの芸能人を聞かれた時に、パッと思い浮かぶ方はいますでしょうか?代表的な芸能人としては【綾瀬はるか】さんなどが挙げられます。綾瀬はるかさんのイメージとして、清楚で透明感があると言った様に感じる方が多いと思います。ダークブラウンの色味を探す時に綾瀬はるかさんの写真を参考にしてみるのもいいと思います。

このスタイル画像をもっと見る

BS director

written by BS director

美容師→美容学校講師を経てライターとして一般の方はもちろん、美容師、美容学生に向けて知識を発信しています。ヘアスタイル、ヘアケアの悩みを解決する、役立つ記事をお届けします。

SHARE
シェアする
KEY WORDS
人気のキーワード
CATEGORIES
カテゴリー
RANKING
ランキング
FOLLOW US