HOT TOPICS
注目記事

まだまだ現役ウルフヘア。パーマをかけてセクシーに♡ダークカラーやハイトーンカラーでのスタイリング方法も徹底解説

みなさんはウルフヘアについてご存知ですか?ヘアカタログを見ると最近は割とウルフヘアが載っていることも多くなってきました。ウルフヘアは襟足が長くレイヤーがしっかりと入った軽くて動きのあるスタイルです。今のトレンドは昔のような辛さを全面に出したものよりは、ポイントで重さを残したり、丸みを残したりといったアレンジがされていることが多い。そしてウルフヘアにパーマをかけてアレンジするのが今期流。ウルフヘアに興味がある方に向けて今期のトレンドも考えながら、かわいいウルフヘアスタイルをご紹介いたします。

writer BS director | 2022年3月31日更新

INDEX
目次

ウルフヘアの特徴

まずはベーシックなウルフヘアについてご説明していきます。基本のウルフスタイルはトップを短く、襟足を長くしたハイレイヤースタイルがベースとなっています。レイヤーが入ることによって、毛先に軽さが生まれます。軽い毛先の動きは浮遊感、透明感を出すことができるので、硬い髪質の方が軽く柔らかい印象を与えることができます。毛束のシャープさを作ることもできるので、ウルフヘアはワイルドな印象になりやすいですね。ハードワックスで毛先を動かすことで躍動感を作ることができるので、硬い髪質の方はやや硬めのワックスがおすすめ。艶感のあるグリースやジェルなどを使うと、しっとりと色っぽいスタイルを作ることができるので、スタイリング材によっても印象を変えることが可能。

軽さ

ウルフヘアの特徴である軽さ。軽さがあることでトップを立たせることもできるのでシルエットを縦長にしやすいスタイルです。カットのアレンジを加えると、トップをやや長めに残し、サイドの毛を長く残すと横の幅を増やすこともできます。毛先の軽さがある分動かしやすいため、顔の形が丸い方は縦長になるよう毛先を動かし、面長さんの場合は横方向に毛先を動かすことで顔の形をカバーして綺麗なシルエットを作れます。隠したいコンプレックスを隠すためのスタイルとしても使えます。

 

このスタイル画像をもっと見る

襟足の長さ

トップが短く襟足が長いウルフスタイルは、襟足がアクセントとなります。軽く長い襟足は動かした時にセクシーな動きになります。裾だけにカラーを入れて色味でインパクトを与えるのもオシャレですね。最近は襟足の長さはやや短くしたり、襟足の上に被せる毛を少し長く残したりしてシルエットに若干変化を持たせていることが多い。襟足の長さのバランスはとても繊細なので、美容師さんと相談してベストなバランスを探していきましょう。

 

毛先の動き

毛先の動かし方としては、ワイルドなウルフのイメージを活かすのであれば外巻きのカールをつけてスタイリングするのがおすすめです。外ハネにすることでクールに仕上げることができます。無造作感を出すのであれば、内巻きと外巻きの交互の動きをつけましょう。ランダムに動く毛先は少し野暮ったいような無造作感を演出してくれます。ランダムな毛先をドライワックスでラフに動かして!

 

今期のトレンドウルフパーマ

今期のトレンドはベーシックなウルフからパーマウルフに変化しつつあります。パーマにも色々な種類があり、かける種類やかけ方によって印象も変わっていきます。求めるデザインによって方法が変わってきますので、しっかり相談の上ウルフスタイルにパーマをかけていきましょう。

 

このスタイル画像をもっと見る

パーマのメリット

パーマのメリットはいくつかあります。普段動きがでづらい直毛の方であればスタイリングが楽になります。毎朝のアイロンをする必要が無くなるので、軽くウエットした髪の毛にムースやクリームをつけるだけ。髪の毛の動きが直線から曲線に変化することで、与える印象がガラッと変わるのでパーマはイメチェンしたいときにも有効な手段です。逆に髪の毛が細い方の場合は、ウエーブをつけることでボリューム感を出すことができます。欲しい部分に欲しい分だけボリュームをプラスすることができるので、スタイルにメリハリを与えることができます。根元をつぶすようにパーマをかけることでボリュームを抑えることも可能になるので、かけ方によって悩み解決にもつながります。

 

パーマのデメリット

パーマのデメリットとしては、一番はダメージ。薬剤を使っていく技術になるのでダメージは避けられない。事前に前処理トリートメントを行うことでダメージが抑えられるので、ハイダメージ毛の場合は美容師さんと相談してパーマをかけましょう。そしてもう薬剤を使うことでカラーの退色につながります。カラーをしてから1週間程はカラーの定着が甘く、その状態の髪の毛にパーマ剤をつけてしまうとカラーが流れ出ていってしまいます。カラーとパーマの間隔は開けるのがおすすめです。そして最後はスタイルチェンジのしにくさです。パーマスタイルに飽きてストレートスタイルにしたいと思った時に戻すのが少し大変。パーマの種類にもよりますが、カットをしてパーマ部分を落とすかストレートパーマで元に戻すという作業が必要になります。

 

パーマの種類

パーマの種類は時代とともにどんどん増えています。一般的なコールドパーマに加え、デジタルパーマ、エアウエーブ、クリープパーマなどなど。かけ方や薬剤・機器などの違いによって呼び方が変わります。今回は代表的なパーマの種類である、コールドパーマとデジタルパーマに絞ってご説明していきます。

 

このスタイル画像をもっと見る

コールドパーマ

コールドパーマは髪の毛にロッドを巻き、液状の薬剤をつけてパーマをかける一番一般的なパーマです。この方法でパーマをかけたことがある人も多いのではないでしょうか?このパーマのメリットはダメージが比較的少なく、薬剤の種類を変えることでダメージ毛にも広く対応できる点が挙げられます。コスメパーマと言われる化粧品分類の優しい薬剤(普通の薬剤は医薬部外品)でかけることができるので、ハイトーンカラーのダメージ毛にも対応ができます。ロッドの形状も豊富なので、求めるカールを作りやすいのもメリットです。このパーマのスタイリングの方法は一度髪の毛を濡らしウエーブを出した状態でスタイリングをしていきます。朝髪の毛を濡らす習慣のある人におすすめ。

 

デジタルパーマ

続いてはデジタルパーマ。デジタルパーマの特徴は熱によってウエーブを定着させるという点です。薬剤をつけて髪の毛を軟らかくして、その後熱が通るロッドを巻いて熱を当てていきます。デジタルパーマのメリットは何と言ってもウエーブの持ちがいい。一度かけた部分はウエーブが緩くなることはあっても完全に落ちてしまうことはほとんどありません。スタイリングも、乾かした状態で形になるのでとても楽です。レングスがミディアムからロングの方でしばらくはパーマヘアで行きたいという方にはデジタルパーマがおすすめです。

 

パーマデザインは様々

パーマのデザインも様々なものがあります。ロッドの形状や巻き方によって作れるデザインが変わります。それぞれのデザインの特徴をご紹介します。自分の求めるパーマデザインを探してみてください。

ボディパーマ

大き目なロッドでゆるくアンニュイなウエーブを作るボディパーマ。基本的に髪の毛の長さがあったほうが持ちがいいので、ロングレングスの方におすすめです。デジタルパーマで作ることで、緩めのボディパーマでもしっかりと長持ちしてくれます。作り込み過ぎたくない大人女性の方にもおすすめ。

ウエーブパーマ

S字のカールを作って曲線のイメージをつける事で女性らしさを作ることができます。またウエーブが重なることでボリューム感を作ることができるので、細毛の方でボリュームを出したい場合はウエーブパーマがおすすめです。ウエーブの出し方も、ロッドの巻き方によって変わってくるので、逆にボリュームを出しすぎずタイトに仕上げたい方はかけ方をスパイラル気味に変えて対応しましょう。

 

ツイストパーマ

ツイストパーマは髪の毛をねじった状態でパーマをかけていきます。仕上がりがラフなイメージになるのでウルフのワイルドさと相性抜群。ショートレングスにかけるイメージが強いツイストパーマですが、ミディアムレングスやロングレングスにかけることももちろん可能です。髪の毛がねじれた状態でウエーブがかかるので、艶っぽく女性らしいイメージが苦手な方は是非試してください。若干艶感を損なうパーマなので、カラーのトーンは低めに設定するのがおすすめです。

 

ピンパーマ

ピンパーマはショートレングスの毛先に動きをつけるためのパーマです。ロッドを使わずにピンを使ってかけていきます。毛束ごとに動き方を変えて作れるので、全て同じ方向にかけてまとまりのあるスタイル、毛先の動きをランダムにつけてカジュアルなスタイルなどさまざまな印象を作ることができます。直毛で毛先の動きが出ない人はピンパーマで柔らかい質感を作りましょう。

ウルフパーマスタイル集

ウルフヘアの特徴と、さまざまなパーマの種類、デザインについて学んだところで、実際にウルフパーマのヘアスタイルを見ていきましょう。ストレートスタイルの雰囲気とはまた違ったパーマヘアの魅力をぜひ確認してみてください。

ハイトーンカラーショートウルフ

ショートヘアとハイトーンカラーを組み合わせた軽さ抜群の透明感スタイルです。サイドに丸さを残しフラットになりすぎないウルフヘアは、女性らしさを残したかわいらしい印象になります。ハイトーンで毛先の動きを強調することでテクスチャーが軽くなるので多毛さんにおすすめ。

 

大人ウルフショート

襟足をウルフヘアのベーシックに比べ短くし、艶感が出るようなストレートタッチに毛先のワンカールで仕上げる。一見普通のショートヘアに見えるがトップのレイヤーに襟足のくびれ感が新しいネオウルフショート。カラーのトーンも暗めにして大人っぽく。

 

外ハネウルフ

バングを長めに残しパーマをプラスしたウルフスタイル。襟足とバングを外ハネにパーマをかけ横の動きを強調。前から見た時に覗く襟足がウルフ感を感じるスタイル。スタイリングはウエット気味に仕上げ毛束感を出すのがおすすめ。

 

ハイライトウルフ

ハイライトを入れてデザイン性を高めたウルフスタイル。毛先のカールと相まっておしゃれ感アップ。ふんだんに入ったレイヤーが毛先の軽さを生み出し、色味を見せながら動きの多いスタイルを作れます。

 

♡ウルフヘアの関連記事はこちら♡

ウルフカット似合せ調査!【レングス別・顔型別】参考にしたい芸能人も

 

BS director

written by BS director

美容師→美容学校講師を経てライターとして一般の方はもちろん、美容師、美容学生に向けて知識を発信しています。ヘアスタイル、ヘアケアの悩みを解決する、役立つ記事をお届けします。

SHARE
シェアする
KEY WORDS
人気のキーワード
CATEGORIES
カテゴリー
RANKING
ランキング
FOLLOW US