HOT TOPICS
注目記事

傷んだ髪の毛とはもうサヨナラ。髪の毛を労わりたいあなたにおすすめなヘアケアアイテム

髪の毛の傷みが気になるあなた!髪の毛のダメージを軽減するアイテムはトリートメントだけではありません。現在、ヘアケアアイテムはサロン専売品、市販品に限らず様々なものが販売されています。今回は、髪の毛の傷みに悩むあなたにおすすめのヘアケアアイテムをご紹介します!

writer BS director | 2022年12月12日更新

INDEX
目次

ヘアケアアイテムの種類

ヘアケアアイテムと言われて何を想像するでしょうか?

「ヘアケアって言ったらトリートメントでしょ?」と、多くの方は答えるかもしれません。

しかし、今の時代トリートメント以外のアイテムも、髪の毛の傷みを補修するものとして活躍しています。

例えばあなたが毎日トリートメントと一緒に使っているシャンプーも、「洗う」だけに特化したものではなく毛髪保護・補修効果をプラスした商品が多く出回っています。そういったアイテムを毎日使い続けることで、髪の毛は常に艶やかな状態になり、見た目だけでなくヘアスタイルの持ちもグっとよくなります。

毎日使えるヘアケアアイテムには以下のようなものがあります。

・シャンプー

・スキャルプトリートメント

・トリートメント

・アウトバストリートメント

・ドライヤー

・ヘアアイロン

中には「これでヘアケアができるの?」と思った方もいるのではないでしょうか?

これらのアイテムを駆使することであなたの髪の毛はきっと生まれ変わります。

次から、それぞれおすすめのヘアケアアイテムについて一つずつ解説していきます。

このスタイル画像をもっと見る

シャンプーの役割とおすすめアイテム

シャンプーの目的は第1に「洗う」ですが、その他に「頭皮環境を整える」や「その後トリートメント効果を高める」など、髪の毛への作用に重要な役割を果たしています。

頭皮が乾燥していたり、皮脂でべとべとになっていると美しい髪の毛を作ることはできません。そういった頭皮を正常な状態に整えるのもシャンプーの役割です。また、シャンプーで汚れを落とし髪の毛がマイナスの電子を帯びることで、その後のトリートメント(プラスの電子)の吸着が良くなります。

単純に髪の毛を洗うだけのシャンプーを選んでしまうと、髪の毛や頭皮の乾燥を引き起こす原因となるので、ヘアケア成分を含んだアイテムを選ぶようにしましょう。

このスタイル画像をもっと見る

ディアボーテ オイルインシャンプー(リッチ&リペア)

市販で手に入りやすいシャンプーの中でおすすめなのが【ディアボーテ オイルインシャンプー(リッチ&リペア)】です。

リーズナブルなのに使用感はサロンで使うシャンプーに近く、満足度が高いアイテム。 シャンプーをしただけでも、きしまず、ナチュラルに仕上がります。

オイルの効果でしっとり感やつや感も出せるので、ダメージによるうねり毛や、くせ毛、まとまり辛い髪にお悩みの方におすすめです。

ラ・カスタ プロフェッショナル ヘアエステソープSH

サロン専売品シャンプーのラ・カスタプロフェッショナル。オーガニック成分に香り高い精油をブレンドしたアイテムで心安らぐバスタイムでリラックス。

ラ・カスタプロフェッショナルの中でも【ヘアエステソープSH】は、ダメージを通り越した髪の毛に対して積極的にアプローチしてくれます。シャンプーの泡に栄養成分が含まれているので、洗い終わったあとに泡うを髪の毛にまとわせて放置してしっかりと補修していきましょう。

スキャルプトリートメントの役割とおすすめアイテム

シャンプーで整った頭皮に、栄養成分を与え次に生えてくる髪の毛を健康にしていきます。

スキャルプトリートメントはフケや痒みを抑えるものもあるので、頭皮にトラブルがあるかたは使ってみるのもいいでしょう。

加齢により硬くなった頭皮にも、柔軟性を持たせることができるので、ハリコシを出す、抜け毛予防などの目的で使うのもおすすめ。

このスタイル画像をもっと見る

ビオーブ スキャルプリラックストリートメント

絡まる髪の毛を地肌から改善!

フケ・かゆみ・ニオイの発生を防ぎ、肌荒れを抑制するアイテム。

シリコンフリーなのでシリコンに抵抗感のある方にもおすすめです。頭皮にうるおいを与えながらふんわりとサラサラな髪に仕上げます。

トリートメントの役割とおすすめアイテム

ヘアケアと言ったらトリートメントですね。

髪の毛は傷んでいくと、スポンジのように中がスカスカの穴だらけの状態になってしまいます。トリートメントは髪の毛の傷んだ部分に疑似タンパク質をプラスし、素髪のように艶やかな仕上がりに導いてくれる。

髪質によって使い分けられるようなアイテムが多いので、自分の髪質を考えて選びましょう。

このスタイル画像をもっと見る

ジョンマスターオーガニック R&Aヘアマスク

ダメージヘアを集中ケアしてなめらかに仕上げるトリートメント。アプリコットオイルなどの補修成分が、枝毛や切れ毛などのトラブルを防いでくれます。

浸透性の高い補修成分が髪のダメージ部分に吸着して補修し、しっとりなめらかに仕上げる。

海外製オーガニックブランドで、とにかく香りが素晴らしい。高貴でフレッシュなローズの香りに癒されて。

ケラスターゼ オレオリラックス

大人気ブランドのケラスターゼの【オレオリラックス】は保湿成分をしっかり含んだトリートメント。

髪の毛のダメージによる乾燥や、水分バランスが崩れやすいくせ毛の方にピッタリなアイテムです。

海外セレブ達も愛用する、確かに効果のあるアイテム。ケラスターゼを初めて使う方はまずこのアイテムから試してみて!

アウトバストリートメントの役割とおすすめアイテム

アウトバストリートメントは、髪の毛を乾かす前やお出かけ前に手軽にさっとつけられるのが魅力。

ドライヤーの熱や外出時の紫外線から髪の毛を守ってくれます。髪の毛に膜を張ることで、埃やたばこのにおいなどをつきにくくする効果もあります。

このスタイル画像をもっと見る

ミルボン ディーセスエルジューダ

油分が強くべとつきやすいアウトバストリートメントが多い中、ミルボンの【ディーセスエルジューダ】はさらっとした付け心地で細毛の方でも使いやすいテクスチャーになっています。

ラインナップも豊富で、髪質や仕上がりのイメージによって使い分けることができます。

ジェミールフラン

熱による形状記憶効果が備わったアウトバストリートメント。

髪の毛を乾かす前に全体に馴染ませて、その後ブローやヘアアイロンを使ったスタイリングをすることで、形を崩しことなくキープできます。

寝る前にジェミールフランをつけてからブローをすると寝癖がつきづらくなるという効果も。

驚きの体験をぜひ味わってみてください。

ドライヤーの役割とおすすめアイテム

ドライヤーは今や髪の毛を乾かすだけの道具ではありません。

髪の毛を過度に温めすぎないようセンサーが搭載されていたり、風ではなく光で乾かすようなものまで出てきています。

ドライヤーから発する遠赤外線の効果で、髪の毛の細胞を活性化させ、乾かすほどに髪の毛をいい状態にしてくれます。

このスタイル画像をもっと見る

Zuvi Halo 光ヘアケアドライヤー

光乾燥特許技術で、髪を低温に保ちながら表面の水分を素早く乾かし、髪内部には潤いをしっかりとキープし、冬場に悩まされる静電気の発生も抑制されます。

髪の毛を過度に温めることなく乾かす、新しい体験をぜひ試してみてください。

レプロナイザー 7D Plus 

バイオプログラミングを搭載したドライヤー。

濡れた髪の毛に使用して、髪の毛の細胞を活性化させながらしっとりと乾かしていくのはもちろん、乾いた後の髪の毛にも使えるのが特徴です。

・根元が立ち上がりにくい

・生えグセで髪の毛が割れやすい

・ハリやコシが欲しい

そう言った部分にはレプロナイザーの風を頭皮にしっかり当ててください。

髪の流れに沿って冷風と温風を繰り返し当てると美しい仕上がりになります。

ヘアアイロンの役割とおすすめアイテム

ヘアセットに欠かせないヘアアイロンですが、今までは熱によるダメージが気になるポイントでした。

その弱点を克服し、使えば使うほど髪の毛が蘇っていく夢のようなアイテムが現在話題を呼んでいます。

毎日のダメージの原因が、180度効果を変えてヘアケアアイテムになります。

このスタイル画像をもっと見る

ヘアビューロン 7D Plus カール

独自技術のバイオプログラミングを搭載したヘアアイロン。

重ねて使うごとに髪の毛の密度が増し、健康的な状態に。

通常140℃~180℃の高温で髪の毛を巻くと、髪が固くなってしまいますが、ヘアビューロン 7D Plusならしっとりと柔らかい巻き髪が楽しめます。

BS director

written by BS director

美容師→美容学校講師を経てライターとして一般の方はもちろん、美容師、美容学生に向けて知識を発信しています。ヘアスタイル、ヘアケアの悩みを解決する、役立つ記事をお届けします。

SHARE
シェアする
KEY WORDS
人気のキーワード
CATEGORIES
カテゴリー
RANKING
ランキング
FOLLOW US