HOT TOPICS
注目記事

これから流行るグレージュは?明るめ・暗め、ブリーチあり・なしでご紹介♡

透明感とツヤを叶えつつ、くすんだ色味でお洒落なグレージュ。グレーとベージュの色を合わせたグレージュは、髪の赤みを抑えてくれて、色落ちまで楽しめる人気色。しかも、ブリーチありでもブリーチなしでも理想の髪色になれるのもグレージュならではの魅力。今回は、グレージュの中でも今人気のグレージュカラーをピックアップして、明るめ、暗めのトーン別でご紹介。さらに、ハイライトのグレージュも。いろんな色のバラエティがあるグレージュだから、この記事であなたのお気に入りグレージュを見つけてみて♡

writer IROHA | 2022年10月16日更新

INDEX
目次

グレージュってどんな色?

\ 「グレー」と「ベージュ」の色を合わせたカラー /

グレージュは、「グレー」と「ベージュ」の色を合わせたカラー。グレーの色が持つくすみとベージュの色が持つ透明感が、暗めでも透け感とツヤのある髪へと導きます。

グレージュの魅力は、日本人に出やすい髪の赤みを抑えてくれること。それから、色落ちまできれいと可愛いが続くこと。カラーをすると、色落ちするときに赤色や黄色、オレンジ色が出てしまうという方も、グレージュなら長くカラーを楽しめます。

また、本物の外国人風のヘアスタイルを叶えてくれるのもグレージュの魅力。色素が薄めで透明感のある髪色でなりたいスタイルを再現できます。

このスタイル画像をもっと見る

グレージュにするなら、ブリーチあり?ブリーチなしでも大丈夫?

\ ブリーチありでも、ブリーチなしでもきれいな髪色に! /

グレージュは、ブリーチありでもブリーチなしでもきれいな色が出せるカラー。落ち着いた雰囲気にしたいときやダメージが気になるときは、ブリーチなしで抜け感を演出できます。

グレージュの持つ色味をしっかり出したいときや、本物の外国人風の髪色にしたいときは、ブリーチをしてからカラーすることでより理想の髪色へ。

ベースの髪色によってもブリーチありがいいか、ブリーチなしがいいかは変わるので、スタイリストに相談を。ベースが暗めでも、ダブルカラーにすればブリーチなしで理想のグレージュを再現できます。

このスタイル画像をもっと見る

【明るめグレージュ】と【暗めグレージュ】あなたはどっち?

明るめグレージュ

ナチュラルなのに透け感がある外国人風の髪色にしたいなら、明るめグレージュがおすすめです。ハイトーンの色ほど明るすぎず落ち着いた色味で透け感を出したいときも、グレージュならほしい質感を叶えられます。

このスタイル画像をもっと見る

暗めグレージュ

髪色を明るくしたくはないけれど暗髪でも透明感がほしいなら、暗めグレージュがベスト。黒髪だと重すぎるけれど、茶髪にはしたくない。そんなときも、グレージュならナチュラルな透明感とツヤを演出し、おしゃれな雰囲気に仕上げてくれます。

このスタイル画像をもっと見る

【明るめグレージュ】ブリーチなし・モカグレージュ|明るさ10トーン

\ 明るめグレージュなら、品の良さもやわらかさも両立! /

大胆なくびれが描く曲線で女っぽさが際立つくびれスタイルに、明るさ10トーンのモカグレージュでやわらかさをひとさじ。赤みを目立ちにくくしてくれるグレージュのおかげで、明るめの髪色でもやわらかな印象に。ブリーチなしでも、ダブルカラーでなりたいグレージュの色を表現できます。

このスタイル画像をもっと見る

【明るめグレージュ】ブリーチあり・アイスグレージュ|明るさ8トーン

\ 赤みのない透明感が魅力のアイスグレージュ /

ブリーチありのアイスグレージュは、暗い髪色でも透き通るような透明感。染めたては可愛いけれど、時間が経つと色が抜けて赤っぽくなってしまう……という悩みには、暗めグレージュがおすすめです。どうしても赤みが出てしまいやすい日本人の髪でも、アッシュをしっかり濃く入れて、くすみカラーを実現します。シックな色合いなのに高い透明感を叶えてくれるアイスグレージュは、赤みや黄色みを抑えながら色落ちまで長く楽しめます。

このスタイル画像をもっと見る

【明るめグレージュ】ブリーチあり・ミルクティーグレージュ|明るさ12トーン

\ 可愛いけれど、どこか大人っぽいミルクティーグレージュ /

ミルクティーグレージュは、ミルクティカラーのまろやかな色とグレージュのくすんだ色が好相性。ラテカラーとも呼ばれるスウィートな印象のミルクティーカラーでも、グレージュの色が混ざることで大人女子でも楽しめる甘すぎないスタイルに。ロングヘアだけでなく、ショート、ボブ、ミディアムとどんなレングスにも似合わせ抜群。イメージチェンジしたいときにもおすすめです。

このスタイル画像をもっと見る

【明るめグレージュ】ブリーチあり・ラベンダーグレージュ|明るさ8トーン

\ 薄めのラベンダーとグレーで光に透ける絶妙な透明感 /

薄いラベンダー色のグレージュで優しげな雰囲気のくびれミディアム。深い色合いなのに透けるような透明感を出したいときは、ブリーチを入れることで理想の髪色を叶えられます。

このスタイル画像をもっと見る

【明るめグレージュ】ブリーチあり・ラベンダーグレージュ|明る12トーン

\ ブリーチ2回で叶う、くすみラベンダーグレージュ /

ラベンダーグレージュのラベンダーを魅せるなら、ケアブリーチを2回で理想の髪色に。明るいカラーでも、グレージュを入れることで落ち着き感が演出でき、派手色すぎずにおしゃれを楽しめます。

このスタイル画像をもっと見る

【暗めグレージュ】ブリーチなし・グレージュ|明るさ6トーン

\ ナチュラルな黒髪に輝く光を宿す暗めグレージュ /

室内では黒髪に見えるけれど、外に出て光に当たると絶妙な透明感のグレージュ。地毛から初めてのカラーなら、グレージュで透明感のある髪へ。黒髪っぽくても透けるような質感でナチュラルにこなれた雰囲気を演出します。

このスタイル画像をもっと見る

【暗めグレージュ】ブリーチなし・グレージュ|明るさ7トーン

\ 暗めでも見惚れる透明感とツヤを放つグレージュ /

地毛のような暗髪のグレージュは、トーンを変えると違った雰囲気に。少し透け感がをほしいなら、トーンを上げれば理想のグレージュを楽しめます。ナチュラルさを残したいけれど、抜け感もほしいというときにぴったりのグレージュカラーです。

このスタイル画像をもっと見る

【暗めグレージュ】ブリーチなし・オリーブグレージュ|明るさ8トーン

\ 高感度のオリーブグレージュで大人っぽい色味を楽しむ /

寒色系のヘアカラー、オリーブグレージュ。オリーブグレージュは、上品なやわらかさを演出。スモーキーなグレーの色が髪の赤みをしっかり抑えてくれるので、暗めのグレージュでも光が透けるような透明感のある髪へと導きます。派手すぎないオリーブグレージュは、どんな洋服ともコーディネートしやすくて、おしゃれな大人の雰囲気に仕上がるところも魅力です。

このスタイル画像をもっと見る

【暗めグレージュ】ブリーチなし・オリーブグレージュ|明るさ9トーン

\ 透明感もくすみ感も楽しめるオリーブグレージュ /

トーンによっても見え方が変わるオリーブグレージュ。透明感の出るグレージュでとマットな色味のオリーブの効果で、ブリーチなしでもほどよいくすみ感が演出できて、おしゃれに見えると話題の髪色です。オリーブグレージュは色落ちしても赤みが出にくいので、ヘアカラーもスタイルもロングキープ。黒髪やブラウンの髪色に飽きた方にもおすすめのグレージュカラーです。

このスタイル画像をもっと見る

【暗めグレージュ】ブリーチなし・モカグレージュ|明るさ9トーン

\ グレージュ×シースルーバングの放つ透明感で魅了する /

明るさ9トーンのモカグレージュを重ねた人気のロングレイヤースタイル。透け感アップの長めシースルーバングにグレージュを乗せることで透明感が倍増します。

ベージュの色が持つ肌なじみの良さとモカとグレーの色が持つくすみ感で、やわらかな女らしさと自立した女性の印象が両立。髪色をグレージュにすれば落ち着きのある透明感が生まれ、男女モテ必至の爽やかスタイルも簡単に手に入ります。

このスタイル画像をもっと見る

【明るめグレージュ】ブリーチなし・ミルクティーグレージュ|明るさ10トーン

\ ブリーチなしのミルクティーグレージュでラテカラーにスパイスを /

ダメージが気になるけれど、明るいグレージュ色にしたいならダブルカラーにトライ。ブリーチなしでも髪にダメージを与えにくい薬剤を使うことで、きれいなツヤと透明感を実現します。ハイライトに抵抗がある方は、ぜひダブルカラーで理想の髪色を手に入れて。

このスタイル画像をもっと見る

グレージュにハイライトでおしゃれ上級者に♡

なんだかいつものグレージュヘアに飽きてきた、というときは全体の髪色を変えるのもいいけれど、ハイライトでイメージチェンジしてみては? グレージュカラーにハイライトを入れると、色のコントラストが生まれ洒落感は最高潮に。流行りのイヤリングカラーはもちろん、グレージュヘアにハイライトを細く入れたり、入れる量や幅を変えても新しいグレージュスタイルを楽しめます。ハイライトを入れる部分だけブリーチすればいいので、髪全体のダメージが気になる方でも少ないダメージでなりたいスタイルを再現できます。

このスタイル画像をもっと見る

【ハイライト】ホワイトグレージュ

\ 太めのイヤリングカラーでアクセなしでも洒落感アピール /

おろしてもアップにしても可愛いイヤリングカラー。ハイライトのホワイトグレージュで濃淡をつけると洗練されたスタイルに。ブリーチが2回ほど必要でも、髪全体ではなく内側の一部だけに色を抜いて入れるので髪全体へのダメージは軽減できます。その後も好きなカラーにできるところもうれしいポイントです。

このスタイル画像をもっと見る

【ハイライト】ミルクティーグレージュ

\ ハイライト×ミルクティーグレージュで立体感あるスタイルに /

赤みが強く出てしまった髪にブリーチを重ねてミルクティグレージュに。ハイライトを入れることで奥行きと立体感が生まれ、カラーの色も引き立ちます。ほかの色と相性がいいグレージュだから、いろんな色を組み合わせても可愛くほかとかぶらないスタイルが実現できます。

このスタイル画像をもっと

透明感あふれるグレージュでおしゃれを楽しもう♡

IROHA

written by IROHA

writer/editor トレンドヘアの見たい、知りたいをご紹介♡

SHARE
シェアする
KEY WORDS
人気のキーワード
CATEGORIES
カテゴリー
RANKING
ランキング
FOLLOW US